アジア向け化粧品口コミサービスびCOSMERIA、台湾のEC販売でDOREDORE洋行有限公司と業務提携

COSMERIAを運営する株式会社プラネティア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長鎌形諭、以下プラネティア)は、台湾でEC販売を行う朵朵洋行有限公司(本社:台湾新北市中和區中正路932號7樓、以下DOREDORE)と、戦略的パートナーとして業務提携契約を締結しました。
プラネティアが提供するプラットフォームCOSMERIAは、台湾・香港・東南アジア各国向けに化粧品に口コミサービス。2016年のサービス開始以来、日本の化粧品を使っていたり、興味のある現地女性ユーザーを集め、2019年3月現在、約15万人の会員をモニターとしてかかえている。

提携先の朵朵洋行有限公司 DORE DOREは日本コスメを主に取り扱う台湾ECモール。薬事対応、輸出入、CRM、マーケティングまでワンストップサービスを提供している。

今回の提携により、口コミによるPR・話題作り・販売促進にとどまらず、台湾における現地EC販売を実現させ、口コミから現地輸出、販売まで一気通貫で台湾マーケットにアプローチできるようになった。


今回リリースの「台湾現地EC進出パック」概要はこちら
https://www.planetia.info/ec-taiwan

販売はDOREDOREにて運営する自社サイトのみならず、Yahooショッピングやmomo等、台湾でも女性ユーザーに人気のある外部ショッピングモール内でも販売が可能なものとなる。

更に、台湾現地での販売許可の取得から販売業務、カスタマーサポート等を全てカバーしており、台湾進出やその先の各国への展開を目指す企業にとり、簡単に始められ、かつ効果的に活用できるサービスになる。

更に、DOREDOREは台湾のみならず、中国や香港、シンガポール、マレーシアにも販路と現地販売の仕組みを持っており、台湾での成功例をそれらの国に展開していく事が可能。台湾で受け入れらた商品は中国や他の国でも成功しやすという点で、本サービスはアジア各国への展開を見据えた第一歩としても活用が可能。


【株式会社プラネティア代表取締役 鎌形諭のコメント】
「今回の提携により、今までは口コミの獲得や越境ECのみで台湾にアプローチをしていた企業が、本腰を入れて台湾にビジネス展開をするきっかけになるだろう。既に日本製品が多く流通する台湾だが、現地のユーザーはより自分に合う製品を探している。より多くの企業が台湾を一つの商圏に組み込む力添えができればと思っている。そして、台湾での成功をきっかけに、DOREDOREが販路を持つ中国やシンガポール等、他の巨大マーケットへの進出にも活用いただきたい。」


【会社概要】
株式会社プラネティア(Planetia Co. Ltd)
住所:東京都新宿区大久保1-1-7 高木ビル3階
代表取締役:鎌形諭
設立:2016年3月
主な事業内容: アジアの口コミプラットフォーム「COSMERIA」の運営
https://www.planetia.info/

【取材依頼・お問い合わせ先】
会社名:株式会社プラネティア
連絡先:info@cosmeria.me

【本リリースについて】
プレスリリースに掲載されている内容、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後、様々な要因により予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プラネティア >
  3. アジア向け化粧品口コミサービスびCOSMERIA、台湾のEC販売でDOREDORE洋行有限公司と業務提携