デカフェ飲料市場2025年に130億円規模に

MDB Digital Search 有望市場予測レポートシリーズにて調査

株式会社日本能率協会総合研究所(略称:JMAR 本社:東京都港区、代表取締役:譲原正昭)が提供するMDB Digital Searchではデカフェ飲料市場を調査し市場規模を推計いたしました。
【URL】 http://search01.jmar.co.jp/mdbds/
                 PETボトル入りデカフェ飲料 市場規模・予測

                        ※コーヒー、緑茶、紅茶のPETボトル入り飲料を対象とする

デカフェ飲料市場概況
・2025年度のPETボトル入りデカフェ飲料市場は約130億円となる見込み。
・デカフェは、茶やコーヒーなどのように本来カフェインを含む飲料から、カフェインを除去したものである。
・デカフェ市場は妊娠中や授乳中の女性からの需要を基盤に成長。
・近年は質の良い睡眠をとる目的など、カフェインの摂取量をコントロールする新たな需要が広がる。
・カフェイン除去技術の進展や焙煎・抽出の工夫などにより風味が向上し、味覚の面からも訴求を強める。

 デカフェとは、茶やコーヒーなどのように本来カフェインを含む飲料から、カフェインを除去したものです。本調査ではコーヒー、緑茶、紅茶のPETボトル入りデカフェ飲料を対象としました。

 カフェインは覚醒作用や利尿作用などがあり、人によっては摂取量や体質により頭痛や胃痛、不眠などの症状を引き起こすことがあるほか、体内で鉄分やミネラルの吸収を妨げる作用を持つことも知られています。また妊婦については、高濃度のカフェインを摂取することで胎児の成長が阻害される可能性が示唆されており、世界保健機関(WHO)は妊婦のコーヒー飲用は一日に3~4カップにとどめるべきと勧告しています。

 健康志向の高い欧米ではデカフェは広く普及しており、日本にも1980年代からカフェインを取り除いたコーヒー豆が輸入されています。国内では2011年にデカフェのボトル缶コーヒー飲料が販売開始され、その後、2015年前後から飲料メーカー各社がPETボトルのデカフェ飲料を相次いで上市しています。当初、デカフェ飲料は通常のカフェインを含む飲料と比べて味や香りの面で劣るというイメージが強く、デカフェ飲料の普及の障壁となっていましたが、カフェイン除去技術の進展や焙煎・抽出の工夫などにより風味が向上し、メーカーは健康面だけでなく味覚の面からも訴求を強めています。

デカフェ市場は妊娠中や授乳中でもコーヒーや茶を楽しみたい女性からの需要が市場の基盤となっています。カフェインを摂取する機会を減らして一日の総摂取量をコントロールしたいというニーズや、質の良い睡眠をとるために夕方以降はカフェイン量の少ない飲料を飲みたいというニーズなど、新たな需要が広がっており、市場は今後も拡大傾向で推移する見込みとなっています。

 本調査では、コーヒー、緑茶、紅茶のPETボトル入りデカフェ飲料の市場規模を推計いたしました。

 本調査結果の詳細は、JMARが提供するリサーチプラットフォームMDB Digital Search
http://search01.jmar.co.jp/mdbds/)に同レポートを収録し、ご提供しております。

レポートの構成
1. 調査対象市場定義 2. 主要参入企業一覧 3. 市場規模・予測 4. 価格動向 
5. マーケットシェア/主要参入企業動向 6. 業界構造・ビジネスモデル 7. ユーザー動向  計6ページ
MDB Digital Searchでは、「有望市場予測レポート」シリーズとして、各種の新サービス・注目製品の市場規模を推計しています。

【会社概要】
会社名: 株式会社 日本能率協会総合研究所
所在地: 〒105-0011 東京都港区芝公園3-1-22日本能率協会ビル5階
代表者: 譲原 正昭
設立:  1984年4月
URL:  http://www.jmar.co.jp/
事業内容: 官公庁の政策立案・計画立案のための調査研究事業と、民間企業のマーケティング、コンサルティングを行う調査研究事業、および、会員制のビジネス情報提供サービス事業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 日本能率協会総合研究所 >
  3. デカフェ飲料市場2025年に130億円規模に