人工知能がTwitterなどの口コミ拡散を自動検知「AIアナリスト」が新機能リリース

株式会社WACUL(読み方:ワカル)は、Webサイトを分析する人工知能「AIアナリスト」の新機能を8月22日(月)リリースしました。
本機能は、twitterやブログ、ニュースサイトなどで、自社サービスと関連するキーワードやURLが掲載された場合に、人工知能が自動で報告するものです。
 


「サービスに関して、どのような口コミがあるか」「プレスリリースがどれほど拡散したか」 を人間が集計する手間なく、すぐに把握できるので、マーケティング担当者だけでなく、広報担当者にとっても便利な機能です。また、他媒体に掲載された結果、自社サイトの実績にどう影響したか紐づけできるので、日々の効果検証が容易になります。
人工知能「AIアナリスト」は、下記URLより無料で利用登録できます。

https://wacul-ai.com/

-------------------------------------
株式会社WACUL(ワカル)
【所在地】 東京都文京区本郷3-40-10 2F
【URL】 http://wacul.co.jp/ 【設立年月】 2010年9月
【代表者】 代表取締役 大津裕史
京都大学卒業後、株式会社ビービットに入社。ユーザビリティコンサルタントとしてwebサイト評価、サイト制作プロジェクトに多数参画。2010年に株式会社waculを設立し、代表取締役に就任
------------------------------------
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WACUL >
  3. 人工知能がTwitterなどの口コミ拡散を自動検知「AIアナリスト」が新機能リリース