DSM株式会社 新代表取締役社長の就任について

日本法人であるDSM株式会社の新代表取締役社長に丸山 和則が就任

栄養、健康、持続可能な暮らしの分野で意欲的に活動するグローバル・サイエンス企業Royal DSMは、2019年7月
1日付で丸山 和則(まるやま かずのり)が、日本法人であるDSM株式会社(東京都港区)の代表取締役社長に就任したことをお知らせ致します。丸山は同日付で、日本におけるエンジニアリングプラスチック事業を担うディーエスエム
ジャパンエンジニアリングプラスチックス株式会社(東京都港区)の代表取締役社長にも就任しております。

 

新社長の略歴

 

丸山 和則(まるやま かずのり) 1968年12月生まれ
 


 

学歴:

大阪大学 理学部高分子学科卒業
大阪大学大学院 理学研究科 高分子学専攻 博士前期課程修了
三重大学大学院 工学研究科 材料科学専攻 博士後期課程修了
米国マサチューセッツ工科大学(MIT) スローン経営大学院(MBA)及び工科大学院修了



 

職歴:
1993年 三菱化学株式会社入社。研究開発や新規事業開発に従事。
2006年 東レ・ダウコーニング株式会社入社。
グローバルマーケティング、グローバルビジネスを統括。
2015年 オムロン株式会社入社。
イノベーション推進本部オープンイノベーション推進室長、
インキュベーションセンター長を歴任。
2019年 DSM株式会社入社。






DSM – Bright Science. Brighter Living.™

 

Royal DSMは、栄養、健康、持続可能な暮らしの分野において意欲的に事業を展開する目的主導型のグローバル企業です。DSMは、すべての人々の生活を豊かにすることを目指しています。ステークホルダーの皆様、すなわちお客様、社員、株主の皆様、そして社会全体に対して経済的価値、環境面での価値、社会的価値を創出しつつ、自社の製品とソリューションを駆使し、世界で最も重大な課題の解決に取り組んでいます。DSMは、栄養、飼料、パーソナルケアおよびアロマ、医療機器、環境に配慮した製品やアプリケーション、新たなモビリティとコネクティビティの分野において革新的なソリューションを提供します。DSMおよび関連会社の年間の純売上高はおよそ100億ユーロで、社員数は約2万3,000名です。1902年に設立されたDSMは、Euronext Amsterdamに上場しています。詳細は  https://www.dsm.com/countrysites/japan/ja_JP/home.html  をご覧ください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DSM株式会社 >
  3. DSM株式会社 新代表取締役社長の就任について