全国初!広域自治体×キャンピングカー活用「周遊型ワーケーション」推進連携協定を締結

~ 西九州させぼ広域都市圏(長崎県10市町・佐賀県2市町)における新しい旅のルート・滞在コンテンツの造成 ~

 トラストパーク株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役:山川 修)は、2021年6月29日に長崎県佐世保市(市長:朝長 則男)と「西九州させぼ広域都市圏周遊型ワーケーション推進連携協定」を締結しました。
 本協定の締結により将来の移住につながる可能性を有する関係人口の創出・拡大を図るために「周遊型ワーケーション」の受入基盤の整備を進める支援として、新しい旅のカタチや周遊コースの提案と、2020年から九州周遊観光活性化コンソーシアムとして推進中のキャンピングカーを活用した周遊型観光・ワーケーション『九州バケワーク』と連動させ、西九州エリアの情報発信を強化し、福岡を起点とした車泊(くるまはく)ユーザー等にワーケーション利用を推進してまいります。
(九州バケワークとは?https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000028008.html

代表者記念撮影 手交式:(左から)佐世保市長 朝長 則男氏、トラストパーク株式会社 代表取締役 山川 修 ※撮影時のみマスクを外しました。代表者記念撮影 手交式:(左から)佐世保市長 朝長 則男氏、トラストパーク株式会社 代表取締役 山川 修 ※撮影時のみマスクを外しました。

全員での記念撮影全員での記念撮影

  • これまでの取り組み
 トラストパークは「地域社会の幸福」を理念に掲げ「駐車場が人と街をつなぐ」をコンセプトとして、車社会と地域社会を繋ぐまちづくり、地域コミュニティとの連携、地域との協働による賑わいづくりによる地域の活性化に取り組んでいます。

 佐世保市においては、佐世保駅・佐世保港に隣接した大型商業施設「させぼ五番街」の駐車場運営管理をきっかけにWEBサイト「トラストナビ」に佐世保まちなか商店街のお店と商店街の提携駐車場などを掲載。SASEBOまち元気協議会の下部組織「SASEBOまち元気向上委員会」にて、SASEBOまちなかウォーキングスタンプラリーを企画推進し、2015年~2019年の5年間、商店街・地元大学などと協働による協賛型イベントを開催してきました。

 安心・安全・快適な駐車場サービスの提供を目指し、地域コミュニティと連携協力しながら、マチの課題を「マチの価値」に変える取り組みとして、ICTコンテンツの開発から、市街地の賑わいづくりに向けた提案やイベントの企画・実行支援を行わせて頂いています。
 
  • 新しい旅のカタチ「車泊(くるまはく)」の実証実験
 九州周遊観光活性化コンソーシアム(代表機関:トラストパーク株式会社)は、2021年8月から九州各地の不稼動時間帯のスペース等にキャンピングカーを設置し「車泊(くるまはく)」体験モニターを募集。自然との触れ合いや地域ならではの体験、密のない開放的な空間・プライベートな空間で過ごすコト消費データ等を収集・分析し、With/Afterコロナ時代における滞在コンテンツの造成を図っています。

 佐世保市においても2020年11月~商店街沿いの公園スペースをシェアリング活用し、キャンピングカー泊によるナイトタイムエコノミーの実証実験を行いました。キャンピングカーによる滞在消費などの検証結果を踏まえて、地域の強み“観光”を活かした周遊型観光・ワーケーションの提案と、西九州に来て見て・現場体験により現物認識を図る新たな旅のカタチ「車泊」コンテンツを提案しました。

  • 移住・ワーケーションに関するアンケート調査データ
 全国的にも転出数が多く、車でしか行けない地域、離島が多い長崎県。Webサイト「トラストナビ」で全国を対象としてアンケート調査を行ったところ“移住を考えている人”は7%で20代・30代が最も多い結果となった。2拠点や他拠点生活やワーケーションの興味がある人は全体の56%となった。
 

 コロナの影響で2拠点生活など多拠点生活を考えている人が増えている中、現在住んでいる地域と別の場所で生活するとした時の移住地としては“九州”が最も人気が高く、西九州させぼ広域都市圏(12市町)の認知度はハウステンボスのある“佐世保市”の認知度は最も高い結果となった。西九州を訪れる目的は観光が87%、仕事が4%、ワーケション+多拠点生活+移住の合計は8%となった。
 

  • 周遊型ワーケーションの推進
 キャッシュレス・無人運用が可能な電源供給型の休憩駐車管理システム「RVパークsmart」を導入し、福岡~佐賀~長崎の3県を跨ぐ「西九州周遊型観光・ワーケーション」ルート開発及び利用を促進しています。

 福岡を起点とする車泊ユーザーを佐賀県・長崎県からなる『西九州させぼ広域都市圏』への送客を強化するとともに、佐世保市・観光事業者等と連携協力しながら交流・関係人口、滞在時間・消費を促進するコンテンツを創造していきます。

  • トラストグループ推進体制
□トラストパーク株式会社
http://www.trustpark.co.jp/
・九州バケワーク http://tpnavi.com/business/vacawork/

□株式会社RVトラスト
https://rvtrust.com/
・レンタルキャンピングカー https://cantal.jp/
・車泊(くるまはく) https://rvparksmart.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トラストパーク株式会社 >
  3. 全国初!広域自治体×キャンピングカー活用「周遊型ワーケーション」推進連携協定を締結