パーソルプロセス&テクノロジー株式会社と業務提携、企業向け複業支援サービス「プロテア」を通して、複業による社員のキャリア自律支援推進

企業向けのキャリア自律支援サービスを共同で提供

「組織と個人のより良き関係創出と個人の主体的なキャリア開発支援」を理念に掲げ、現代版プロティアンを拡げる一般社団法人プロティアン・キャリア協会 (本社:東京都新宿区、代表理事 田中研之輔・有山 徹、以下、当協会)は、総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:横道 浩一、以下「パーソルP&T」)と業務提携することをお知らせします。その一環として、2021年よりパーソルP&Tが提供開始する企業向け”複業”支援サービス「プロテア」の、複業者のキャリア自律支援の助言を担うプロティアン・メンター業務を担います。
■業務提携の背景・目的
社会環境が変化するなか、企業も働く個人も従来の組織に依存するキャリア開発とは異なる、自律的なキャリア形成に向き合う必要性が増しています。そうしたことを背景として、パーソルP&Tの企業と社員の新しい関係性を築くための取り組み「複業促進モデル実証プロジェクト」(※)において、当協会はプロティアン・キャリア診断設計の監修などで連携して参りました。その過程で、複業希望者や複業実践者のキャリア自律には、自身のキャリアを見直す機会の提供と、プロティアン・キャリアを既に学び実践している相談相手(メンター)の支援が有効であることが分かりました。
この度「プロテア」の提供サービスである、「メンター」の役割を担う人材の育成、ユーザー企業の社員向けキャリア自律研修の提供について、当協会はパーソルP&Tと共同でより多くの企業とはたらく個人を支援するために業務提携を致します。パーソルP&Tが開発したサービス「プロテア」を通して、複業による社員のキャリア自律支援を推進します。

(図の補足)
・プロティアン認定メンター:当協会が認定した個人向けに行動変容支援を行う専門家。メンターは自らも行動変容を継続的に実践している。
・プロティアン認定ファシリテーター:当協会が認定した、組織向けにキャリア自律支援を行う専門家。プロティアン研修(キャリア自律を目的とした研修)や変化に強い自律型組織開発支援などを行う。
※「複業促進モデル実証プロジェクト」実証事業について(2020年6月より開始)
https://www.persol-pt.co.jp/news/2020/06/02/4415/
https://www.persol-pt.co.jp/news/2020/07/09/4465/

■提携内容について
・当協会は、「プロテア」のユーザー企業にメンターの教育や企業向け研修を提供致します。
・パーソルP&Tは、「プロテア」の一部機能を当協会にモニター提供します。

■提携内容詳細
・プロティアン・キャリア研修の提供
当協会が保有する企業向け、及び働く個人向けの研修を、「プロテア」のユーザー向けに当協会が認定した認定ファシリテーターが提供します。研修の内容は、企業の課題解決に向けた内容でカスタマイズして提供し、キャリア自律促進に貢献します。

・プロティアン・メンターの養成・提供
「プロテア」が提供するメンターは、自身の複業経験なども踏まえ、複業希望者や実践者の相談相手としてキャリア自律を支援する役割を担います。「プロテア」が提供するメンターについて、当協会認定のプロティアン・キャリア戦略塾を修了し、更に「プロテア・メンター講座」を受講した認定メンターに担っていただきます。

・「プロテア」一部機能のモニター使用によるサービス改善
「プロテア」がユーザー企業の社員向けに提供する以下の機能について、当協会が認定するプロティアン・キャリア戦略塾の塾生や、当協会が認定するメンター、ファシリテーターがモニターとして活用します。モニター利用によって得たフィードバックを、サービス改善に反映します。
<機能①:複業ポータル>
キャリア自律や複業活動のために必要な情報(税金や法律、各種複業サービスなどの情報)をとりまとめたコンテンツ。
<機能②:プロテア・ログ>
自律的なキャリア形成のために取り組む日々の活動を記録し、本業以外の活動時間や蓄積したキャリア資産を可視化する機能。

本提携以外でも、当協会とパーソルP&Tは、双方の強みを掛け合わせ、多くの企業とそこで働く個人に対して社会や環境の変化に対応できる自律的なキャリア形成を支援して参ります。

(補足情報)
・プロティアン認定制度開始
https://protean-career.or.jp/license
・プロティアン・キャリア戦略塾
https://4designs.co.jp/lp/protean-career/

■パーソルプロセス&テクノロジー株式会社について
 https://www.persol-pt.co.jp/ 
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、人・プロセスデザイン・テクノロジーの力で、人と組織の生産性を高めることを使命としています。お客様の事業課題に応じたコンサルティングやシステム開発、アウトソーシングのほか、人とテクノロジーが共存できる社会を目指し、RPAやAIなどを駆使した最新のテクノロジーやサービスを提供してまいります。

■「PERSOL(パーソル)」について 
https://www.persol-group.co.jp/ 
パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。

■一般社団法人プロティアン・キャリア協会について 
https://protean-career.or.jp/
一般社団法人プロティアン・キャリア協会は、現代版プロティアン・キャリア理論(※)の普及による組織と個⼈のより良き関係の創出を理念としています。本業での新たなチャレンジ、副業、独立、転職など様々な形で、個人が自分らしく力を発揮する社会を目指し、企業・個人両方の支援をしています。

(※1)現代版プロティアン・キャリアとは
1976年に米国のダグラス・Tホール教授によって提唱された理論を、法政大学キャリアデザイン学部 田中研之輔教授が現代に合わせて深化させたもの。ダグラス・Tホール教授の「プロティアン・キャリア」に「LIFE SHIFT(ライフシフト)(※2)」の枠組みを接合させ、キャリア戦略の立て方とその実践手法を織り込んだ、最先端のキャリア理論。
(※2)「LIFE SHIFT(ライフシフト)-100年時代の人生戦略-」リンダ・グラットン著

【協会概要】
正式名称:一般社団法人プロティアン・キャリア協会
所在地:東京都新宿区西新宿3-2-9新宿ワシントンホテルビル本館2F
代表理事:田中 研之輔(法政大学キャリアデザイン学部 教授)
有山 徹  (4designs株式会社 代表取締役CEO)
事業内容:現代版プロティアン・キャリアに基づく組織開発及び個人の主体的なキャリア開発の推進
設立年月:2020年3月
協会WEBサイト:https://protean-career.or.jp/
メディア「Protean」:https://protean-career.or.jp/column/
Facebook:https://www.facebook.com/protean.fb











 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人プロティアン・キャリア協会 >
  3. パーソルプロセス&テクノロジー株式会社と業務提携、企業向け複業支援サービス「プロテア」を通して、複業による社員のキャリア自律支援推進