人型ロボットPepperがrinna社のAI会話エンジン新版を採用

法人向けAIチャットボット開発プラットフォーム「Rinna Character Platform」新バージョンの採用で、運用効率と耐障害性を向上した新しいコミュニケーションを実現

rinna株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役:ジャン“クリフ”チェン、以下rinna)は、当社の法人向けAIチャットボット開発プラットフォーム製品「Rinna Character Platform」の新バージョンが、ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:冨澤文秀、以下ソフトバンクロボティクス)のヒューマノイドロボット「Pepper(ペッパー)」に採用されたことを発表します。
■背景
rinnaは、MicrosoftのAI&リサーチ部門でAIチャットボットの研究を行っていたチームがスピンアウトして2020年6月に設立したAI開発企業です。ディープラーニング技術を活用し、AIが文脈に応じた会話文を自動生成して人間と自然に会話する「共感チャットモデル」、AIが話し声や歌声で豊かに感情表現することを可能にする「音声合成システム」などの技術を発表してきました。これらの最新技術は、rinnaが運営するLINE上のAIチャットボット「りんな」、法人向けAIチャットボット開発プラットフォーム製品「Rinna Character Platform」に応用されています。

2014年に発表されたソフトバンクロボティクスのPepperは、家庭やビジネスシーンでの利用にとどまらず、ロボットプログラミング教材として教育機関での導入も始まるなど、活躍の場を広げています。「Rinna Character Platform」は、2019年から「Pepper」に採用されています。


■PepperのRinna Character Platform新バージョン採用について
このたびのPepperのRinna Character Platform新バージョンの採用は、rinnaが開発した最新のチャットモデルの効果により、Pepperの会話機能が向上し、Pepperが提供するサービスのお客様満足度が高まることが期待されます。また、Rinna Character Platformの新しいアーキテクチャによってシステムの導入が容易になるとともに運用効率と耐障害性が向上し、自由会話のAIチャットボットをより低コストで安定したサービスとして提供できるようになりました。

図右:Pepper © Softbank Robotics図右:Pepper © Softbank Robotics



■新しいRinna Character Platformについて
Rinna Character Platformは、会話内容や音声表現をカスタマイズしてキャラクター性を持たせたAIチャットボットを開発できる法人向けプラットフォーム製品です。2021年春にリリースした新バージョンは、新開発のチャットエンジン「Style Transfer Chat(STC)」を使用することにより、大規模会話データから構築した事前学習済みモデルに、作り上げたいキャラクターの性格や口調を反映した少量の会話データを追加学習させるだけで、キャラクター性を反映した自由会話を可能にしました。

また、新バージョンでは、外部サービスと柔軟に連携できることに加えて、WebHookフィルターを利用してユーザーが自由に機能を拡張可能になりました。カスタム機能はどのような言語でも開発可能です。カスタム機能とチャットボットのサーバーを分離し、チャットボットの各モジュールを小さくシンプルにすることで、耐障害性とセキュリティも向上しています。
 

【会社概要】
社名:rinna株式会社
所在地:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクウェア39F WeWork
設立年月日:2020年6月17日
代表取締役:ジャン“クリフ”チェン
Webサイト:https://corp.rinna.co.jp/
業務内容:AIサービスの研究・企画・開発・運営・販売
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. rinna株式会社 >
  3. 人型ロボットPepperがrinna社のAI会話エンジン新版を採用