宇宙商社®Space BD「スペースデリバリープロジェクト ~RETURN to EARTH~ 」第一弾対象品、ISSに向けて打上げ完了

約半年間の宇宙空間への曝露の後、2022年度中に地球へ帰還予定

宇宙産業における総合的なサービスを展開するSpace BD株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:永崎将利)は、国内外の研究機関・教育機関・民間企業など10組から提供された対象品を宇宙空間に打上げ曝露した後に地上に戻す「スペースデリバリープロジェクト ~RETURN to EARTH~」において、対象品がシグナス補給船運用17号機(NG-17)に搭載され、2022年2月20日㈰ 午前2時40分(日本時間)に米国バージニア州 NASAワロップス飛行施設 中部大西洋地域宇宙基地から国際宇宙ステーション(ISS)に向けての打上げが完了しましたので、お知らせいたします。

 

🄫JAXA NASA Wallops Allison Stancil🄫JAXA NASA Wallops Allison Stancil

 

対象品(一部)対象品(一部)

対象品は、2021年9月にJAXAへの引渡しが完了しており、今回の打上げ後は国際宇宙ステーン「きぼう」の船外実験プラットフォームにて約6か月のあいだ宇宙空間に曝露します。2022年度中にISS船内に回収および補給船で地球に再輸送し、お客様の元にお戻します。地球に帰還した対象品はそれぞれ、実証実験の検証や教育、企業のマーケティング活動などに活用される予定です。


【参考資料】
■「スペースデリバリープロジェクト ~RETURN to EARTH~」について

ISS「きぼう」日本実験棟の中型曝露実験アダプタ (i-SEEP)に搭載する新たな小型簡易曝露実験装置(ExBAS/JAXAと共同開発)を活用したプロジェクトで、Space BD主導で広く参加団体を募り、対象品の選定から打上げ、地上回収までのあらゆるサポートを遂行します。第1弾となる今回は、民間企業や研究機関など計10組から集めた、研究用素材、写真、イラストなどの様々な物品が対象となっています。

参考:

https://space-bd.com/news/20210825.php  
https://space-bd.com/news/20211021.php

■Space BDについて
Space BDは、日本の宇宙ビジネスを、世界を代表する産業に発展させることを目指す「宇宙商社®」です。2017年の創業以来、宇宙への豊富な輸送手段の提供とともに国際宇宙ステーション(ISS)を初めとする宇宙空間の利活用において、ビジネスプランの検討からエンジニアリング部門による技術的な運用支援までをワンストップで提供してまいりました。これまで衛星取扱い約50件を含め100件以上の実績を重ね、宇宙商社として幅広く展開しています。
社  名:Space BD株式会社
本  社:東京都中央区日本橋室町一丁目5番3号 福島ビル7階
代 表 者 :代表取締役社長 永崎将利
設  立:2017年9月1日
事業内容:宇宙における各種サービス事業・教育事業
U R L:https://space-bd.com/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Space BD株式会社 >
  3. 宇宙商社®Space BD「スペースデリバリープロジェクト ~RETURN to EARTH~ 」第一弾対象品、ISSに向けて打上げ完了