リクシス、コロナ禍における高齢親世代に対する現役世代の意識と行動変化の調査結果を無償公開

株式会社リクシス(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木裕子、以下リクシス)は、2021年4月9日、新型コロナウイルス感染症が拡大によって、高齢の親世代と現役世代の子の間で起きた意識と行動変容の変化に関する自社調査結果を無料公開することを発表しました。
――――――――――――――――――――――――――――――――――
●『コロナ禍における現役世代から見た高齢の親族に対する意識調査』

ダウンロードURL:https://www.lyxis.com/service/download.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――

本調査は2020年5月と2021年3月の2回にわたり、ビジネスパーソンを対象としたインターネットアンケート形式で実施したものになります。1回目の調査は2020年5月3日から11日までの9日間で289人からの回答を、2回目の調査は2021年2月22日から3月5日までの10日間で189人からの回答を得ました。

調査内容としては、コロナ禍における高齢親世代とのコミュニケーション状況、現役世代の親に対する意識の変化、関わりの変化等について実施したものになります。

◆無料ホワイトペーパー
・シニアマーケットの市場規模
・状態像から見る市場規模の内訳
・現役世代から見た親世代
・現役世代の意識・行動の変容
 

 


――――――――――――――――――――――――――――――――――
●このホワイトペーパーでわかること

コロナ禍における各世代の意識変化等については様々な調査が行われています。本調査ではその中でも子供である現役世代から見た、親世代高齢者に対する意識変化、関わりの変化についての調査です。

特に、2020年の第1回目の緊急事態宣言下5月と、直近の2021年3月という2時点における変化や特徴について知ることができます。コロナ禍で親への意識で変わったこと、変わらないことは何か、現役世代から見る親世代への不安や行動変容は何かなど、貴社のビジネスに是非ご活用ください。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

【調査の概要】
①2020年5月から11日まで、当社の公式Facebook上にて呼びかけを行い、現役のビジネスパーソン289人から回答を得た。

②2021年2月22日から3月5日まで、当社登録の独自個人パネルに呼びかけを行い、現役のビジネスパーソン189人から回答を得た。


【株式会社リクシスについて】 
「『つながり』と『情報』で幸せな長生きを実現する」をミッションに掲げ、仕事と介護の両立支援クラウド「LCAT」、高齢者・シニア市場向けリサーチ&コンサルティング事業、高齢者・シニア市場向けプロモーション&マーケティング事業を提供しています。 
詳細は https://www.lyxis.com/research/ をご覧ください。 

【リクシスウェブメディアおよびFacebookページのご紹介】 
弊社では下記Facebookページやウェブメディアで、「エイジングリテラシー」を中心に積極的に情報配信を行っております。 
・超高齢社会を生き抜くウェブメディア「エイジングリテラシー」 
https://agingliteracy.lyxis.com/ 
・株式会社リクシス公式Facebookページ 
https://www.facebook.com/lyxis.official/ 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リクシス >
  3. リクシス、コロナ禍における高齢親世代に対する現役世代の意識と行動変化の調査結果を無償公開