リモートワークの可能性を拡げる定額制コリビングサービス「HafH(ハフ)」利用可能都市が、国内100都市含む150都市を突破。

HafH(ハフ)は、「住まいと働く場所」を定額で提供するコリビングサービスとして、世界18か国・地域、151都市で利用可能に。2020年度中に、利用可能都市を500都市まで拡大する計画。また、法人向けに働き方改革へ向けた国内初のトータルソリューションを提供すべく、2020年4月以降に実証実験を開始予定。

 

 

※これまで「拠点数」を主に発表しておりましたが、今回より「利用可能都市数」で表示しています※これまで「拠点数」を主に発表しておりましたが、今回より「利用可能都市数」で表示しています


株式会社KabuK Style(共同代表取締役:砂田憲治、大瀬良亮)は、定額制コリビングサービス「HafH(ハフ)」のサービスを2019年4月に提供開始以降、1年以内に「海外50都市、国内47都道府県すべてで利用できるようにする」としておりましたが、この度1ヶ月前倒しで目標を達成し、世界18か国・地域、海外51都市、国内100都市(47都道府県全て)合計151都市で利用可能となりました。

今回追加された拠点の詳細はこちらから
URL:https://hafh.com/topics/4921

■2020226日現在の、HafH利用可能拠点がある国

日本
  • 47都道府県の全て(100都市)
アジア・太平洋地域
  • インドネシア・タイ・台湾・マレーシア・ベトナム・フィリピン・ミャンマー・カンボジア・オーストラリア・アメリカ合衆国(ハワイ州)
欧州地域
  • ギリシャ・ジョージア
アフリカ地域
  • ケニア・タンザニア
中南米地域
  • ペルー・グアテマラ・メキシコ

■20213月末までHafH利用可能拠点を500都市まで拡大する方針について

. アジア・太平洋地域の全域で利用可能とする
これまで以上に、LCCの利用を通じた安価な移動が可能と考えられるアジア・太平洋地域で加速すべく、シンガポールをはじめ、ASEAN諸国、韓国、そして中国やインド、オーストラリアの利用可能都市数を拡大してまいります。

. 欧州地域での利用可能拠点の拡大を積極的に進める
欧州主要都市での展開に注力すべく、組織体制構築も含めて準備をはじめております。

. その他地域への展開も徐々に進め
引き続きHafHのクオリティを満たす施設を開拓し、北米も含めて徐々に拡大を進めてまいります。

また、2020年度は、1月20日に連携を発表した「5年後の働き方コンソーシアム」が提供する法人向け働き方改革に向けたトータルソリューションサービスについて、本年4月以降よりサービスの実証実験を開始予定となっております。
 


企業は従業員に出社をさせなくとも仕事をできる環境をどのように確保し、従業員は生まれた余暇をどう過ごすのか。従業員の副業(複業)意向に企業はどのような考え方で当たる必要があるのか。従業員のワークライフバランスを企業としてどのように考えるのか。利用シーンや今後提供されるサービスの詳細を、以下の日程にて発表させていただく予定です。
また、発表の方法は新型コロナウイルスの感染拡大の状況をみて、オンライン配信を予定しておりますが変更する場合がございます。

日程:2020年3月4日(水) 18:30〜
主催:5年後の働き方コンソーシアム
<詳細はこちらから>
URL:https://new-work-style.peatix.com

-----------------------------
「5年後の働き方コンソーシアム」を5社で発足。
多様性のある次世代の働き方を推進、加速させるための検討を開始。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000039388.html

Facebook Page - 5年後の働き方コンソーシアム
URL:https://www.facebook.com/NewWorkStyleProject/
​-----------------------------

HafHを提供する株式会社KabuK Style 代表取締役 砂田憲治のコメント
  • 「働き方改革が、単なる時間管理・抑制から、企業の発展と個人の充実との両立へと議論がうつっていく中、一人ひとりにあった多様な働き方を許容する社会が求められています。今年は、出社せずに仕事をするリモートワークや、休暇もあわせて旅先で仕事をするワーケーションにも大きな注目が集まるとみられています。私たちカブクスタイルは、「5年後の働き方コンソーシアム」を通じて、国内初の法人向けトータルソリューションを提供し、多様な働き方を許容する社会に貢献してまいります。」
 
定額制コリビングサービス「HafH(ハフ)」は、世界最大のコリビングプラットフォームの地位を確立すべく、世界中でリモートワーク可能な環境、より豊かなライフスタイルをおくる環境を整えてまいります。
 


HafHとは:
HafHとは、毎月定額(光熱費・備品・インターネット費用・敷金・礼金・保証金・家具購入費等の諸費用及び初期費用がオールインワン)で、全世界に住むことのできるプラットフォームを目指す、新しいサブスクリプション型コリビングサービスです。
サービスURL:https://hafh.com/

<会社概要>
社 名: 株式会社 KabuK Style
代 表: 代表取締役 砂田憲治 / 大瀬良亮
設立日: 2018年2月5日
資本金: 4億6,600万円(2020年1月末時点、資本金及び資本準備金)
事業内容: 定額制住居サービス「HafH(ハフ)」の運営、旅行業

▼2020年2月26日時点のHafH利用可能拠点がある地域
国内:47都道府県
海外:オーストラリア・インドネシア・タイ・台湾・マレーシア・ベトナム・フィリピン・ミャンマー・ケニア・タンザニア・ギリシャ・ペルー・グアテマラ・メキシコ・ジョージア・カンボジア・アメリカ合衆国
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KabuK Style >
  3. リモートワークの可能性を拡げる定額制コリビングサービス「HafH(ハフ)」利用可能都市が、国内100都市含む150都市を突破。