日本初上陸 世界最高峰のIoT全自動コーヒーメーカー「iDrip」2019年3月28日よりクラウドファンディングを開始

スタイラー株式会社(所在地:東京都渋谷区 代表:小関翼)が日本展開を支援しているiDrip.Ltd(所在地: Zhongshan Dist., Taipei 10483, Taiwan、代表:John Yeh)は、バリスタチャンピオンのコーヒーの淹れ方や個人の好みを再現する全自動コーヒーメーカー『iDrip(アイドリップ)』をクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて3月28日(木)より販売を開始します。現在、先行特典通知を受け取ることができるウェブページを公開中です。

▼iDrip 先行特典通知エントリーページ
https://idrip.jp/



●「iDrip」とは


「iDrip」は台湾の連続起業家John Yeh (葉 建漢)が手がける、IoTコーヒーメーカーです。
専用のコーヒーパックに付随しているバーコードを本体機器が読み取ることで、バーコードに記憶されているバリスタの珈琲ドリップデータを呼び出し、バリスタのコーヒーの淹れ方を忠実に再現します。特許を取得している独自の注水ノズル技術を活用することで、バリスタ職人のコーヒーの淹れ方を忠実に再現することができ、自宅で世界のバリスタチャンピオンの味を楽しむことができます。
「iDrip」は赤外線を通して専用のコーヒーパックにあるバーコードを読み取ることで、コーヒーバッグ毎に設定された「注水速度」「注水量」「注水回数」「断水時間」などのデータを呼び出し、特許を取得した地独自の「注水ノズル技術」による正確な温度制御で、プロのバリスタの味を再現します。
 注ぎ方から抽出温度までの全ての工程をビッグデータに基づいてコントロールすることで、「プロのバリスタ」の味を再現することができる、IoTコーヒーメーカーです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スタイラー株式会社 >
  3. 日本初上陸 世界最高峰のIoT全自動コーヒーメーカー「iDrip」2019年3月28日よりクラウドファンディングを開始