捨てられたビニール傘から生まれる、「2ハンドルトートバッグ」がPLASTICITYより新発売

~全ての工程を国内職人の手により作られる、世界に一つの鞄~

株式会社モンドデザイン(本社:東京都港区、代表取締役:堀池 洋平)は、クリエイター齊藤明希により創設され、同氏と共同で製造・販売する、世界初※となる捨てられたビニール傘をそのままの状態で再利用するブランド「PLASTICITY(プラスティシティ)」より、手持ちと肩かけが出来る2WAY仕様の「2ハンドルトートバッグ」の販売を開始いたします。

 

カラー:グレージュカラー:グレージュ

公式ホームページ:https://plasticity.co.jp/

【製品説明】
本製品は、世界初※となる主要素材に日本の駅や商業施設等で捨てられたビニール傘の素材を使い、そのままの状態にて4層をプレスして作られた独自の素材を全面に使用しています。機能性を重視し2つの長さを持つハンドルを採用し、スタイルやシチュエーションに応じて、簡単にハンドルの切り替えが出来る2WAY仕様のトートバッグです。水を一切通さず汚れにも強い素材は梅雨時期にも気軽にお使いいただけます。さらに、内装のポケットや開口部を固定するマグネットベルトなども全てビニール傘素材で作成する事により、汚れても手軽に水で洗うことができるため清潔な状態を保てます。
品質にこだわり傘の分解から縫製まですべての工程を国内職人の手によりひとつひとつ丁寧に作られています。そのようにして傘が使われていたときの個性が光る、世界に一つだけのバッグに生まれ変わります。
※株式会社モンドデザイン調べ

〜PLASTICITY(プラスティシティ)について〜
「PLASTICITY」はクリエイター齊藤明希が地球に優しい素材でものづくりをしたいという想いから2019年に立ち上げられたアップサイクルブランドです。「PLASTIC」の問題を抱える「CITY」にフォーカスを当て、今後解決されるべき環境問題が近い将来に解決されてほしいという思いを込めて「10年後になくなるべきブランド」を宣言しています。年間約8000万本が廃棄されていると言われている”ビニール傘“の社会問題に着目し、分解のしにくさからリサイクルが難しいとされているビニール傘の素材を再利用してプロダクトを作り出しています。
 

 

 

カラー:グレーカラー:グレー


■製品情報
製品名:2ハンドルトートバッグ
カラー:グレージュ/グレー
価格:16,500円(税込)
サイズ:H320mm X W570mm X D160mm
重さ:270g
販売場所:公式オンラインストア https://plasticity.co.jp/
販売開始日:2021年6月24日(木)

■齊藤 明希の概要
PLASTICITYファウンダー・クリエイター
1992年千葉県浦安市生まれ。幼少期をニューヨーク郊外で過ごす。イギリスのリーズ大学コミュニケーションズ学科卒業後、日本の企業に就職するが、幼い頃から好きだったものづくりで何かを始めたいと思い、ヒコ・みづのジュエリーカレッジ・バッグメーカーコースに入学。中学生のとき古いスカートをバックパックにアップサイクルしたのがバッグ作りの原点。環境、動物、人に優しいファッションに関心を持つ。在学中にPLASTICITYを立ち上げ、2020年卒業後に活動を本格化する。

■株式会社モンドデザインの概要
本社所在地: 〒107-0062 東京都港区南青山5-17-12 リオン南青山3階
設立 : 2006年11月17日
資本金 : 1,000万円
代表取締役: 堀池 洋平
URL : https://www.mondodesign.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社モンドデザイン >
  3. 捨てられたビニール傘から生まれる、「2ハンドルトートバッグ」がPLASTICITYより新発売