国内最大手のコンタクトレンズメーカー「株式会社メニコン」の「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」の導入事例を発表

知識と技術で⾔語サービスの課題解決をサポートする株式会社川村インターナショナル(本社:東京都 新宿区、代表取締役:森⼝功造)は、2021年10月25日(月)に株式会社 メニコン(本社:愛知県名古屋市 代表執行役社長:田中英成)における国産自動翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」の導入事例を公開しました。
株式会社メニコンは国内初の角膜コンタクトレンズを実用化して以来、コンタクトレンズのパイオニアとして業界をリードし、2021年で創業70周年を迎えました。

現在、同社の主力商品であるコンタクトレンズは、国内のみならず海外現地法人を拠点として、全世界80か国以上で流通・販売されています。そのため、現地当局から製品販売の許認可を得る薬務部 海外薬務チーム様では、許認可申請に関する様々な書類の翻訳をいかに迅速に処理するかが課題でした。現地の薬事法を日本語に翻訳、販売許可申請の書類を現地語で作成するなど、多岐にわたる大量の文書を翻訳する必要があり、対応すべき言語は35か国語にものぼります。

以前は他社の機械翻訳エンジンを使用していましたが、翻訳できる文字数に制限があったため、「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」と川村インターナショナルが提供する機械翻訳活用プラットフォーム「Translation Designer」を併用する、文字数無制限のプランを導入されました。

海外薬務チーム様ではプラットフォーム連携による文字数無制限プランを使って、翻訳が必要な書類の8割を機械翻訳で処理されています。これにより、作業の効率化はもちろんのこと、以前と比べて翻訳のコストを3分の1ほど削減することができました。

「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」は翻訳支援ツールや機械翻訳活用プラットフォームとの相性もよく、専門性の高い文書や英語以外の様々な言語にも対応できる利便性が強みです。このようなメリットが海外薬務チーム様のニーズとうまく合致しました。

詳細は下記のページをご覧ください。
株式会社メニコン様 「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」導入事例
https://www.k-intl.co.jp/case_MT06

■株式会社メニコン様 会社概要
会社名 :株式会社メニコン
代表者 :代表取締役社長 田中英成
創業 :1951年2月
本社所在地:愛知県名古屋市中区葵三丁目21番19号
事業内容 :コンタクトレンズ・ケア用品事業、動物医療事業、環境・バイオ事業、ライフサイエンス事業

 
  • みんなの自動翻訳@KI(商用版)とは
NICT(国⽴研究開発法⼈情報通信研究機構)のニューラル⾃動翻訳エンジン「みんなの⾃動翻訳@TexTra®」を商⽤化した法⼈向けサービスです。⼀般的な⽂書を翻訳する「汎⽤エンジン」の他、特許翻訳に特化した「特許エンジン」、適 時開⽰資料の翻訳に特化した「⾦融エンジン」など、専⾨分野に応じてカスタマイズされたエンジンが翻訳業務の⽣産性をアップし、⾼品質かつ⾼セキュリティな機械翻訳サービスとして、⼩規模のご利⽤から⼤規模導⼊まで幅広いユーザー 様にご利⽤いただいております。
利⽤⽅法は、ウェブブラウザから⼿軽に利⽤できるだけでなく、API連携により様々なツールやシステムと組み合わせた利⽤も可能です。料⾦プランは安⼼の⽉額制で、ユーザー数無制限で⽉額22,000円〜など、お客様の環境に合わせた ご利⽤⽅法による複数の料⾦プランから選択できます。
詳細ページ:https://www.k-intl.co.jp/minna-mt-genera


詳細は以下のプレスリリースをご覧ください。
「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」バージョン7.0を提供開始〜PDF/Word/Excel/PowerPoint形式のファイル翻訳やOCR機能を追加〜
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000031187.html
 
  • Translation Designerとは
「Translation Designer」は、「ヤラクゼン」を基盤にした、機械翻訳活用プラットフォームです。機械翻訳のみならず、社内翻訳担当への依頼、または翻訳会社による翻訳、ポストエディット、チェックを依頼することができるため、用途や条件に応じて柔軟に翻訳する手法を選択することができるようになります。日中英の他、欧州・アジアの主要言語に対応しており、複数の機械翻訳エンジンから自社の条件に合ったエンジンを選択できるのも、Translation Designerならではの特徴です。
詳細ページ:https://ldxlab.io/TD


詳細は以下のプレスリリースをご覧ください。
「みんなの自動翻訳@KI (商用版)」がTranslation Designerおよびヤラクゼンで利用可能に
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000031187.html

川村インターナショナル、八楽と提携し、機械翻訳およびポストエディットのサービス提供プラットフォーム「Translation Designer」を販売開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000031187.html
 
  • 会社概要
株式会社川村インターナショナル
ホームページ: https://www.k-intl.co.jp/


本社所在地: 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル6階
設⽴年⽉⽇: 1986年1⽉
代表取締役: 森⼝ 功造 (もりぐち こうぞう)
事業内容: 翻訳・機械翻訳・ポストエディットなどの翻訳ソリューション、通訳、制作、⼈材派遣・紹介。
資本⾦:50,000,000円
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社川村インターナショナル >
  3. 国内最大手のコンタクトレンズメーカー「株式会社メニコン」の「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」の導入事例を発表