レコテック、食品廃棄物関連データを活用した効率的な回収・再資源化の検証を行う、POOL PROJECT TAMAを開始

レコテック株式会社(以下「レコテック」)は、POOLを活用した食品廃棄物の高度カスケードリサイクルを検証する「POOL PROJECT TAMA -ORGANICS-」を開始しました。本事業は、東京都事業「多摩イノベーションエコシステム促進事業」におけるリーディングプロジェクトにも選定され、食品廃棄物のデータ活用による削減、処理プロセス効率化、更なる高度なリサイクルの実施を促進していきます。

 

  • プロジェクト概要 
 多摩地域が更に持続可能なエリアとなるよう、ごみ処理負荷の低減に向けて、食品廃棄物の回収・再資源化の効率化・高度カスケードリサイクルを目指します。
 食品廃棄物を再資源化事業者のニーズからバックキャスティングして排出元で分別・計量管理することによる、処理コストの削減や再生品の品質向上、アップグレードリサイクルの可能性について検証します。
 また、食品廃棄物の品目別排出データをリアルタイムで記録することによる、小口発生品目の回収効率化と、食品廃棄物がリサイクルされた場合における、焼却回避や再生可能エネルギーの増加などによる地域のCO2削減効果などの社会的インパクトを検証/評価します。
 
  • 背景
 東京都では「未来の東京」戦略において、多摩を世界有数のイノベーションエリアへ進化させることを目指し、多摩イノベーションパーク構想を掲げています。
 この構想に基づき、多摩地域の課題を解決する製品・サービスの創出と多様な主体の交流・連携強化による、多摩地域におけるイノベーション創出および地域活性化を実現するため、「多摩イノベーションエコシステム促進事業」のリーディングプロジェクトが開始されました。
 多摩地域は、可燃ごみに占める生ごみの割合が多く、自治体のごみ処理事業が逼迫しており、生ごみの資源化ルートの確立が必要とされています。一方で、社会の脱炭素化の潮流から、生ごみの「バイオマス資源」としての注目が高まっており、これまでにない高度なリサイクル技術の開発が進展しています。生ごみ処理のリサイクルを高度化することで、CO2削減地域産業の創出・活性化を実現できる可能性があります。
 
  • プロジェクトチーム
[代表事業者]
レコテック株式会社

[プロジェクトメンバー]
アーキアエナジー株式会社
株式会社フソウ
株式会社クボタ
伊藤忠エネクス株式会社


特設サイトはこちら: https://tama-innovation-ecosystem.jp

プロジェクト紹介ページはこちら:https://tama-innovation-ecosystem.jp/project/environmental/385/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. レコテック株式会社 >
  3. レコテック、食品廃棄物関連データを活用した効率的な回収・再資源化の検証を行う、POOL PROJECT TAMAを開始