パフォーマンス可視化ツール「remonade」に日報機能がつきました

行動評価やコミュニケーションの拡大充実に生かすことができる、日報機能を実装

株式会社Queue(本社:東京都渋谷区、代表:柴田直人、以下「当社」)は、当社の運営するパフォーマンス可視化ツール remonade の、一部機能を拡大充実しましたことをご報告いたします。


日報機能の追加、一部UIデザインの調整、そしてタグ機能のアーカイブが可能となりました。

remonade はマネージャーの仕事から管理業務にかかる時間や工数を削減します。報告連絡相談にかかる時間を削減。チームメンバーのタスクの進捗状況を、一目で数字で確認することができます。
さらに今回の改善で日報機能を追加。1日の終わりには、日報を記録することができます。

remonade は行動を監視するツールではありません。remonade が目指すチームは、監視者と監視される者の関係性ではありません。全従業員が、ストレスゼロのタスク管理と孤独にならないコミュニケーションを取ることができる、チーム改善ツールです。
 
  • 開発の背景
remonade の開発が進んだきっかけは、当社が2018年に実験として実施した「全員リモートワーク週間」。創業した2016年からリモートワークを導入、2018年には既にリモートワーク歴2年が経過していました。しかし2018年、従業員全員で試験的にリモートワークを実施。発生する課題点をあぶり出しました。

当社は合わせて30前後のSaaSツールを導入し、現在でもSlackやTwistなど、いくつかのコミュニケーションツールを並行して利用しています。

しかしそれらのツールでも埋めることができなかった穴をふさぐために開発したのが、この remonade です。

参考記事(PR TIMES STORYより):https://prtimes.jp/story/detail/ErQ27WSkQbJ
  • remonade について


remonade は、テレワーク・在宅ワーク対応のパフォーマンス可視化・チームマネジメントツールです。ブラウザ上のバーチャルワークスペースでチームのパフォーマンスをリアルタイムに可視化することができます。

サービス名は 「remote」(リモート) と「aid」(助ける) という2つの言葉から名付けました。remonade が目指す未来は、会社と社員の新しい信頼関係が構築できる社会です。どう働くか、なぜ働くか、なんのために働くかが問われ、多様な働き方を受け入れる環境が求められてきていることから開発に至りました。

私たちは、誰もが自分のワークスタイルを実現できる世界を目指しています。この「ワークスタイル」は、単に働き方を指すのではありません。「ライフスタイル」と同じだけの重みを持つ「ワークスタイル」です。ライフとワークが対立構造にあるのではなく、互いが支え合う構造としての「スタイル」です。そして、多様なワークスタイルの実現こそが、日本が直面している課題への一つの答えになると信じています。

サービス名:remonade(レモネード)
URL:https://remonade.io

remonade 公式Facebook:https://www.facebook.com/remonade0/
remonade 公式Twitter(@JP_remonade):https://twitter.com/JP_remonade
  • 会社概要
会社名:株式会社Queue
URL:https://queue-inc.com
事業内容:ソフトウェアサービス・独自技術の開発、「remonade」「SUNRYSE.」「blue assistant」の開発運営等
所在地:東京都渋谷区渋谷1丁目22-10 4F
代表者名:柴田直人
設立:2016年11月
お問い合わせ先:info@queue-inc.com
  • 本リリースに関するお問い合わせ先
担当:古川絵理
連絡先:info@queue-inc.com
電話番号:03-6407-9982
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Queue >
  3. パフォーマンス可視化ツール「remonade」に日報機能がつきました