10代~30代男性の約6割が専業主夫になりたいと回答【専業主夫願望に関するアンケート】

株式会社SheepDog(東京都品川区、代表取締役:蛯原裕介)が運営する、ITツール比較サイト・STRATE[ストラテ]は、2021年7月に『(10代〜30代の男性向け)専業主夫願望に関するアンケート』を行いました。
本アンケートの詳細データはこちら:(https://strate.biz/news/househusband/)
[調査概要]
対象者:全国の15歳~39歳の男性
サンプル数:450人
居住地:宮城県,東京都,愛知県,大阪府,福岡県
調査方法:ネットリサーチ
アンケート実施日:2021年7月13日
調査メディア: STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/

【質問: 結婚後(既婚の方は将来的に)、専業主夫になりたいですか?】

結婚後(既婚の方は将来的に)、専業主夫になりたいかというアンケートに対して最も多かった回答は、「相手や経済事情が許すならなりたい」で49.56%でした。

「絶対なりたい」と回答した方が9.78%だったので、専業主夫になりたいと思っている男性が約6割もいることがわかります。

[将来的に専業主夫になりたいと思っている割合が最も高いのは30代男性で62.66%]

「専業専業主夫に絶対なりたい」、「相手や経済事情が許すならなりたいと」回答した方を年代別に見ると30代の方が最も多く62.66%という結果でした。

働き盛りと言われる30代ですが、その分仕事における疲れやストレスも多く、専業主夫になりたいと考える人が増えていると推察されます。

[未婚男性よりも既婚男性の方が専業主夫願望が高い]

専業主夫になりたいと回答した方の中で未婚者は56.48%、既婚者が68.93%と既婚者の方が専業主夫願望が高いことがわかりました。

実際にパートナーがいる方が、相手の収入や実際にかかる生活費など具体的な金額が想像しやすいため、既婚者の方が高くなったと推察されます。

[主要都市の中で、専業主夫願望が高いのは福岡県で67.14%]

専業主夫になりたいと回答した方を地域別に見ると、最も高かったのは福岡県で67.14%でした。
次いで多かったのが愛知県で59.34%、最も少なかったのは大阪府で54.80%という結果になりました。

いずれの都道府県でも50%を超えており、専業主夫になりたいと思っている男性が全国的に多いことがわかります。

[アンケート全体についてのサマリー]
「【10代〜30代の男性向けアンケート】専業主夫に関するアンケート」についてをまとめました。

雇用機会均等法が成立し、男女関係なく働きぶりに応じた収入が得られるようになった時代においては、専業主夫になる選択肢もスタンダードになりつつあることが今回のアンケートから推察されました。

記事・グラフ・データ引用の際は、必ず右記のリンクを出典元としてご記載お願いします:https://strate.biz/news/househusband/

ITツール・Webサービス比較サイト| STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/
製品の資料掲載ご希望の方はこちら:https://strate.biz/lead/lp02/
株式会社SheepDog:https://sheepdog.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SheepDog >
  3. 10代~30代男性の約6割が専業主夫になりたいと回答【専業主夫願望に関するアンケート】