【セミナー開催】「従業員エンゲージメント向上とキャリア自律を促す経営戦略とは?〜プロティアンと健康経営〜」6/16(水)開催

~株式会社NTTドコモとエムスリー株式会社の合弁会社である株式会社 empheal(エンフィール)と健康経営分野の企業とは初の業務提携、当協会アンバサダーに代表取締役社長 西口孝広氏が就任~

「組織と個人のより良き関係創出と個人の主体的なキャリア開発支援」を理念に掲げ、現代版プロティアン(※1)を拡げる一般社団法人プロティアン・キャリア協会 (本社:東京都新宿区、代表理事 田中研之輔・有山 徹、以下、当協会)は、株式会社NTTドコモとエムスリー株式会社の合弁会社で、医療と企業の架け橋となることを目指す株式会社 empheal(エンフィール、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西口 孝広、以下「empheal」)と業務提携し、提携を記念してセミナーを開催することをお知らせします。(https://protean-20210616.peatix.com/)。

 

  • 業務提携の背景・目的
人生100年時代、高齢化社会においては、多様な人材の生産性を高めることが必要不可欠になりました。その土台には従業員ひとりひとりの健康がなくてはなりません。従業員の健康管理・健康づくりの推進は、単に医療費という経費の節減のみならず、生産性の向上、従業員の創造性の向上、企業イメージの向上などの効果が得られ、更に企業におけるリスクマネジメントとしても重要なものとなっています。WHOの定義によると(※2)「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」とあります。こうしたことからも、健康増進とともに、個々人がキャリア自律し人生を充実させることは、従業員のエンゲージメントや組織パフォーマンスを高めることに繋がります。健康づくりの推進やキャリア開発支援を、「コスト」ではなく「将来への投資」と捉え、経営戦略と紐づけて施策を回していく必要性が、今、高まっています。
このような背景から、「健康経営にカスタマーサクセスを」をコンセプトに事業を展開する、empheal(株式会社NTTドコモとエムスリー株式会社の合弁会社)と、主体的なキャリア開発と組織と個人のより良き関係創出を支援する当協会は、この度業務提携することといたしました。健康経営の分野に携わる企業とは初めての業務提携となります。また、empheal代表取締役社長である西口孝広氏に当協会の取り組みに共感いただき、アンバサダー就任についてご快諾いただきました。以下に、本提携を記念して共催するセミナーの概要をお知らせいたします。これを機に、個人のキャリア形成や企業の経営戦略を、健康という側面からも支援して参ります。
 
  • 提携記念セミナー概要
・日時:2021年6月16日(水)10:00~11:30
・開催方法:オンライン開催 ※参加URLはお申込み頂いた方にメールでご案内いたします。
・参加費:1,000円(プロティアン・キャリア協会関連サービス会員、empheal関係者、各種割引有)
【申込】 https://protean-20210616.peatix.com/

【プログラム】
10:00-10:05 オープニング 
10:05-10:20 講演)健康経営による従業員エンゲージメント向上/empheal 西口孝広氏(代表取締役社長)
10:20-10:35 講演プロティアンと健康経営/法政大学キャリアデザイン学部教授 田中研之輔氏(当協会代表理事)
10:35-11:20 クロストーク)従業員エンゲージメントの向上とキャリア自律を促す経営戦略とは/西口氏×田中氏
11:20-11:30 emphealと協会の取り組みご紹介

【登壇者プロフィール】
西口孝広氏:株式会社 empheal 代表取締役社長

大学卒業後、エヌ・ティ・ティ関西移動通信網(株)(現NTTドコモ)に入社し、通信インフラ・経営企画部門で経験を積んだ後、2014年よりNTTドコモ ライフサポートビジネス推進部にて医療・ヘルスケア領域での新規事業開発を担当。2019年4月に株式会社emphealを設立、代表取締役社長に就任。『より良い健康文化の創造』に向けた事業を展開。

田中研之輔:法政大学 教授 /一般社団法人プロティアン・キャリア協会 代表理事
UC. Berkeley元客員研究員 University of Melbourne元客員研究員 日本学術振興会特別研究員SPD 東京大学 /博士:社会学。一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。 専門はキャリア論、組織論。社外取締役・社外顧問を24社歴任。
著書25冊。『辞める研修 辞めない研修–新人育成の組織エスノグラフィー』『先生は教えてくれない就活のトリセツ』『ルポ不法移民』『丼家の経営』『都市に刻む軌跡』『走らないトヨタ』、訳書に『ボディ&ソウル』『ストリートのコード』など。ソフトバンクアカデミア外部一期生。専門社会調査士。新刊『プロティアン―70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本論』。最新刊に『ビジトレ−今日から始めるミドルシニアのキャリア開発』 日経ビジネス 日経STYLE他メディア多数連載 プログラム開発・新規事業開発を得意とする。
大手企業など8社が参画し4月20日に立ち上がった「キャリアオーナーシップとはたらく未来コンソーシアム」の顧問・ファシリテーターも務める。

(※1)現代版プロティアン・キャリアとは
1976年に米国のダグラス・Tホール教授によって提唱された理論を、法政大学キャリアデザイン学部 田中研之輔教授が現代に合わせて深化させたもの。ダグラス・Tホール教授の「プロティアン・キャリア」にリンダ・グラットン著の「LIFE SHIFT(ライフシフト)」の枠組みを接合させ、キャリア戦略の立て方とその実践手法を織り込んだ、最先端のキャリア理論。
(※2)公益社団法人日本WHO協会 ホームページより
https://japan-who.or.jp/about/who-what/identification-health/

【empheal概要】
会社名:株式会社empheal(エンフィール)
株主構成/株式保有率:株式会社NTTドコモ(51%)、エムスリー株式会社(49%)
※NTTドコモ 連結子会社
本社所在地:東京都千代田区丸の内3-2-2 丸の内二重橋ビル3階
代表取締役社長:西口 孝広
設立年月:2019年4月1日
事業内容:日本国内の医師95%以上を会員に持つエムスリー(株)の医療サポートサービス「M3PSP」(M3 Patient Support Program)」を法人向けに提供し、企業の健康経営における「カスタマーサクセス」の実現を支援
企業URL:https://empheal.co.jp/

【協会概要】
正式名称:一般社団法人プロティアン・キャリア協会
所在地:東京都新宿区西新宿3-2-9新宿ワシントンホテルビル本館2F
代表理事:田中 研之輔(法政大学キャリアデザイン学部 教授)
有山 徹  (4designs株式会社 代表取締役CEO)
設立年月:2020年3月31日
事業内容:プロティアン・キャリア理論に基づく個人の主体的なキャリア開発と組織と個人のより良き関係創出の支援
協会WEBサイト:https://protean-career.or.jp/
メディア「Protean」:https://protean-career.or.jp/column/
Facebook:https://www.facebook.com/protean.fb

【本件に関するお問合せ先】
一般社団法人プロティアンキャリア協会
広報責任者:黄瀬真理
メールアドレス:kinose@protean-career.or.jp


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人プロティアン・キャリア協会 >
  3. 【セミナー開催】「従業員エンゲージメント向上とキャリア自律を促す経営戦略とは?〜プロティアンと健康経営〜」6/16(水)開催