Talknote株式会社、コーポレート・アイデンティティ(CI)をリニューアル

「世界を"もっともっと"カラフルにしたい!」ー創業から10年。創業当初の思いをより強く、よりシンプルで明快に
人・組織の社内コミュニケーションの課題を解決するエンゲージメントクラウド「Talknote(トークノート)」を提供するTalknote株式会社(東京都港区 代表取締役 小池温男)は、2019年4月16日、CI(コーポレートアイデンティティ)を変更します。

Talknote新ロゴTalknote新ロゴ


■CIをリニューアルする背景
この度、Talknote株式会社は10年目を迎えました。社内SNSでスタートした「Talknote」は、様々なアップデートを重ね、社内のコミュニケーションを活性化することで、従業員のエンゲージメントを向上させる“エンゲージメントクラウド”として1,000社以上の企業様にご利用頂いております。

「Talknote」が生まれたきっかけは、代表小池の学生時代、毎朝つまらなそうに通勤している人たちの姿がモノクロの世界に見えたことが原体験でした。そんな、つまらないと思う仕事や職場をなくして、毎日笑顔で会社に行けるように...つまり「世界をカラフルにしたい」。その想いから「Talknote」は生まれ、カラフルな地球のロゴの由来になっています。

さらに多くの会社や人をカラフルにしたい。その強い意志をより多くの人に共感してもらえるよう、コーポレートおよびサービスロゴのリニューアルをおこないました。

よりシンプルで明快になった新しいロゴを旗印に掲げ、もっともっと「世界をカラフルに」してまいります。

Talknote株式会社 メンバー一同



■新ロゴに込めた思い:
コンセプトは「世界を“もっともっと”カラフルにしたい!」
これまでの「世界をカラフルにしたい」という想いを込めたシンボルである、カラフルな地球のアイデンティティを残しながら、よりシンプルで洗練された形・カラーリングを追求することで、つまらない、楽しくないを世界からなくし、 多様性を認め合うというTalknoteの組織・サービスとしての本質を明快に伝えることを目指しました。


■ロゴマークについて:
これまでの地球のアイデンティティをより象徴的に、印象の強いものにするべく、色数と区割りを整理しました。シンプルになった分、より球体感を出した曲線に変更し、地球の地軸に合わせて23.43°傾けてむけることで、地球と感じるエッセンスを加えています。


■コーポレートカラーについて:
ロゴのメインカラーでもありコーポレートカラーでもあるブルーをより澄み切った鮮やかなブルーに変更しました。また、ブルーを含め4段階、計16色あったカラーも整理し、これまでのアイデンティティを生かしながら、より洗練されたトーンに変更しました。

【ロゴデザインコンセプトについて】
https://talknote.com/new-logo/index.php
 

■エンゲージメントクラウド「Talknote」とは
「Talknote」は、社内のコミュニケーションを活性化することで、社員がイキイキと仕事をすることを促進させるエンゲージメントクラウドです。“業務効率化を実現するだけでなく、人・組織の課題を解決し、すべての人が自分の仕事や職場に誇りを持って働けるようにしたい。そんないい会社をつくりたい。”という想いでサービスを運営しています。

「Talknote」の「アクションリズム解析」機能で、コミュニケーション量や会社への興味・関心度を可視化し、それを現場のマネジメントに生かすことで社員の戦力化、離職防止、従業員エンゲージメントの向上が可能となります。第2回HRテクノロジー大賞を受賞し、「アクションリズム解析」の特許も取得しました。業界、規模を問わず様々な企業にご利用頂いております。
・サービスサイト:https://talknote.com/
・今田美桜さん出演WebCM:http://urx.red/X0PT

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Talknote >
  3. Talknote株式会社、コーポレート・アイデンティティ(CI)をリニューアル