“フードロスを考える”をコンセプトにしたオリジナル商品「異端児エール HAZY IPA」を製造

~りんごと酒粕・国産ホップを使ったクラフトビールの完成~

一般社団法人AgVenture Lab(本社:東京都千代田区、代表理事理事長:荻野浩輝)は、「フードロスを考える」をコンセプトに、出荷されずに熟成が進み、食べごろを過ぎてしまったりんごや日本酒製造の副産物である酒粕を活用したオリジナルクラフトビール「異端児エール」を製造し、2022年9月8日(木)より、本ビールの製造を委託した中津ブルワリーの店頭・オンラインショップにて300本限定で一般販売いたします。また、同日より、完成を記念してAgVenture Labの公式Twitterにてプレゼントキャンペーンを開催します。
このビールは手に取った方がフードロスという社会課題について考えるきっかけになれば、という想いから生まれた商品です。AgVenture Labはフードロスをはじめ食・農に関わる様々な社会課題の解決にアプローチし、これからも取り組んでまいります。

■ “フードロスを考える”原材料とこだわりの国産ホップを使用
 「異端児エール」は、出荷されずに熟成が進み食べごろを過ぎてしまった長野県安曇野市産の5種のりんご「ピンクレディー・サンふじ・グラニースミス・ぐんま名月・シナノゴールド」と、鳥取県出雲市の酒造にて「きもと純米吟醸 十旭日」製造の副産物として生じた酒粕を使用しています。そのままでは市場に出回ることのない食品をビールの副原料として有効活用した、「アップサイクル」なビールです。
 また、山梨県北杜市産のフレッシュホップ「ハラタウ、チャレンジャー、マグナム、カイコガネ」の4種を使用しています。国産フレッシュホップは、輸入の際に加工している外国産ホップと異なり、品質と新鮮さを保ったまま、ホップそのものの爽やかな香りや苦みをより深く楽しむことができる点が大きな特徴です。

■ 手に取ってフードロスを考えるキッカケに
 規格外品のりんごや生産の過程で摘果されたりんごは基本的に肥料として活用されていますが、生産者は「出来るだけロスを減らし消費者の口に届けたい」という想いで日々作物を育てています。また、酒粕は年間約1,800トンもの量が廃棄されてしまっています。(※1)
 今回のオリジナルクラフトビール製造によるフードロス削減への貢献は微々たるものですが、こうした取り組みを通じて、AgVenture Labは、JAグループのイノベーションラボとして、消費者の皆さんにフードロスという社会課題について考えるきっかけを与えたい、関心を持ってもらいたい、という想いを込めて製造しました。
※1 参考:月桂冠株式会社『循環型社会に向けた環境への取り組み』2011年(https://www.env.go.jp/council/former2013/04recycle/y040-65/mat04.pdf

■ 中津ブルワリーの店頭・オンラインショップにて数量限定で販売
 今回のオリジナルクラフトビール「異端児エール」を、中津ブルワリーから300本限定で販売いたします。店頭では1本から購入可能、オンラインショップでは3本セット・6本セットでの販売となっています。
<店頭販売>
・住所:大阪府大阪市北区中津3丁目10-4 中津ブルワリー
・価格:オープン価格
・販売期間:9月8日(木)~なくなり次第終了
<オンラインショップ>
・サイトURL:https://nbrewery.base.shop/
・価格:オープン価格
・販売期間:9月8日(木)~なくなり次第終了

■完成記念 Twitterプレゼントキャンペーン開催
 9月8日(木)より9月19日(月)まで、AgVenture Lab公式Twitter(@AgventureLab)にて、フォロー&キャンペーン投稿をRTして頂いた方の中から抽選で3名様に「異端児エール」3本セットが当たるプレゼントキャンペーンを実施いたします。
※詳細はAgVenture Lab公式Twitterの投稿をご覧ください。https://twitter.com/AgventureLab

■「異端児エール」商品概要
 りんごの丸い香りと優しい甘さに誘われてゴクリとすれば、爽やかな味わいと鼻に抜ける酒粕の深い余韻に驚くはず。複雑でいて軽やか、最初のプハー!にも、締めの1杯にも。国産フレッシュホップを使用した、まさに異端な個性派エールをお楽しみください。


〇原材料:麦芽(イギリス産)
りんご果汁、酒粕(十旭日)、オーツ麦、ホップ(ハラタウ、チャレンジャー、マグナム、カイコガネ)、アイリッシュモス ※麦芽以外国産
〇アルコール度:5%
〇品目:発泡酒(麦芽使用率25%以上50%未満)
〇製造者:株式会社NI-WA(ニワ)中津ブルワリー(https://nakatsu-brewery.com/

協力者(順不同): 
・株式会社アグレス(https://www.agres-nobeyama.net/
・旭日酒造有限会社(http://jujiasahi.co.jp/
・信州・安曇野 米山農園(https://farm-yoneyama.com/
・ホップ農家小林・株式会社北杜ホップス(http://hokutohops.com/
・矢沢加工所株式会社(https://yazawa830.official.ec/


■AgVenture Labとはhttps://agventurelab.or.jp
 AgVenture Labは、全国農業協同組合中央会、全国農業協同組合連合会、全国共済農業協同組合連合会、農林中央金庫、一般社団法人 家の光協会、株式会社 日本農業新聞、全国厚生農業協同組合連合会、株式会社 農協観光の全国連8団体が共同して2019年5月27日に開設されました。 
 「次世代に残る農業を育て、地域のくらしに寄り添い、場所や人をつなぐ」をコンセプトとして、スタートアップ企業やパートナー企業、大学、行政等と協創し、様々な知見やテクノロジーを活用しながら、新たな事業創出、サービス開発、地域課題の解消を目指す組織です。JAグループではAgVenture Labでの活動を通じて外部企業との連携を強化し、第一次産業や地方が抱える社会的課題の解決につながるような新たな価値の創出に積極的に挑戦しております。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人AgVenture Lab >
  3. “フードロスを考える”をコンセプトにしたオリジナル商品「異端児エール HAZY IPA」を製造