まあるいトリが、社畜文化に物申す! 話題の4コマ漫画が書籍化

SNSフォロワー20万人超えの人気4コマ漫画『会社員でぶどり』好評発売中!

株式会社産業編集センターは、2019 年3 月13 日に『会社員でぶどり 』(橋本ナオキ/著)を刊行いたしました。2018年にInstagramで投稿を始め、開始1年でフォロワー14万人を達成。現在もその数を増やし続けている、爆発的人気の4コマ漫画「毎日でぶどり」が書籍になりました。全国の書店で好評発売中です。

『会社員でぶどり』好評発売中!『会社員でぶどり』好評発売中!

『会社員でぶどり』は、イラストレーターの橋本ナオキさんがInstagramに連載している4コマ漫画「毎日でぶどり」を書籍化したものです。
 
  • 「できることなら働かずに寝ていたい。お金のほうから勝手に降ってきてほしい。」

と愚痴りながらも、ブラック企業で従順に働き続けるニワトリ会社員・でぶどりの社畜な日常を描いています。
 

「疑問慣れ」「疑問慣れ」


主人公のでぶどり は、周りの意見に流されやすく、他人の目を気にしてばかり。平日は毎日残業で、たまの休みはゲームアプリに課金。名ばかりの「働き方改革」に文句を言いながら、に行動も起こさない。
まさに「社畜」ですが、どうにも憎めないのは、彼の姿に自分を重ねてしまうからでしょうか…。
 

「時間とお金があったら」「時間とお金があったら」


物語を彩るのは、まんまるで個性豊かな会社の仲間たち。有能すぎる後輩・ひよの鋭い正論がグサグサと刺さります。
 

「食べるために働く社畜」「食べるために働く社畜」

「残業自慢へ一言」「残業自慢へ一言」

 

他にも、残業こそが真の労働と信じてやまない上司「ハゲタカ部長」、ゆとり世代と呼ばれたくない新人「まるどり」など、「あ〜、こういう人、うちの会社にもいる!」と思ってしまう(!?)魅力的なキャラクターが多数登場します。

「月曜つらい」「会社行きたくない」とつぶやく会社員たちの背中を押してくれる1冊。ぜひお楽しみください。

 

 

『会社員でぶどり』好評発売中!『会社員でぶどり』好評発売中!


書名:『会社員でぶどり』
著者:橋本ナオキ(Naoki Hashimoto)
発売:2019年3月13日
定価:本体1,100円+税
※電子書籍版は4月以降の発売を予定しています。







 

著者の橋本ナオキさん著者の橋本ナオキさん

著者:橋本ナオキ(Naoki Hashimoto)
フリーランスのイラストレーター/漫画家。1992年大阪生まれ。2015年に関西学院大学を卒業後、東京のIT企業でシステムエンジニアとして勤務するが1年半で退職。実務経験はなかったものの、若いうちにやりたいことに挑戦するため、イラストレーター/漫画家として活動を開始する。
当たり前だと思っていたことを疑い、自分の頭で考える大切さを伝えるため2018年に「毎日でぶどり」の投稿を開始し、1年でフォロワー数14万人を突破。2019年現在はInstagram、Twitter、noteで毎日投稿を継続しながら、4コマ漫画制作やSNS運営・記事作成などの仕事に携わっている。

Instagram→ https://www.instagram.com/everyday_debudori/
Twitter→ https://twitter.com/debu_dori
公式サイト→ https://www.abhachi.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社産業編集センター >
  3. まあるいトリが、社畜文化に物申す! 話題の4コマ漫画が書籍化