【スリープテック秋の提案】高校生とママがマンガで学べる「手のひら冷やすだけの超手軽な睡眠改善グッズ」9月4日amazonで販売スタート!

元インテル技術者が開発した、温度を記憶するハイテク保冷剤。

松浦工業株式会社(大阪市 取締役 井戸英二)は、暑さが落ち着く秋でも入眠時に深部体温を下げることで睡眠の質を高める「アイスバッテリー」をもっと多くの高校生とママに知ってもらい、使ってもらうためにamazonでの販売を始めます。

テストユーザー合計104人。
睡眠感では、「普段よりぐっすり眠れた感じがする」が24人(23%)と5人に一人が効果を実感。
今後の使用希望者 全体:87人(83%)
今後の使用希望者:睡眠時:49人(47%)
今後の使用希望者:睡眠時以外:66人(63%)
*上記はあくまで、個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

<マンガで教える睡眠改善法>
YouTube 約2分「2020年秋、アイスバッテリーしない!」

<商品概要>

商品名: 「体感15℃ 手のひら冷却 アイスバッテリー®fresh」
販売窓口:amazon
https://www.amazon.co.jp/stores/page/4993BDD7-D389-4333-92AD-5634AC1C7AD3
特長:
① 2つの異なる表面温度(マイルドな冷たさ20℃、切れのある冷たさ 10℃)で
    手のひらを冷やしながら深部体温を下げ、睡眠の質を高める効果が期待できる

② 肌に触れるカバーにポリウレタンを採用(肌にも環境にも優しい)
③ 毎日の使用後は中性洗剤で洗えて、繰り返しワンシーズン使える 定価:  1,980円(税抜き)
生産国: 日本

まつうら工業は、1946年創業、一貫して「暮らし応援」商品の開発をしてきました。当社にはエリートはおりませんが、「日本の力はこんなもんじゃないんだ!」という問題意識を持つ志の高い人材はおります。今回の商品は、まだまだ発展途上、世界全体で10兆円と言われるスリープテック市場で勝負するには未熟です。我々と一緒に「手のひらを冷やすだけ、という新しい睡眠改善法」の更なる研究に協力してくださる大学・研究機関も同時に募集しております。記事をご覧になり、興味を持たれた方からの連絡をお待ちしております。


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. まつうら工業 >
  3. 【スリープテック秋の提案】高校生とママがマンガで学べる「手のひら冷やすだけの超手軽な睡眠改善グッズ」9月4日amazonで販売スタート!