【日本餃子センター】 春の新作メニューは「梅餃子」 毎日皮からつくるこだわりの餃子専門店から 和歌山県産の梅を使った餃子が、この春 登場

【2月9日(土)~3月3日(日)の期間限定】口に広がる梅の果汁がクセになる、春の新メニュー「梅餃子」

株式会社パートナーズダイニング(本社:新宿区西新宿、代表取締役社長:中村英樹)は、豪徳寺「日本餃子センター」にて、2月9日(土)~3月3日(日)の期間限定で和歌山県産の梅を使った「梅餃子」を販売いたします。

  • 2月9日(土)~3月3日(日)の期間限定 【春の新メニュー「梅餃子」】
日本餃子センターでは、2月9日(土)~3月3日(日)までの期間限定で、和歌山県産の梅を使用した春の新メニュー「梅餃子」を販売いたします。毎日手作りのもちもちの皮に、甘酸っぱい味わいがクセになる「梅餃子」は「茹で餃子」としてご提供、期間中はテイクアウトも可能です。

 ▼商品概要
・茹で餃子「うめ」  
・価格 1皿 360円(税別) 
*テイクアウト 冷凍生餃子(10個):各500円(税別)
 
  • 「日本餃子センター」 店舗概要


◆店舗名 :日本餃子センター(NIPPON GYOZA CENTER)
◆場 所 :東京都世田谷区豪徳寺1-23-14   
*小田急線 豪徳寺駅より徒歩1分
◆電話番号:03-6413-7991
◆営業時間:17:00~23:00 テイクアウト:12:00~22:30
*2/16(土)より土日祝日は12:00~23:00
◆店内席数:40席(テイクアウトも可能)


◆食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131813/13228624/
店内全席禁煙です
 
  •  日本餃子センターについて

2018年12月1日 第一号店を豪徳寺にオープン。全自動機械を使用し店舗で毎日皮から作り、オーダーをいただいてから茹でる、蒸す、つくりたての餃子をご提供。ジューシーでもちもちの餃子の旨みを味わえます。
「茹で」・「蒸し」餃子をメインにしたのは、皮の触感と野菜の風味を楽しんでいただけるように。国産素材を使用して、無添加で、たくさん野菜も食べられて、何より店舗でつくりたてでおいしくて。食べた後もおなかいっぱいの満足感がある餃子屋を生み出します。

 
メニュー一例(※税別)


◆10種の野菜餃子(5個):360円
1.キャベツ 2.トマト 3.レモン  4.しょうが 5.にんにく
6.ねぎ   7.しそ  8.パクチー 9.ニラ 10.梅(季節限定)

*テイクアウト 冷凍生餃子(10個):各500円

【自家製たれ】
1.レモン酢 2.トマト味噌 3.花山椒醤油 4.辛味噌 5.酢胡椒

 


◆お酒
・生ビール:390円
・国産お茶ハイ(抹茶、棒ほうじ茶、にっぽん紅茶):各390円
・レモンサワー、トマトハイ、梅しそサワー:各390円

 ◆おつまみ/デザート:300円~
・ねぎだくチャーシュー:500円 ・センターのマカロニサラダ:300円
・セット(ごはん・スープ・漬物) 250円  ・ココナッツミルク:300円


■会社概要
商号    : 株式会社パートナーズダイニング
代表者  : 代表取締役社長 中村 英樹
所在地  : 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-22-43 新宿JECビル4F
設立    : 2006年1月
事業内容: 飲食事業
資本金  : 5,000万円      
URL    : http://www.partners-dining.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社パートナーズダイニング >
  3. 【日本餃子センター】 春の新作メニューは「梅餃子」 毎日皮からつくるこだわりの餃子専門店から 和歌山県産の梅を使った餃子が、この春 登場