移住しやすい地域1位は人口約3000人の小さな町!「SMOUTネット関係人口スコア」東日本1位の下川町と西日本の1位の椎葉村が、東京で大喜利形式のイベントを実施します

​株式会社カヤックLiving(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:松原佳代、中島みき、土屋有以下「カヤックLiving」)は、移住や街づくりで話題の地域を表す「SMOUTネット関係人口スコア」において東日本1位の北海道下川町と、西日本1位の宮崎県椎葉村を招待し、大喜利を通じて地域の魅力自慢をする「SMOUT大喜利」を10月30日に東京で開催します。
カヤックLivingが展開する移住スカウトサービス「SMOUT」では、オンラインでの人との繋がり度合いを可視化する「SMOUTネット関係人口スコア」を全自治体(約1800)を対象に独自のアルゴリズムによって算出しています。本スコアは各自治体の公式SNSアカウントやSMOUT内での活動量(メッセージの件数やスカウト数)を参考にしています。スコアが高ければ高いほど、その地域の繋がりの広さを示し、その地域で活動する人のコミュニケーション量の多さを示します。つまり、上位の地域は、移住する際に参考となる情報や人が多く、移住しやすい地域とも言えます。
そんな「SMOUTネット関係人口スコア」の東日本・西日本の各トップは10ヶ月連続で、いずれも人口約3000人の小さな町、北海道下川町と宮崎県椎葉村となっています(2019年10月10日現在)。


東日本の1位はSMOUTを通じて400人以上もの移住希望者と繋がった、北海道下川町
森林面積がまちの90%という下川町。冬はマイナス30度にもなる地域ですが、「持続可能なまちSDGs未来都市」を掲げ、北海道で初の木質バイオマスボイラーを導入。人口3,295人ながら(2019年10月1日現在)、SMOUTを通じて400人以上の移住希望者と繋がり、ネット関係人口スコアにおいて1位を獲得しました。現地視察ツアーや飲み会を東京開催するなど積極的に移住を考えるきっかけをつくりました。


西日本の1位は日本の原風景と伝統文化を継承する秘境中の秘境、宮崎県椎葉村
椎葉村は、九州中央山地の中央に位置する人口約2,600人(2019年6月1日現在)の小さい村です。平地が極端に少ない環境を活かした焼畑農業や夜神楽といった伝統文化を今でも継承、維持しています。日本三大秘境と称される不便な地域だからこそ残ってきた、人と人の繋がりや神様への感謝、自然の力を活かす暮らしが、都市部には無いものとして注目を集めています。興味を持ってくれる人たちと繋がりたいというSMOUTでの情報発信と活発なコミュニケーションが、決して有名ではないこの村を西日本の1位という地位に押し上げています。


東日本と西日本の1位が、大喜利形式で地域の魅力自慢対決
そんな東の下川町と西の椎葉村がちょうど真ん中の東京に集結し、「SMOUT大喜利」と題して、自慢対決をします。お題は「下川、椎葉の魅力自慢」。司会者からのお題に画用紙を使って答える形で両者のキーパーソンたちが魅力を自慢し合います。また当日は、参加者からもお題をいただき、面白かった回答には司会者がさらに深堀りし、ここでしか聞けない魅力を引き出していきます。
「SMOUT大喜利」は10月30日(土)に東京にて開催。

参加者希望者は以下のフォームからお申込みください。
https://peatix.com/event/1343289/view


イベント詳細
開催日程: 2019年10月30日 19時開場 19時30分スタート 22時30分終了
費用: 1000円(軽食+ワンドリンク付き。軽食には特産品を使ったメニューもご用意)
定員: 50 人
場所: Nagatacho GRiD 1F 家庭料理カフェのtiny peace kitchen
https://grid.tokyo.jp/access/
スケジュール:
(コンテンツ、時間は変更になる可能性があります)
19:00 開場
19:30 SMOUT大喜利 〜下川、椎葉の魅力自慢〜
20:20 下川&椎葉 LIVE中継
21:00 交流会/特産品を大放出!「スナックSMOUT」がこの日限りの登場!
22:30 終了

参加申し込みはこちら
https://peatix.com/event/1343289/view

【SMOUT概要】
サービス名称:SMOUT(スマウト)
URL:https://smout.jp
運営:カヤックLiving
内容:地域に行きたい人と地域で活動する人とをマッチングする移住スカウトサービス。登録しておくと、活躍できる地域やライフスタイルに合う地域から声がかかります。地域のシティプロモーションの場としても活用することができます。

【カヤックLivingについて】
「暮らしをつくろう」をビジョンとし、インターネット事業を展開する面白法人カヤックの子会社。2018年6月には移住スカウトサービス「SMOUT」を開始。暮らしの選択肢のひとつとして、地域に関わる暮らしを提案しています。SMOUTでは、いま話題の地域や移住促進に積極的な地域が参加し、自分たちの地域が求める人や地域の活動をプロジェクトとして掲載し、相性の良さそうな人材をスカウトすることができます。地域に関わりたい人、地域の仕事を探している人は、SMOUTにプロフィールを登録しておくと、マッチする情報やスカウトが届くサービスです。2019年8月19日現在、日本国内 192市区町村、海外5都市が参加、募集プロジェクトの数は500を超えています。

【カヤックLiving概要】
会社名:株式会社カヤックLiving
所在地:神奈川県鎌倉市御成町11番8号
代表取締役:松原佳代、中島みき、土屋有
設立:2017年9月1日
事業内容:Webを活用した住まいと地域に関する面白クリエイティブ事業
サービス:SuMiKa https://sumika.me 、SMOUT https://smout.jp
URL:https://www.kayac-living.com


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カヤックLiving >
  3. 移住しやすい地域1位は人口約3000人の小さな町!「SMOUTネット関係人口スコア」東日本1位の下川町と西日本の1位の椎葉村が、東京で大喜利形式のイベントを実施します