自社の早期離職による損失コストを算定するサービスの提供開始

早期離職における損失は日本全体で年間13兆円!

人と組織のミスマッチを解消するサービス「ミツカリ」を提供する株式会社ミツカリ(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:表 孝憲)は、早期離職による損失コストを算出するサービスの提供を2020年7月29日から開始しましたことをお知らせいたします。
■早期離職による損失コスト算出サービス提供の背景
新型コロナウイルスの影響で、多くの企業が採用人数の縮小や予算削減、採用スケジュールの変更などを余儀なくされています。有効求人倍率も低下傾向にあり、多くの企業がコスト削減や既存人材の活用の見直しが求められています。

ミツカリは早期離職の改善に効果のあるサービスとして、2,900社以上の企業に導入されています。早期離職による損失コストは非常に大きいと認識されている一方で、多くの企業が自社の離職コストについての具体的な算出がされていないことが分かりました。ミツカリは厚生労働省などの官公庁のデータや採用活動における実態をもとに、日本全体や業界ごとの早期離職コストを算出しました。更に自社のコスト把握や今後の経営戦略に活かせるように、採用人数や離職率などから各社ごとに早期離職コストを算出するサービスの開発を行い、2020年7月29日より提供を開始いたしました。

■業界ごとによる早期離職コストの金額
離職による損失が最も大きい業界は医療・福祉の約1.9兆円
1人あたりの離職コストが最も高い業界は金融業・保険業

 

業界別年間の離職コスト業界別年間の離職コスト

■早期離職コスト算出サービスの内容
金額:10万円~
分析期間:1週間~
離職改善コンサルティング:別途費用が発生

■ミツカリについて
ミツカリは、適性検査で人柄や価値観、社風を分析し、企業と応募者の相性(ミスマッチの可能性)を判定する採用支援サービスです。社風や人間関係のミスマッチを理由とした早期離職を防げるだけでなく、人物像を理解したマネジメントや、コミュニケーションロスの少ない上司や配属先を選定することで、人材の早期戦力化や労働生産性の向上にもご活用頂けます。

ミツカリは、近代心理学においてメジャーな「ビッグ・ファイブ理論」をベースに、社会心理学の権威であるカリフォルニア大学バークレー校のキャメロン・アンダーソン教授、およびAI技術に詳しい京都大学大学院の田島敬史教授に監修を頂いて開発した適性検査をベースとしたHR Techサービスです。仕事をする上で重要となる価値観に絞り、精度を担保しながら10分で回答できる検査で受検負担を最小限に抑えながら、早期離職や社内コミュニケーションの改善に活用されています。

■株式会社ミツカリ概要
会社名:株式会社ミツカリ
代表取締役社長CEO:表 孝憲
URL:https://mitsucari.com/
設立 :2015年5月25日
資本金:100,000,000円
本社所在地:東京都品川区東五反田2丁目3番3号 東五反田AMビル5階
事業内容 :働く人と企業とのミスマッチが見えるサービス「ミツカリ」の開発・運営
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミツカリ >
  3. 自社の早期離職による損失コストを算定するサービスの提供開始