KDDIエボルバ、沖縄エリアに24時間稼働BPO・コンタクトセンターを10月に開所、充実した通勤環境の「カフーナ旭橋 A街区」に350席構築

株式会社KDDIエボルバ / 株式会社KDDIエボルバ沖縄

株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中澤雅己、以下「KDDIエボルバ」)のグループ会社である株式会社KDDIエボルバ沖縄(本社:沖縄県沖縄市、代表取締役社長:小林哲也、以下「KDDIエボルバ沖縄」)は、沖縄県那覇市の新しいランドマーク「カフーナ旭橋 A街区」に、BPO・コンタクトセンター拠点の「那覇旭橋センター」を2018年10月23日に開所いたします。
電話やオペレータ応対チャットサポートのコンタクトセンター業務、登録事務やデータ入力のBPO業務を中心に運営する那覇旭橋センターは、昨今の需要増加および、提供サービス・業務拡大を目的に、約350席を構築し、2019年3月までに、新たに約150人の新規採用を計画しています。
これにより、KDDIエボルバ沖縄が運営するBPO・コンタクトセンターは、680席となります。

■那覇旭橋センター概要
名称 那覇旭橋センター
所在地

沖縄県那覇市泉崎1丁目20番6 那覇ビジネスセンター8F

(カフーナ旭橋 A街区)

延床面積 オフィス面積 1,607㎡
席数 約350席
提供サービス BPO業務、コールセンターサービス、チャットサポートサービス
施設設備 無停電電源装置/UPS完備、耐震構造

那覇旭橋センターは、那覇市の中心に位置し、沖縄県最大規模の「那覇バスターミナル」と、ゆいレール「旭橋駅」から直結した通勤環境があります。休憩時間や帰宅時に、気軽にショッピングモールや図書館が入居するランドマークで快適に働くことができます。

また、オフィスは、木目を基調とした温かみのある落ち着いた執務スペース、休憩だけではなく仲間との交流、読書や自己学習など多目的な利用ができるソファ・カウンター席を備えたリフレッシュエリアなど、働きやすい環境を整備しています。

 

KDDIエボルバおよび、KDDIエボルバ沖縄は、クライアント企業様の期待に応える人材の採用と育成、働きやすい職場環境の整備、雇用創出による地域貢献に努めます。今後も、従来のコールセンターサービスに加え、真のCXを高めるオムニチャネルソリューションをいち早く提供し、クライアント企業様とお客さまの次世代リレーションシップを実現してまいります。

◎KDDIエボルバ事業所一覧
   https://www.k-evolva.com/corporate/place/ 

KDDIエボルバは、コンタクトセンターを中心としたBPO(Business Process Outsourcing)事業を展開しています。近年では、オムニチャネルソリューション「for touchingTM」シリーズのショートメッセージサービス「SMS」、ビジュアルIVR「VisualMenu」、WebやSNSを通じた自動応答チャット「AIChat」、オペレータ応対チャット「HumanChat」などをサービスに加え、人とテクノロジーを融合したソリューション・サービスを共創、提供しています。

◎商標

  • 「for touching」、「VisualMenu」は、KDDIエボルバが商標登録出願をしており、今後登録予定です。
  • その他本リリース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
◎お問合せ先  ◎「那覇旭橋センター」の採用に関するお問合せ先
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KDDIエボルバ >
  3. KDDIエボルバ、沖縄エリアに24時間稼働BPO・コンタクトセンターを10月に開所、充実した通勤環境の「カフーナ旭橋 A街区」に350席構築