新型コロナウイルス「COVID-19」感染拡大対策を行う企業および開発者向けに、音声認識・機械翻訳・音声合成APIの無償提供を拡大

mimi®️ cloud API service

この度フェアリーデバイセズ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:藤野真人、以下「当社」)は、新型コロナウイルス「COVID-19」の感染拡大の対策支援として、同対策をするシステムを開発される方向けに、当社の「mimi®️ cloud API service」の音声認識・機械翻訳・音声合成APIの無償提供を拡大することをお知らせいたします。これらサービスを利用することで在宅勤務の支援や、海外支社との共同作業等を円滑に行うシステム等が迅速に開発可能となります。
  • mimi®️ API無償提供の内容
音声認識・機械翻訳・音声合成の各APIを、上記開発用途に限り、1日500回まで無償で利用可能とし皆様のサービス開発をサポートさせていただきます。
  • 開発支援の対象とするシステムの例
・音声認識技術を用いた、「リモートワーク」システム

・国際的な現場協業を可能とする「多言語コミュニケーション」支援サービス

・音声インターフェースによる「非接触型」のデジタルサイネージ

・ホームロボットによるコミュニケーションサービス

 
  • 使用可能API :音声認識・機械翻訳・音声合成
使用可能回数は各API、1日500回までとなります。同時処理数は1となります。
mimi API consoleにて各APIの概要をご確認下さい。
URL :https://console.mimi.fd.ai/console/v1/login
 
  • 提供期間 :2020年7月末日まで
提供期間終了後は、現在ご提供している、1日50回までの無料評価サービスに移行します。
 
  • 対象社数 :100社(個人開発者も対象に含みます)
先着100社を対象とさせて頂きます。
 
  • 注意事項
・商用利用開始時は、別途正式ご契約が必要となります。
・一部機能/サポートに関しては利用制限がある場合がございます。
・状況に応じて提供期間は変更する可能性があります。
・すでにmimiAPIをご利用の企業様・開発者様は対象外とさせていただきます。
 
  • お申込方法
専用フォームに、必要事項をご記載いただきお申し込みください。折り返しご連絡いたします。
お申し込み専用フォーム
URL:https://fairydevices.jp/mimi_for_developer_2020

 
  • mimi®️ cloud API serviceの特徴
先進的な音声対話システムのためのテクノロジースタック mimi® をクラウド上で提供する mimi® クラウド API サービスです。詳細はこちらをご覧ください。
URL : https://fairydevices.jp/mimi
 
  • フェアリーデバイセズ株式会社について 
フェアリーデバイセズ株式会社は、「使う人の心を温かくする一助となる技術開発」を目指し、VUI※1・VPA※2関連技術や音声認識/音声翻訳関連技術とクラウド基盤、それらの性能を活かすエッジデバイスの開発を通して、音声技術を中心とした機械学習技術の実業務現場への適用を推進して参りました。さらに、現場の人から生まれる各種のデータ解析や、それらに関わる最先端の応用研究を実装した業務ソリューションを、デバイスからクラウドまで一気通貫で提供することによって、様々な業界のデジタルトランスフォーメーションを支援しています。
URL: https://www.fairydevices.jp/

※1 VUI:Voice User Interface
※2  VPA:Voice Personal Assistant

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フェアリーデバイセズ >
  3. 新型コロナウイルス「COVID-19」感染拡大対策を行う企業および開発者向けに、音声認識・機械翻訳・音声合成APIの無償提供を拡大