【チャットボット最前線セミナー】 〜どう活用する?話題のチャットボット徹底比較〜ギブリー×hachidori×ワウテック3社共催無料セミナーを開催

https://www.wowtalk.jp/info/seminar1902_givery_hachidori.html

2019年2月20日(水)、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を提供するワウテック株式会社(東京都中央区、代表取締役 瀬沼悠 以下、「ワウテック」)は、チャットボット型マーケティングツール「SYNALIO(シナリオ)」を提供する株式会社ギブリー(以下、「ギブリー」)、国内最大のチャットボットツール「hachidori(ハチドリ)」を提供するhachidori株式会社(以下、「hachidori」)の3社で「チャットボットの最前線」をテーマに3社で共催セミナーを開催いたします。


◆セミナー開催の背景
少子高齢化に伴い労働人口が減少していく中、ビジネスチャット・社内SNS導入による業務効率化や、チャットボット導入によるお客様対応及び、社内問合せ業務効率化や営業/販売活動の効率化を目指す企業が増えてきております。

とはいえ、これらのツールの導入するものの活用しきれていないと感じるご担当者様もいらっしゃるはずです。

今回のセミナーでは、チャットボットの導入を検討している方向けに、チャットボットの活用法やトレンド情報をお届けします。

◆セミナー詳細

 

テーマ チャットボットの最前線、2019年大予測!!
主催 株式会社ギブリー
hachidori株式会社
ワウテック株式会社
開催日 2019年2月20日(水)15:00~17:30(受付:14:30〜)
プログラム 14:30〜 開場
15:00〜15:05(5分)  イントロダクション(ギブリー / 大熊様)
15:05〜15:35(30分) 第一部(ワウテック / 壁本)
15:35~16:05(30分) 第二部(hachidori / 白上様)
16:05~16:15(10分) 休憩
16:15~16:45(30分) 第三部(ギブリー / 大熊様)
16:45~17:15(30分) パネルディスカッション(ワウテック / 高野(モデレーター)+講演3名)
17:15~17:30(15分) アンケート記入
会場 キングソフト株式会社セミナールーム
東京都港区赤坂四丁目15番1号 赤坂ガーデンシティ4F
対象 ・情報システムご担当者様
・IT関連部署のご担当者様
・働き方改革に関するご担当者様
・マーケティング担当者様
・チャットボットに興味があり情報収集されている方
・チャットボットの導入をご検討されている方
・チャットボット導入後のさらなる活用をご検討されている方
受講料 無料

 


▼セミナーのお申込みはこちら▼
https://www.wowtalk.jp/seminar1902_givery_hachidori_form.html

○第1部:チャットで業務効率化!?それだけじゃもったいない!さらなる活用方法教えます!
 
ワウテック株式会社 パートナーセールス部 部長 壁本典之

ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」の販売パートナーを開拓する営業部署に所属。販売パートナーの営業担当には単純なサービスの説明だけではなく、本サービスの導入が、担当しているエンドユーザー様の働き方改革実現の一助となることをアピール。パートナー、エンドユーザー共にメリットを感じていただけるよう、日々全国を飛び回る。

 

■内容

昨今の働き方改革の風潮にて、電話やメール、対面の会議が中心であったコミュニケーションをチャット導入により、効率化を目指す企業様が増えてきています。

しかし、チャット導入だけでは実は本当の意味で効率化はできているとは言えません。導入社数3,000社を超えるWowTalkだからこそ紹介できる、企業の“あんな使い方やこんな使い方”を紹介いたします。
 

○第2部:“会話データ”を活用した新しいマーケティング施策とは?!〜具体的な施策事例とともに、最新の取り組みのご紹介~
 
株式会社ギブリー 執行役員 マーケティングコミュニケーション事業部長 大熊勇樹

1983年生まれ。2017年から株式会社ギブリー執行役員およびマーケティングコミュニケーション事業部長を務める。
新規事業開発、商材開発を得意とし、ゼロからマーケティングツール【SYNALIO(シナリオ)】開発の指揮を取る。 また、WEBサイトの設計~構築、UIやUXといった分野においても深い造詣を持ち、東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー、国際OEM・PB開発展など登壇実績も多数。

 

■内容

内閣府が提唱する”Society 5.0”。超スマート社会に向けて、刻々と社会のアップデートが近づいています。このアップデートに対して、私たちは会話データを活用した新しいマーケティング手法を提案します。

名前のわからないサイト訪問者=匿名顧客を「見える化」し、インサイトに合わせたアプローチを実現。CVR向上のための、“新しいチャネル”のご紹介です。


○第3部:FAQだけじゃないっ!LINEで始めるチャットボットマーケティング
 
hachidori株式会社 事業開発 兼 営業企画 白上大典

経営コンサルティング会社を経て、人材系ベンチャーで新規事業の立ち上げを担当し、東証マザーズ上場に貢献。 その後、マーケティング会社でチャットボットの事業企画に携わり、セールスを統括。大手通信会社よりExcellent solution Partner賞を受賞。hachidoriではチャットボットのセールスをはじめ事業開発を担う。

 

■内容

開発実績6,500ボットを超える国内最大のチャットボットツール「hachidori」(ハチドリ)。プログラミングの知識がない人でもBOTの作成・公開ができるサービスです。

本セミナーでは、お問い合わせ対応(FAQ)以外にも、マーケティングツールとしての活用方法をLINE BOTをもとにご紹介いたします。


○パネルディスカッション:2019年大予測!チャットボットの未来を語ろう

 

登壇者
・株式会社ギブリー 執行役員 マーケティングコミュニケーション事業部長 大熊勇樹
・hachidori株式会社 執行役員 濱田拓馬
・ワウテック株式会社 技術開発部 部長 伍陸
・ワウテック株式会社 マーケティング部 部長 高野大寿(モデレーター)

 

■内容

今後のチャットボットはどこに向かっていくのか!?実際の導入企業の活用方法、ニーズに加え、開発ベンダー目線での未来予測について語り合います。

▼セミナーのお申込みはこちら▼

 https://www.wowtalk.jp/seminar1902_givery_hachidori_form.html


◆共催企業プロフィール
◎株式会社ギブリー

https://givery.co.jp/

すべての人に成長を。Giveryは社会を豊かにする人々のための成長エコシステムを創造する「成長」支援企業です。ITとリアルの両軸で事業を展開し、お客様の成長を全力で応援します。

社名の「Givery」は「Give」と「Very」を組み合わせたもので、行動指針として定めている“Give & Give”の精神を表しています。
また、シンボルマークは「成長を支援する」という企業理念を象徴したものです。ブルーのグラデーションは 「成長」や「IT」を、オレンジのグラデーションは「支援」や「リアル(現場)」のイメージを表現しています。
「Give & Give」の精神で皆様の成長を支援すると同時に、私たちも成長し続けていくという強い決意が込められています。


◎hachidori株式会社

https://hachidoriinc.com/

すべての人に、 価値ある仕事を。 先端技術と上手く共存し、すべての人が、人間にしかできない「価値ある」仕事に集中できる世界を作りたい。 そんな思いでhachidoriはサービスを提供しています。

弊社が提供しているプログラミング不要のチャットボットツール『hachidori』は、豊富な開発実績を基にお客様のご利用ケースに合わせた最適なチャットボットのご提案が可能です。

◎ワウテック株式会社

https://www.wowtech.co.jp/

ワウテックは、ビジネスチャット「WowTalk」、名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」を中心に、法人向けITソリューションを自社開発・運営しています。ビジネスコミュニケーションに新しい価値を提供し、安全で確実な改善をビジネスに携わる誰もが実感する、そのための手段、そして課題解決をシンプルかつ新しい驚きに満ちたやり方で実現します。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ワウテック株式会社 >
  3. 【チャットボット最前線セミナー】 〜どう活用する?話題のチャットボット徹底比較〜ギブリー×hachidori×ワウテック3社共催無料セミナーを開催