音声感情解析AIのEmpathが第10回Japan-U.S. Innovation Awardsを受賞

米国におけるビジネス展開を推進する日本代表5社のスタートアップとして採択

音声感情解析AIを開発する株式会社Empath (本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO : 下地貴明、以下Empath)は、スタンフォード大学米国アジア技術経営センターと北カリフォルニア・ジャパン・ソサエティが共催する「Japan – U.S. Innovation Awards」を受賞しました。本年度の「Japan – U.S. Innovation Awards」では、日本発の革新的なスタートアップ企業5社が採択され、Empathは2020年7月22日にオンラインで開催される「2020 イノベーション・ショーケース」に登壇します。

■  Japan – U.S. Innovation Awardsについて
Japan – U.S. Innovation Awards(以下、本アワード)は、2011年からスタンフォード大学米国アジア技術経営センターと北カリフォルニア・ジャパン・ソサエティが共催する日本とアメリカ両国において、市場に革新を与えた1社を各国から選出し、Emerging Leader (新興リーダー賞)を表彰します。また、日本発のスタートアップで米国進出を目指すイノベーション・ショーケース企業5社を選出します。過去には、メルカリ、Preferred Networksなどが受賞しており、日本のスタートアップが海外展開で成功するためのアワードの一つとして広く認識されています。本アワードにおいて、Empathは、今後急成長が期待される日本発のスタートアップの一社として、イノベーション・ショーケースの部門で採択を受けました。Empathは2020年7月22日(水)にオンラインで開催される「2020 イノベーション・ショーケース」に登壇します。

 ■  「2020イノベーション・ショーケース」受賞スタートアップ5社について
本年度の「2020イノベーション・ショーケース」では、日本の数あるスタートアップの中から5社が採択されました。例年スタンフォード大学で開催されている本アワードは、COVID-19の世界的状況を考慮し、本年度はオンラインで開催されます。採択スタートアップ5社は、各社の事業紹介、ならびに米国進出におけるメンタリング・セッションなどの機会を得ます。

■ 音声感情解析AI 「Empath」について
「Empath」は音声から感情をリアルタイムで測定する国産の感情解析AIです。すでに世界50か国2,000社で利用されており、コールセンター領域では顧客満足度の測定、応対品質の向上、オペレータの定着率向上、アウトバウンド・コールでの成約率向上にご利用頂いております。詳細は以下のURLをご覧ください。
https://webempath.com/jpn/

 <北カリフォルニア・ジャパン・ソサエティ概要> (https://www.usajapan.org/)
シリコンバレーに所在する Japan Society of Northern California (JSNC)は、1905年(明治38年)に設立された米国の民間非営利団体(NPO)です。日米間の相互理解を深めるために、政治、経済、文化、教育、日本語レッスンなど広範囲に渡るプログラムを展開しております。シリコンバレーにおいて、人とのつながり、ネットワークが最重要というのは、多くの人が賛同されていますが、The Japan Society では シリコンバレーという立地条件を活かし、コーポレートメンバーのみなさまがスムーズにネットワークを構築できるようにさまざまなカタチでサポートしております。 夏にStanford University で開催されるJapan – U.S. Innovation Awards Symposium や、各種イベントもその一つです。

<スタンフォード大学米国アジア技術経営センター概要> ( https://asia.stanford.edu/
スタンフォード大学の東アジア研究センターに所属する教育研究機関で、高度技術産業における技術革新と新しいビジネスの動向に関する学際的なプログラムを通じて、スタンフォード大学学生及び広くシリコンバレーに対して、21世紀のハイテク分野の成功にとって重要な知識や分析能力を提供しています。

 <Empath Inc.概要>(https://webempath.com/

株式会社Empathは、音声感情解析AI「Empath」を開発しています。奈良先端科学技術大学院大学との共同研究や株式会社NTTドコモとの被災地支援事業で採用されたほか、ロボティックスやコールセンターなど幅広い分野で活用されています。海外でも注目を浴びており、アラブ首長国連邦内務省に正式に採用されたほか、開発者向けに提供しているWeb Empath APIは世界50か国以上で利用されています。また、ICT Spring 2018で開催されたPitch Your Startupで日本企業としてはじめて優勝、Viva Technology 2018でBest Startupに選出されるなど海外のピッチコンテストですでに10度の優勝をおさめています。国内外での功績が認められ2018年10月には日本企業として初めてGoogle Launchpad Acceleratorに合格、また2019年6月24日には経済産業省、日本貿易振興機構(以下、JETRO)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)が支援する「J-Startup」プログラムに採択されました。

・設立 :2017年10月31日
・本社所在地:東京都渋谷区神宮前6-18-13 7F
・代表者 :代表取締役 下地 貴明
・事業内容 :音声感情解析AI「Empath」の販売



 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Empath >
  3. 音声感情解析AIのEmpathが第10回Japan-U.S. Innovation Awardsを受賞