レブコム、2020年4月入社の内定取り消しを受けた学生向けに4月入社のスピード採用選考を開始します

「新たなコミュニケーションの在り方を創造し、世界に変革をもたらす」ことをミッションに、AI搭載クラウド電話「MiiTel(ミーテル)」を提供する株式会社RevComm(本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田武史 以下、レブコム)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による経済状況の見通しの変化によって、4月入社の内定を取り消しされた学生を対象に採用選考を実施いたします。


【代表取締役 會田武史のコメント】
急成長をしたい学生の皆様へ。
私がまだ学生だったリーマンショックの時に、内定を取り消されたことをきっかけにスタートアップにジョインした人が周りに少なからずいました。その人達は現在、連続起業家として活躍したり、メガベンチャーの役員になるなど、多方面で活躍して輝いています。私自身も当時社団法人、NPO、学生団体の起ち上げに携わったことをきっかけにスタートアップ界隈の人脈ができました。それが起業した今大いに役立っており、その人脈がなければ今のRevCommはないと言っても過言ではありません。
大企業でしか得られないことはたくさんありますが、同時にスタートアップでしか得られないことも多くあります。
内定取り消しなどを受けて困っている学生の方々も少なからずいらっしゃると思います。先行きが不透明な時期にスタートアップに入るのは更に不安と思う方もいらっしゃるかと思いますが、一つ言えるのは我々は皆さんの成長にコミットするということです。少数精鋭の為、そこまで数は受け入れられませんが、圧倒的な成長をしたい方は是非お会いしましょう。

■募集要項
対象:2020年3月卒業学生
募集対象:総合職コース
募集詳細:コーポレートサイト及びwantedlyにて公開
https://hrmos.co/pages/revcomm/jobs/00000001(ご応募はこちら)
https://www.wantedly.com/companies/company_2744210


■RevCommとは
AI×Voice×Cloudのソフトウェア/データベースを開発・提供しています。法人向けサービス第一弾として音声認識AI搭載型クラウドIP電話「MiiTel」を2018年10月リリース。電話営業・顧客対応の通話を人工知能で解析・可視化することにより企業の生産性を飛躍させるサービスとしてB dash campやTechCrunchをはじめとしたイベントで優勝。リリース1年でユーザー数3,000ユーザー、600万通話実績に至ります。


■MiiTel(ミーテル)とは

通話内容を可視化するクラウドIP電話です。MiiTelは電話営業や顧客対応を録音解析、スコアリングし、「担当者が何をどのように話したか分からない」「成約失注の理由が分からない」といった電話業務における『ブラックボックス問題』を解消します。MiiTelを導入することで、通話における会話速度や顧客との会話のラリー回数、会話の被せ率等可視化されるほか、自動での議事録作成が行われる結果、担当者自らが会話を振り返るようになり成約率が上がり、解約率や教育コストが低減するほか、従来の固定電話機が不要となるため、通信料やハードウェアコストの削減にも寄与します。
 

【関連URL】
MiiTel(ミーテル)/AI搭載型クラウドIP電話
https://miitel.jp/

【会社概要】
社 名 : 株式会社RevComm(RevComm Inc.)
所在地 : 東京都渋谷区渋谷2-6-11 花門ビル3階
代表者 : 會田 武史
URL:https://www.revcomm.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社RevComm
担当:広報担当 
E-mail:info@revcomm.co.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)レブコム/MiiTel >
  3. レブコム、2020年4月入社の内定取り消しを受けた学生向けに4月入社のスピード採用選考を開始します