「AND COLLECTION CONTEMPORARY ART」が表参道ヒルズにてグランドオープン

Life and Art -アートで彩る新たな暮らし –

アートショップを展開する株式会社Clue(東京都港区北青山3-6-7 代表取締役 横川 義明)は、「&Collection表参道本店」を表参道ヒルズへ移転。「AND COLLECTION CONTEMPORARY ART」として2021年4月10日(土)にオープンいたします。新たに迎え入れた世界の第一線で活躍するアーティストの独創的で希少なプライマリー作品を多数紹介いたします。

 

 

http://and-collection.com
  • Life and Art - アートで彩る新たな暮らし -

この度、表参道で最も人々が行き交う通りに拠点を移し、多くの方々へアートとの出会いをご提供するため、魅力溢れる作品を発信してまいります。
新店舗ではブランドロゴを「&Collection」から「AND COLLECTION CONTEMPORARY ART」へと一新。
大理石のフロアと白基調とした洗練された空間で、新たに迎え入れた第一線で世界的に活躍するアーティストの独創的で希少なプライマリー作品を多数紹介いたします。

さらに国内外問わずあらゆる分野で活躍するアーティストとの連携や、若手アーティストの作家活動の場の創出など、アートをより身近に、より深くご堪能いただけるよう定期的に企画展を開催し、アートコレクターに留まらず、初めてアートをご購入される方など幅広い方から特別な存在であり続け、ライフスタイルをより一層お楽しみいただけるよう「人」と「アート」と繋いでまいります。

同時にオープンに合わせ、株式会社Clueが企画するアート展「Art Omotesando – Street&Graffiti -」を開催いたします。
今回はストリートアート、グラフィティアートにフォーカスし新たに取り扱いの開始する海外アーティストの作品を展示販売いたします。
 
  • 店舗概要
AND COLLECTION CONTEMPORARY ART
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目12番10号 表参道ヒルズB2F
03-6447-1775
info@and-collection.com

■オフィシャルサイト
http://and-collection.com/

■公式Instagramアカウント
andcollection_official
https://www.instagram.com/andcollection_official/ 

[運営会社]
株式会社Clue (東京都港区北青山3-6-7)
お問い合わせ:info@clue-corp.co.jp
  • 新規アーティスト紹介
[Bisco Smith - ビスコ・スミス]
ニューヨークを拠点とするアーティスト。グラフィティライター、グラフィックデザイナー、ミュージシャンとしてのキャリアを持ち、瞬間のエネルギーを体現するジェスチャーマークと抽象化されたテキストを特徴とする表現主義への叙情的なアプローチで知られている。キャンバスから屋外壁画に至るまで様々な形で制作を行なっており、主に白黒で描かれた作品は言葉の集まりだが、言葉を読めなくなるほど抽象化しており、見る人がデザインを味わい、有機的にエネルギーを吸収するよう促している。
音楽活動、アート展示、ウォールペイントなど活動の幅は広く、世界中でライブパフォーマンスを行ない、NIKE、COACH、adidas、HYPEBEASTといったクリエイティブブランドとコラボレーションを行なっている。

Bisco SmithBisco Smith


[Buff Monster - バフ・モンスター]
1979年生まれ、ハワイ出身。ニューヨークを拠点とし、明るい色、大胆な線、独特なキャラクターを使用して世界をより良い場所にすることを目的として活動するストリートアーティスト。
作品には自信、個性、幸福の象徴であるピンクが使用され、主にヘビーメタル、アイスクリーム、ポップアート、日本文化、グラフィティに影響を受けている。15年以上にわたり世界中の壁画を描き、バンクシーが監督を務めたドキュメンタリー映画「Exit Through the gift shop」にも参加。
ブリストル市立博物館の常設コレクションに作品が展示されており、Apple、Disney、CONVERSE、Samsung、NIKE、Coca-Colaなど、著名なブランドとのコラボレーションを行ない、現在は「Stay Melty」というブランド名で、様々な限定版のグッズをリリースし圧倒的な支持を集めている。

Buff MonsterBuff Monster


[Jonone - ジョンワン]
1963年ニューヨーク生まれ、パリで活躍するグラフィティアーティスト。
幼い頃からストリートアートとして頭角を現し、 1984年にグラフィティグループ156 All Starzを設立。
街の動向、カラー、エネルギーに影響された抽象画を作成しており、当時は具象画のグラフィティアーティストが大多数であったため、彼のスタイルは際立っていた。
Studio 54などに出入りしたジョンは、ジャン ミシェル バスキアとアンディ ウォーホルと肩を並べた後、1987年にパリに移り、すぐに名を広げた。
現在も多くのプロジェクトに取り組み、中国やベルリンなど世界規模で展示している彼のスタイルは明るく大胆でカラフルな作品として支持されている。
日本では著名ミュージシャンのアルバムジャケットをデザインしたことで知名度が高い。

JononeJonone


[PEZ - ペズ]
1975年生まれ、バルセロナ出身のアーティスト。1999年にストリートでグラフィティを描き始め、バルセロナにおけるストリートアートのパイオニアとされる。魚をモチーフとした象徴的な笑顔のキャラクターを生み出し、ポジティブな雰囲気とエネルギーに満ちたカラフルな壁画で知られている。「Pez」は、「魚」を意味するスペイン語「El Pez」が由来。
近年はバルセロナ、パリ、ニューヨーク、マイアミ、ロサンゼルス、香港など世界の20ヶ国以上のギャラリーで展示やウォールペイントを行なっており、フランス最高峰のストリートアートオークションにも出品されている。バンクシーが監督を務めた映画「Exit Through the gift shop」を含む、ストリートアートのドキュメンタリーに出演し、著名なストリートアート本に掲載。Adidas、Reebok、Eckoなどの大手ブランドとのコラボレーション作品も注目を浴びている。

PezPez



[Sandra Chevrier - サンドラ・シュヴァリエ]
1983年生まれ、カナダ出身のアーティスト。子供の頃からアートに夢中になり、ケベック大学で視覚芸術とメディアアートの学士号を取得。自らを「gaze collector」と呼び、魅力的な顔をコミックのコラージュで覆う「The Cages」と題された肖像画のシリーズを制作。
「The Cages」は、力と脆弱性、自由と捕われの身、現実と想像といった二分法に基づいて制作されており、コミックの幻想的なヒロイン像と抑圧されたアイデンティティの間で描いている。作品の目は感情と感性を込めて描かれているが、感情や欠陥を隠すようにコミックヒーローのコラージュによって顔をマスクのように部分的に覆っており、超人と認識されるスーパーヒーローも実際には壊れやすく、欠陥や誤りのある一人の人間にすぎないことを表現し優れた技術と写実主義により自身で描いている。
世界各国で個展やグループ展を開催し、2018年にはカリフォルニア州ランカスター美術館(MOAH)にて「ケージと自由の魅力」と題された展示を行ない、初めて彫刻作品を展示。著名人を始めとした世界中のアートコレクターにコレクションされている。

Sandra ChevrierSandra Chevrier

 

 


 

[お問い合わせ先]
株式会社Clue
info@clue-corp.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Clue >
  3. 「AND COLLECTION CONTEMPORARY ART」が表参道ヒルズにてグランドオープン