AIチャットボット『Cogmo Attend』、ビジネスチャット『WowTalk(ワウトーク)』と機能連携を開始

AIチャットボットをいつものビジネスチャットにメンバー登録できるから、利用しやすく社内の業務効率化も促進

株式会社アイアクト(本社:東京都中央区、URL:https://www.iact.co.jp/、以下アイアクト)は、AIチャットボット『Cogmo Attend(コグモ・アテンド)』において、ワウテック株式会社(本社:東京都中央区、URL:https://www.wowtech.co.jp/、以下ワウテック)の提供するビジネスチャット・社内SNS『WowTalk(ワウトーク)』と連携するサービスを開始いたしました。
AIチャットボット『Cogmo Attend(コグモ・アテンド)』は、WowTalkの1ユーザとして応答することが可能です。社内のよくある質問に対して、別システム・別画面を立ち上げる必要がなく、通常利用するコミュニケーションツールからの問合せ、即回答を得られるので、社内利用を促す利点があります。総務や人事、専門部門について、それぞれのチャットボットを作成・メンバー登録することができるので、社内問合せの応答として幅広くご利用いただけます。

<WowTalkの1ユーザとして会話が可能>


『Cogmo Attend』は、企業の導入しやすい価格体系でAIチャットボットのサービスをご提供、社内でも、社外からでも、手軽にAIチャットボットをご利用いただけます。
導入後のチャットボット会話のメンテナンスに関しても、運用のきめ細かいサポートをおこなっておりますので、別途ご提供のCogmoサポートをお使いいただくことで、システム部門の方だけではなく、業務部門の方でも簡単にメンテナンス運用をおこなえます。
また、APIによるシステム連携が可能なことで、チャットボットから応答を返すだけではなく、外部システム処理への依頼を受け取って、チャットボット上で処理を動作させることができます。これにより、問合せ対応業務の省力化と、これまで人が介して行っていた業務フローの一部を自動化、業務の効率化をすすめます。

 アイアクトは、今後もCogmo製品シリーズを充実させることで、企業のAI利活用の促進、生産性の向上などに貢献して参ります。

-----------------------------------------------

■『WowTalk(ワウトーク)』について

企業の社員間でチャットや無料通話、社内SNSなどの機能を持った、利用者数5,000社超を誇る企業内チャットツールです。セキュリティ対策も万全の社内情報共有のツールとして様々なメリットを提供し、グループチャットによる社内コミュニケーション活性化を実現します。

WowTalk Webサイト:https://www.wowtalk.jp/

-----------------------------------------------

■『Cogmo Attend(コグモ・アテンド)』について

人の話す言葉(自然言語)を理解し、一問一答型の質問に回答するだけでなく、複雑な分岐条件のある質問にも回答ができる対話型のチャットボット。標準のインターフェース(Web)のほかLINEやSkypeなどのアプリ連動も可能。他システムとの連携がスムーズな『Cogmo Attend』はAI時代のチャットボットです。

Cogmo Attend Webサイト:https://www.iact.co.jp/products/cogmo_attend.html

-----------------------------------------------

■株式会社アイアクトについて

Digital Communication と Engineering で新しい価値体験を提供し続ける。をテーマに、顧客課題やニーズに応えた提案・コンサルティングと確かなプロジェクトマネジメントが強みです。大規模Webサイトの構築・運営、人工知能・コグニティブソリューションでのチャットボット開発等の提供、IoTシステム開発を手がけています。

アイアクト Webサイト:https://www.iact.co.jp/-----------------------------------------------
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイアクト >
  3. AIチャットボット『Cogmo Attend』、ビジネスチャット『WowTalk(ワウトーク)』と機能連携を開始