フリーランス・芸能関係者へのハラスメント実態アンケートを開始

セクハラ、パワハラの実態について、2019年8月20日まで匿名回答を募集中

自分の名前で仕事をしたい人のための非営利支援団体の一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 (東京都中央区、代表理事:平田麻莉 https://www.freelance-jp.org/ )は、2019年8月20日まで、協同組合日本俳優連合(東京都新宿区、理事長:西田敏行 https://www.nippairen.com/ )および、MICフリーランス連絡会(東京都文京区、座長:緒方承武 )と共同で、フリーランス・芸能関係者へのハラスメント実態アンケートを開始します。

アンケート調査結果は、厚生労働省の労働政策審議会へ参考資料として提出予定です。回答は匿名で、自由記述の回答が本人の許可なく公開されることはありません。

■アンケートの概要
回答URL:https://forms.gle/fLm66mdcJKYHMqe19
調査対象:日本国内で働いた経験のあるフリーランス(個人事業主、法人経営者、委託就労者、すきまワーカー、
     副業従事者を含む)※個人事業主には、事務所所属の個人事業主を含む
調査期間:2019年8月20日まで
調査手法:インターネット調査
調査主体:日本俳優連合、MICフリーランス連絡会、プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

■アンケート実施の背景
2019年5月29日、ハラスメント防止法等が成立し、労働者保護のための措置義務が事業者に課されました。フリーランス(芸能関係者を含む)や求職者など雇用されていない人については法律に規定されませんでしたが、指針等でハラスメント(セクシュアルハラスメント、パワーハラスメント等)について必要な防止措置を講じることになりました。しかし、具体的な防止・対策は白紙で、これから厚生労働省に設置されている会議(労働政策審議会)で検討される予定です。

フリーランスのハラスメントは、当事者間で頻繁に話題に上ったり、ごく稀に告発がなされることはあっても、これまでその実態を統計的に把握できているデータはありません。そこで、兼ねてからフリーランスの就労問題やセーフティネットの整備について情報交換を行っていた日本俳優連合、MICフリーランス連絡会、プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会の三者で、フリーランスに対するハラスメントについて適切な防止・対策が定められるよう、実態調査を行い、参考資料として提出するはこびとなりました。今後も調査協力団体は増える可能性があります。

■日本俳優連合について
協同組合日本俳優連合は、「日俳連(にっぱいれん)」と呼ばれ、約2,600名の俳優や声優が加入しています。俳優は一人一人がTV局や制作者と対等に出演契約を結ぶことは残念ながら難しいのが現状です。日俳連は、俳優が安心して活躍できる環境づくりのために、協同組合法で認められている団体交渉権を生かして、NHK、民放、製作会社との間で出演条件や安全対策等の団体協約を締結しています。

・法人名 :協同組合日本俳優連合
・URL  :https://www.nippairen.com/
・理事長 :西田敏行
・所在地 :東京都新宿区西新宿6-12-30 芸能花伝舎3F

■MICフリーランス連絡会について
MICフリーランス連絡会は、日本マスコミ文化情報労組会議(略称MIC)の中に設けられた連絡会で、マスコミ業界で働くフリーランスの就労環境・待遇改善に向けて活動をしています。
MICは新聞、印刷、放送、出版、映画、広告、音楽、コンピュータそれぞれの労働組合の連合会、協議会等で構成された組織です。平和と民主主義の課題をはじめ、各産業の発展とマスコミ関連労働者の権利・労働条件の向上のために賃金問題プロジェクト、時短・労働問題委員会などさまざまな活動を行っています。

・団体名 :MICフリーランス連絡会
・座長  :緒方承武
・所在地 :東京都文京区本郷4‐37‐18 いろは本郷ビル2F
・MIC構成組織
 映画演劇関連産業労組共闘会議(映演共闘)
 全国印刷出版産業労働組合総連合会(全印総連)
 日本新聞労働組合連合(新聞労連)
 全国広告関連労働組合協議会(広告労協)
 日本民間放送労働組合連合会(民放労連)
 日本音楽家ユニオン(音楽ユニオン)
 日本出版労働組合連合会(出版労連)
 電算機関連労働組合協議会(電算労)
 映画演劇労働組合連合会(映演労連)

■一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会について
「誰もが自律的なキャリアを築ける世の中へ」というビジョンを掲げ、自分の名前で仕事をしたい人のためのインフラ&コミュニティ。年会費1万円で賠償責任補償や所得補償制度、各種優待が使えるベネフィットプラン(福利厚生制度)の提供のほか、キャリア支援プロジェクト、ジョブ創出プロジェクト、パーソナルスコアリングプロジェクト、地方創生プロジェクト、子育て支援プロジェクト、フェアパートナーシッププロジェクトなど、様々なプロジェクトが進行し、実態調査や政策提言、多彩なイベント運営等を行っている。
フォロワー総数13600名、一般会員数2270名、賛助企業152社。(2019年7月1日現在)

・法人名 :一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
・URL :https://www.freelance-jp.org
・代表理事:平田麻莉
・設立日 :2017年1月26日(同年4月20日に一般社団法人化)
・所在地 :東京都中央区 八重洲2-8-7 福岡ビル4F DIAGONAL RUN TOKYO内

 <本件に関するお問合せ先>
ご質問や取材のお問合せ等は、こちらのメールアドレスまでお寄せください。
no-hara@freelance-jp.org
  1. プレスリリース >
  2. プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 >
  3. フリーランス・芸能関係者へのハラスメント実態アンケートを開始