1万人調査!緊急事態宣言直後の買い物行動は冷静だった

消費者と企業を購買データでつなぐ「CODE for Business」(近日提供開始)調べ

株式会社リサーチ・アンド・イノベーション(本社:東京都港区、代表取締役:中岡邦伸、以下「RNI」)は、運営する「レシートがお金にかわる家計簿アプリCODE(コード)」(https://code.r-n-i.jp/)で登録された、大量のレシートと商品バーコード情報を基に、緊急事態宣言が出された後の2020年4月9日(木)に実際に買い物をした消費者のうち約1万人(対象全国9875人/非常事態宣言が発令された7都府県+その他道府県)に対し、「今日買おうと思って買えなかったものは何か」等を聞いており、その内容を公表いたします。なお、アンケートはレシートと商品バーコードをアプリに登録した直後に聞けるアンケート機能(最速1分〜)を活用しており、記憶が鮮明なうちに聞いております。
<今日買おうと思って買えなかったものは?>
設問:本日、スーパーやコンビニ、ドラッグストア等で、「買おうと思ったが買えなかった」ものとしてあてはまるものを全てお知らせください。(複数選択可)
回答:下記が地域別、及び選択肢ごとの回答者比率です。(母数は各地域の回答者数)

回答結果を見ると、全エリアで「マスク」が4割弱で圧倒的に「買いたくても買えない」もの1位です。まだまだ全国的に買えない状況が続いています。次いで1位に差をつけて「野菜・果物」や「乾物・めん類」「即席麺」等が続きます。東京都においては他県と比較して「トイレットペーパー」が買えない方が多いですが(東京都10.3%、その他の道府県4.5%が買えなかった)、「買えなかったものはない」と回答している方も3〜4割程度いることから、一時期のような買い占めなどはあまり起きておらず、消費者は冷静に行動していることが分かります。


<最も買いたかったのに買えなかったものは?>
設問:前問で回答頂いたなかで、「最も買いたかったけど買えなかった」ものをひとつお知らせください。(単一回答)
回答:下記が地域別、及び選択肢ごとの回答者比率です。

やはり、最も買いたくても買えないものは、「マスク」のようです。買えなかったものがあると答えた方の約半数が「マスク」に集中しています。東京都は「トイレットペーパー」が5.3%で3位に挙げられておりますが、他エリアをみても5%以下に留まっています。

<最も買いたかったものは他の店舗も探した?>
設問:前問で回答頂いた「最も買いたかったけど買えなかった」ものを買うために、”他に”何店舗探しましたか。(単一回答)
回答:下記が地域別、及び選択肢ごとの回答者比率です。

回答結果を見ると、買いたかったものを探すために6割割程度の方が地域問わず複数店舗を回っているようです。そのうちの約2割の方が、買いたいものを探すために3店舗以上も探し回っています。しかし、4割程度の人はわざわざ他の店舗まで探すことはしていないようです。

緊急事態宣言後の1万人の買い物を調べましたが、大きな混乱はなく冷静に買い物していることがアンケートから分かりました。しかし、マスクは全国的に未だ不足、一部の地域(時間帯や店舗によります)ではトイレットペーパーがやや品薄のようです。

以下、「最近、あなたの買い物行動や、買い物に対する意識に変化はありますか」と問うたフリーアンサーの一部抜粋です。マスク探しに苦労しているものの、各々が様々な考えをもって買い物をし、また、この状況においても買い占めを行わない様に心がけていることが分かります。

●野菜について言及されているコメント
  • 完全防備で買い物。買ったものは全てアルコール消毒。野菜がそのまま売っていると気になる。袋詰めしてほしい。
  • 人混みを避けるようにしていましたがスーパーに行ったら高齢者、家族連れが多く感染リスクが高くなっていて満足に買い物もできないし袋に入っていない野菜は選びながら買われているので触られていると考えると買えなかったので高くても袋に入ってるものを選びました。
  • 野菜の値段が上がって、買う品数が減った
  • 野菜が概ね高くなっているように思う。
  • 野菜が急に高騰し、馬鹿げた値段になっている。
  • 野菜が安い時に、冷凍しておくようにしている。
  • なるべく午前中に買い物に行くようにしている。夕方だと、野菜など買いたい物が売り切れて品数が少なくなっていることがあるため。
  • 外食が減った分、料理の回数が増えるのでマンネリしないように初めての商品を買ってみたり、常備野菜、特に保存期間の長い根菜は多めに買うようになりました
  • ひもちのする野菜を買うようになった。
●マスクについて言及されているコメント
  • マスクが売ってないか、定期的にお店にいくようになった
  • マスクは売り切れが多いので、ドラッグストアに立ち寄るのが、憂鬱になっている
  • マスクが売ってないかドラッグストアやコンビニに立ち寄ることが多くなった
  • マスク扱ってそうな店舗は見つけ次第入るようになった
  • マスクがあるかはどこに行っても確認するようになった。その都度買っていて食材も、いつもより多めに買うようになった。
●買い占めについて言及されているコメント
  • 買い占めはみっともないので、普段通りの買い物を心がけています。
  • 買い占め、買い溜めはしたくないので、普段どおりで変化なし。
  • 買い占めをしてる人がより憎く感じるようになった
  • 買い占めで複数人で買い物に来たり店内に長居をすることで感染リスクが高まる気がする。
  • 買い占めはしないけど、買い置きは少しするようになった。
  • 買い占めというわけではないんだけど、スーパーに行く回数を減らしたいから2、3日分買うようにしてる
  • 必要以上に買い占める事は避けている。
  • 買い占めない程度になるべく買い置きする。

<東京も並ばずにトイレットペーパーを買えるようになった?>
この調査とは別に4月3日(金)~8日(水)に「トイレットペーパーを購入した人のうち、東京都に住んでいる119人」に購入直後に追加でアンケートを実施しております。

Q. このトイレットペーパーをどのように購入しましたか?

「このトイレットペーパーをどのように購入しましたか?」という問いに対して、ほとんどの方が並ばずに買えている状況です。並んで買った方はわずか8.4%です。

Q. このトイレットペーパーを購入した時間帯は?

「このトイレットペーパーを購入した時間帯は?」という問いに対して、購入した時間帯は、朝(7~11時台)が最も多く、昼(12~15時台)から夕方(16~18時台)までを合わせると購入できた人の9割近くを占めるため、仕事終わりの夜(19~24時)は在庫が薄い状態となる可能性があります。

Q. 今回トイレットペーパーを何個(商品購入数)買いましたか?

「今回トイレットペーパーを何個(商品購入数)買いましたか?」と言う問いに対して、購入者のほとんどが1個しか買っていないと回答しており、一時期のような買い占めは起きていない模様です。店舗側も家庭1つまでの購入制限をしていることなども影響していると考えられます。

Q. 今回行ったお店に、トイレットペーパーの在庫はどれくらいありましたか?

Q. トイレットペーパーが全国的に不足となった騒動以降、トイレットペーパーの購入で、あなたにあてはまるものをお答えください

「今回行ったお店に、トイレットペーパーの在庫はどれくらいありましたか?」の問いに対して、購入者の6割以上が、「残っていた(在庫がまだあった)」と回答しています。トイレットペーパーの品薄はかなり解消されている様です。ただし、「ほとんど残っていなかった」「自分が買ったのが最後の1個だった」という方も合わせて36.1%いることから、東京都の中でも時間帯によっては買いにくい地域がまだあるようです。

それを裏付けるように「トイレットペーパーが全国的に不足となった騒動以降、トイレットペーパーの購入で、あなたにあてはまるものをお答えください」という問いに対して、「トイレットペーパーの品薄騒動以降、今回ようやく購入することができた」と回答した方が、34.5%と少なくありません。久しぶりに買えた方が34.5%いたことになります。

東京においては、トイレットペーパーは店舗や時間帯によっては多少品薄ではありますが、仮に買えなかった場合も在庫がある店舗はあるため、比較的早い時間帯に複数店舗回れば、トイレットペーパーを買えないということは、もうなさそうです。買い溜めの必要はもうありません。

<ユーザー属性比率>
今回の1万人調査の対象となったユーザーの属性ごとの人数です。
(対象全国9875人/非常事態宣言が発令された7都府県+その他道府県)


<無料提供!(メディア記者の方限定)>

CODEアプリで取得した購買データを閲覧できる、“消費者と企業を購買データでつなぐツール「CODE for Business」”を企業向けに近日、提供を開始いたします。様々な購買データを用いて記事を書いていただけるメディアや記者の方に限り、期間限定でデータや画面などの各種情報を無料提供する予定です。ご興味のあるメディアの方は、下記専用フォームよりご連絡ください。
メディア、記者専用お問い合わせフォーム:https://forms.gle/aMAgVzm2QEjijSQLA

CODE(コード)とは

買い物のレシートと購入商品のバーコードをスキャンすることで、各種提携ポイントに交換可能なポイントが当たるスマートフォンアプリです(ポイントは提携サービス経由で現金にかえることも可能)。
消費者が楽しんで利用した結果、ポイントにも家計簿にもなる一石二鳥のアプリです。
登録された消費者の買い物に関するビッグデータやアンケートなどは、企業がマーケティングに活用し、その一部を報酬として消費者に還元しております。なおCODEは特許(*2)も取得しています。
アプリインストール数は145万件を超え、月間商品登録数も2000万点、口コミなど購入者の商品評価数も累計3000万件を超え、20〜50代の女性に多く利用されています。
*2:複数の特許を取得しています。(特許第5980448号、特許第6425297号)


<CODE紹介サイト> https://code.r-n-i.jp/
<CODE iOS版> https://itunes.apple.com/jp/app/id879385562
<CODE Android版> https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.r_n_i.code.point.app

<リサーチ・アンド・イノベーションについて>
商号   : 株式会社リサーチ・アンド・イノベーション
代表者 : 代表取締役 中岡 邦伸
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂3-11-3 赤坂中川ビル5階
設立  : 2011年4月15日
事業内容: 買い物データ収集事業、調査事業、広告事業、販促事業、及び各種情報提供サービス
資本金 : 4億7265万6400円(資本準備金含まず)
URL  : https://r-n-i.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リサーチ・アンド・イノベーション >
  3. 1万人調査!緊急事態宣言直後の買い物行動は冷静だった