価値ある素材を無駄なく使うエシカルスイーツ「チーズケーキ Hazico(ハジコ)」発売のお知らせ

美味しく楽しく、環境にもやさしいチーズケーキ。

株式会社ぶどうの木(本社 石川県金沢市)は、食品ロス対策・SDGsへの取り組みの一環として、新商品を開発・発売いたしましたのでお知らせいたします。

貴重な農産物の端材を原材料として作った「チーズケーキHazico(ハジコ)」。しっとりとなめらかな食感にしあげた。貴重な農産物の端材を原材料として作った「チーズケーキHazico(ハジコ)」。しっとりとなめらかな食感にしあげた。


国産有機フロマージュブランと金沢ゆずのマリアージュ。
貴重な素材の廃棄部分から生まれる新しい価値をチーズケーキに!


ぶどうの木では、自社食品工場で発生する製造ロス(端材、はじっこ)を活用した商品「Hazico(ハジコ)シリーズ」を開発してきましたが、新しい取り組みとして、農家や企業とのパートナーシップによる高付加価値の新商品を開発し発売いたしました。

ひとつめの素材は国産有機フロマージュブランです。セタナ・オーガニックは北海道瀬棚地区で日本の乳製品で初めての「有機JAS認証」を取得し、高品質な乳製品を製造しています。しかし原料となる生乳1トンのうち、バターになるのはわずか3%程度。残りは乳清(ホエイ)となり、用途がみつからず廃棄されることが多いのですが、それを原料としたフロマージュブランを作っていただきました。

「セタナ・オーガニック」日本で初めて乳製品でJAS認証を取得した。「セタナ・オーガニック」日本で初めて乳製品でJAS認証を取得した。


もうひとつは金沢ゆずです。できるかぎり農薬は使わず、除草剤や化学肥料は一切不使用、土地や栽培への研究も重ねながら手間暇かけて丁寧に作った多田農園の柚子は、青果のほか一部は搾汁して果汁として出荷されます。これまで果汁を絞った後の果皮は廃棄していたそうですが、今回はそれをコンポートにしていただきました。

金沢浅川地区で栽培される「金沢ゆず」金沢浅川地区で栽培される「金沢ゆず」


いずれも、農家たちが自然と向き合って、心と力を尽くして生まれた貴重で希少な農産物の一部が、価値を持ちながらも端材(副産物)として利用されずに廃棄されてしまうものでした。素材に敬意を払い、素材の豊かさと共に、端材(はじっこ)も含めて余すところなく使うというその価値もお楽しみいただきたいと願っています。

【商品概要】
〇品名           チーズケーキHazico(ハジコ)
〇価格           2,300円(税込2,484円)
〇サイズ        外寸120*75*高さ47m
〇賞味期限     解凍後 冷蔵で10日間
〇取扱店舗     洋菓子工房ぶどうの木 各店、ぶどうの木 オンラインショップ


〇参考URL
https://www.budoo.co.jp/journal/archives/50.html

Hazico(ハジコ)関連商品
https://www.budoo.co.jp/journal/archives/51.html
https://www.budoo.co.jp/journal/archives/31.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ぶどうの木 >
  3. 価値ある素材を無駄なく使うエシカルスイーツ「チーズケーキ Hazico(ハジコ)」発売のお知らせ