「健康経営優良法人 大規模法人部門(ホワイト500)」に4年連続で認定されました

DIC株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:猪野薫)およびDICグラフィックス株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:甲斐敏幸)は、健康経営に積極的に取り組んでいる企業として経済産業省と日本健康会議*が共同で顕彰する「健康経営優良法人2021 大規模法人部門(ホワイト500)」に認定されました。当社グループは今回で4年連続の認定になります。

当社グループは、“誰もが働きやすい職場は生産性を向上させる”という考えのもと、すべての社員が多様なライフスタイルを選択し、いきいきと健康的に働くことができる会社を目指し環境整備を進めています。今回の認定は、健康経営の全4側面(経営理念・方針、組織体制、制度・施策実行、評価・改善)が業種平均を大きく上回り、高い評価を獲得しました。具体的な取り組みのポイントは以下の通りです。


【主な組み】
1.メンタルヘルス産業医によるメンタルヘルスケアの強化
コロナ禍でのワークスタイルの変化に伴うストレスへの対処方法について、メンタルヘルス産業医が全社員向け
に定期的に情報を配信、メンタルヘルスのセルフケア研修をオンラインにて開催。

女性特有の健康課題に対する組み推進
女性社員がいきいきと働くことのできる職場づくりの支援として、産業保健師による女性の健康管理セミナー
の開催。

管理栄養士による食育を通じ健康意識向上への取り組みの推進
社員食堂における健康メニュー提供のほか、在宅勤務においても栄養バランスの良い食事を意識して摂るための
動機付け支援として、管理栄養士による若年層社員を対象とした食生活改善セミナーをオンラインにて開催。


DICグループは、今後も社員一人ひとりがいきいきと健康的に働くことのできる会社を目指し、「健康経営」に関わる様々な側面で戦略的な環境整備に努めていきます。


*「日本健康会議」とは、少子高齢化が急速に進展する日本において、国民一人ひとりの健康寿命延伸と適正な
医療について、民間組織が連携し行政の全面的な支援のもと実効的な活動を行うために組織された活動体。
 
  • 健康経営優良法人制度とは
健康経営に取り組む優良法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標とする制度です。
 
  • 関連ニュースリリース
 ■「健康経営優良法人 大規模法人部門(ホワイト500)」に3年連続で認定されました(2020年3月)
  https://www.dic-global.com/ja/news/2020/csr/20200309113111.html
 
  • DIC株式会社について
DICは印刷インキ、有機顔料、PPSコンパウンドで世界トップシェアの化学メーカーです。1908年、印刷インキの製造と販売で創業し、その基礎素材である有機顔料、合成樹脂をベースとして、自動車、家電、食品、住宅などの様々な分野に事業を拡大。現在、世界の60を超える国と地域にグローバルに事業を展開しています。


社  名 :DIC株式会社(DIC Corporation)
代 表 者:代表取締役 社長執行役員 猪野 薫
所 在 地:〒103-8233 東京都中央区日本橋 3-7-20 ディーアイシービル
設  立 :1908年2月
URL   :https://www.dic-global.com/

<ご参考>
プレスリリースPDFデータ:https://prtimes.jp/a/?f=d56781-20210316-8885.pdf

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DIC株式会社 >
  3. 「健康経営優良法人 大規模法人部門(ホワイト500)」に4年連続で認定されました