2017年産ボージョレ地区の新酒ワイン11月16日解禁 白鶴「ドメーヌ・ド・ラ・プラス ボージョレ・ヌーヴォー 2017 750ml」発売~7月上旬から全国にて受注開始~

 白鶴酒造株式会社(本社:神戸市、社長:嘉納健二、資本金:4億9,500万円)は、「ドメーヌ・ド・ラ・プラス ボージョレ・ヌーヴォー 2017 750ml」の受注を7月上旬から全国で開始し、11月16日(木)から発売します。ボージョレ・ヌーヴォーは、フランス・ボージョレ地区でその年に収穫したぶどうを醸造した新酒のワインです。毎年11月の第3木曜日に解禁となり、“旬を味わう、旬のワイン”として、ワイン愛好者をはじめ広く親しまれています。
 「ドメーヌ・ド・ラ・プラス」は、1世代前から減農薬農法を採用しており、平均樹齢40年のぶどうからフルーティーで華やかな味わいのワインを生産しています。ラベルにはシリアルナンバーがついており、世界でただ1つのボトルをお届けします。

 

 


 商品の概要は下記のとおりです。

 


商品名    :ドメーヌ・ド・ラ・プラス ボージョレ・ヌーヴォー 2017
容量     :750ml
アルコール分 :12.5%
タイプ・風味 :赤・ライトボディ
参考小売価格 :2,800円(税別)
荷姿     :6本入段ボール

*上記価格は1 本あたりの価格で、消費税は含まれておりません。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 白鶴酒造株式会社 >
  3. 2017年産ボージョレ地区の新酒ワイン11月16日解禁 白鶴「ドメーヌ・ド・ラ・プラス ボージョレ・ヌーヴォー 2017 750ml」発売~7月上旬から全国にて受注開始~