神奈川県内中小企業のDX、業務効率化に貢献。ミナルキとPeaceful MorningがRPA事業で事業提携。

中小企業向けバックオフィス改善・RPA導入コンサルティングを展開する株式会社ミナルキ(神奈川県藤沢市、代表取締役:片岡 美紀)と、オンラインに特化したRPAサポートサービス「Robo Runner(ロボランナー)」を提供するPeaceful Morning株式会社(神奈川県横浜市、代表取締役:藤澤 専之介)はRPAビジネスにおいて事業提携したことをお知らせいたします。


◆事業提携の内容
ミナルキは、バックオフィスの課題をITで改善するアドバイザリーとして、主に神奈川県内の中小企業に特化し、バックオフィス改善・RPA導入コンサルティングを展開しています。 業務プロセスの改善、業務自動化、補助金、助成金の活用等、中小企業様のシステム担当として、IT戦略や社内の業務効率化を支援しております。

Peaceful Morningは、RPAエンジニアのプラットフォーム事業を展開し、現在RPAエンジニアの登録数は400人超を誇ります。また、2020年5月にサービスを開始した、オンラインのWebミーティング、チャットを通じてRPA導入企業担当者の開発・保守をサポートする「Robo Runner」を提供しています。地元の神奈川県横浜市においては、中小企業向けへのRPAの普及のため、自主開催セミナーを重ねてまいりました。

この度、ミナルキが「Robo Runner」の販売パートナーとなる提携を行いました。業務ヒアリングからRPA導入コンサルティングをミナルキが、導入後の研修や運用段階での開発・保守サポートをPeaceful Morningが担うことで、中小企業のRPA導入に一気通貫で対応することが可能となります。両社がタッグを組むことで、神奈川県内の中小企業の業務改善に貢献して参ります。

◆Robo Runnerとは https://www.robo-runner.com/


キーマンズネットのRPAの導入状況(2019年)調査によると、RPAトライアル時にどのような障壁があったかについて、「RPAロボットの開発スキルを持った人がいない」という回答が全体の61.1%ともっとも多くなっています(*1)。
ニューノーマル時代において自動化の重要性が高まる中で、RPAの活用が首都圏だけでなく日本全国に拡がっています。今後、日本全国でRPAによる自動化を進めていくためには、「RPAの開発スキル」が障壁になる可能性が高く、開発スキルをアップさせる取り組みが重要となってきます。
Robo Runnerでは2,000体以上のロボット開発実績を誇るRobo RunnerサポーターがRPAの開発・保守をオンラインでサポートします。月額50,000円からのリーズナブルな価格でチャット、Webミーティングを通じた完全オンラインでの伴走支援を行うことで、日本全国のRPA導入企業のサポートをしてまいります。

*1:キーマンズネット RPAの導入状況(2019年)

◆共催Webセミナーのお知らせ
今回、事業提携にあたり、ミナルキ、Peaceful Morning共催でWebセミナーを開催いたします。


<開催概要>
日時:
  • 2020年9月3日(木)16:00~17:00
テーマ:
  • 「経営者の為のIT改革 はじめの一歩 ~DX、RPA、ローコード 伸びる企業の経営者は、分からないでは済まされない~」
対象:
以下のことにお悩みの経営者様、業務改革推進ご担当者様
  • ITよる改革を考えているが、何から初めて良いか分からない。
  • RPA、DX、ローコード、スクラッチなど、言葉は聞くけど意味が分からない。
  • 話題のRPAを導入してみたが、活用出来ていない。
プログラム:
  • オフィス内の面倒な作業を把握できていますか?
  • まず意味を知りたい。DX(デジタルトランスフォーメーション)、RPA、ローコード開発
  • 事例紹介
  • 質疑応答
  • ミナルキ ITアドバイザリーとは
  • RPAオンラインサポート「Robo Runner」とは

※当日はWebセミナーのため、zoomを使って行います。

<参加申し込み方法>
下記の参加申し込みフォームよりご応募ください。
https://rpa.minaruki.com/archives/257/2020/08/

◆RPAとは?
RPA(Robotic Process Automation)とは、これまでPC上で人の手によって行っていた定型作業を自動化するテクノロジーです。日本国内においては、慢性的な人手不足、官民を挙げて進められている働き方改革等により、RPAを導入する企業が急速に増えています。日本国内のRPA市場は2018年度に前年2.4倍の444億円となり、2021年度には1300億円に達すると見込まれています(*2)。
RPAの需要が高まる中で、RPAを導入する企業、RPA開発導入支援を行う企業でのRPAエンジニアに対する不足感が高まっています。
*2:株式会社 ミック経済研究所 AI連携(AI OCR、音声認識等)で高度化するRPAソリューションの市場動向 2018年度版

◆株式会社ミナルキについて https://rpa.minaruki.com/
ミナルキは、『面倒なPC作業はデジタルレイバーに!人にしかできない仕事に力を尽くせる環境の創造」をミッションに、業務自動化を支援しております。

◆Peaceful Morning株式会社について https://peaceful-morning.com/
Peaceful Morningは、『我慢しないで働ける社会を創る』というミッションのもと、業務自動化テクノロジーを通じて、我慢せず⾃由にクリエイティブな仕事ができる社会の実現を⽬指しています。

2018年の創業からRPAによる業務の自動化を促進すべくRPA保守サポートサービス「Robo Runner」、自動化メディア「RPA HACK」、RPAエンジニアの就業支援「RPA HACKフリーランス」等様々な事業を行っております。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Peaceful Morning株式会社 >
  3. 神奈川県内中小企業のDX、業務効率化に貢献。ミナルキとPeaceful MorningがRPA事業で事業提携。