木望の森100年プロジェクトの池田町で新しい「木製リバーシ」開発中!

福井県の木活木育推進施設「ウッドラボいけだ」と、広島県のデザイン事務所「CENSA.inc」が協同し、今までにないリバーシの開発に取り組んでいます。6月末まで、来場者の意見や手を借りながら、オープンなプロダクトデザインを行っていく予定です。
・モノづくり×デザインのプロが協同
福井県池田町は、面積の9割以上を森林が占めることから、木活・木育を推進する施設が多くあります。
その中の一つ「ウッドラボいけだ」と、広島県にあるデザイン事務所「CENSA.inc(千差株式会社)」が
協同して、池田町産材を活用した新商品の開発を行っています。

 

 

 

木工商品の開発や製造の他、一般の方の木工体験の受入も行っている「ウッドラボいけだ」木工商品の開発や製造の他、一般の方の木工体験の受入も行っている「ウッドラボいけだ」


・自然をイメージしたお洒落なデザイン
その名も「リバー・シー・グラウンド」。
誰もが遊べる「リバーシ」をベースに、三角形の駒を用いて、挟み方も縦横二方向から三方向になっている新しいボードゲームで、大地、川、海、山などの自然もイメージしてデザインされています。

開発中の「リバー・シー・グラウンド」。三角錐の立体的な駒もある。開発中の「リバー・シー・グラウンド」。三角錐の立体的な駒もある。


・細かい材質やルールはこれから!
三角形という駒の形とボードの形は決まりましたが、木材の材質や、細かいルールなどはまだ決まっていません。
2021年5月2日より6月末まで、「ウッドラボいけだ」にご来場された方に実際に遊んでもらい、その意見も参考に開発を行っていきます。 
県内のカフェや保育園などにも「リバーシ」を貸し出し、遊び方などについての意見をノートに記入いただきます。
「リバーシ」を貸し出してほしいという施設は「ウッドラボいけだ」にお問い合わせください。

「版や駒の材質、遊び方などまだまだ検討中」と語るウッドラボいけだ・小林さん「版や駒の材質、遊び方などまだまだ検討中」と語るウッドラボいけだ・小林さん


・大きなリバーシ作りも進行中
また、商品とは別に、3mの大きなリバーシ遊具をつくる計画も進行中です。
1辺約27センチの駒を6月中に54枚、揃えていきます。
「ウッドラボいけだ」で駒づくりワークショップ(1駒500円)を行っておりますので、お声がけください。

三角形の駒を切り出した後は、電熱ペンでイラストなどが描ける三角形の駒を切り出した後は、電熱ペンでイラストなどが描ける


お問い合わせ
ウッドラボいけだ
福井県今立郡池田町池田9-6-1
電話:0778-44-6270
営業時間:9:00~17:00
定休日:水曜日
HP:https://ikeda-kibou100.jp/project/woodlabo/

参考URL(CENSA.inc)
https://censa.jp/c/riverseaground/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 池田町役場 >
  3. 木望の森100年プロジェクトの池田町で新しい「木製リバーシ」開発中!