NTTドコモが提供する、AIが電話応対業務を代行するサービス 「AI電話サービス」とMiiTelとの連携が可能になりました

音声解析AI電話「MiiTel」を提供する株式会社RevComm(本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田 武史 以下「RevComm」)は、2020年12月10日に株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が提供を開始した「AI電話サービス」にMiiTelが連携可能となり、販売パートナーとなりましたことをお知らせします。


■ドコモの「AI電話サービス」とは

「AI電話サービス」は、ドコモのAI対話技術と、アマゾンウェブサービス(AWS)が提供するクラウド上にコールセンターを構築できるサービス「Amazon Connect」を組み合わせて開発した「AIによる電話応対技術」により、これまで人が行ってきた電話応対業務をAIが代行し、自動化するソリューションです。さらに、RPAと連結させることで、パソコン操作を含めた電話応対業務を一貫してAIが代行することも可能です。予約やお問い合わせ、会社の代表電話など従来の電話応対をAIが代行することで、電話業務の効率化による生産性の向上に加え、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として応対スタッフの出社制限などを行う場合にも、自動応答として活用することができます。

またクラウドを利用するため、コールセンターを持つ企業はもちろん、コールセンターを持たない自治体や小売店・飲食店などでご利用可能です。


サービスサイト:
https://www.nttdocomo.co.jp/biz/service/aitelephone/

■AI電話サービスとMiiTelの利用シーン


音声解析AI電話「MiiTel」への入電時、不在の場合はAI電話サービスが自動応対します。自動応対した内容は録音・文字起こしされ、各種チャットツールへ自動転送されます。これにより留守電自動応答の役割にて繁忙期や時間外でも、チームでの活動共有を容易にし、営業のチャンスを失いません。

 ■全国のドコモ法人営業担当者
「ドコモのホームページ 法人のお客さま」お問い合わせページ
https://www.nttdocomo.co.jp/biz/support/inquiry/

■MiiTelについて


MiiTelは電話営業やコールセンター業務における、会話のラリーの回数や、話す量・聞く量、会話のジャンル、声の高低・遅速などをAIで検出し、高精度のフィードバックを行うことで商談獲得率・成約率向上を実現するIP電話システムです。

顧客と担当者が「何を」「どのように」話しているか分からない、というブラックボックス化問題を解消し、成約率を上げ、解約率と教育コストの低下に繋げます。担当者自ら学ぶセルフコーチングツールとして、リモートワーク環境の早期構築ツールとして幅広い業界でご活用いただいております。

・公式サイト:https://miitel.jp
・資料請求:https://miitel.jp/document-request/
・サービス紹介動画(2分):

 

■RevCommについて
「コミュニケーションを再発明し、人が人を想う社会を創る」をミッションに、営業におけるトークの可視化とセルフコーチング、テレワーク化を実現する音声解析AI電話「ミーテル」を提供しています。2020年にはGoogle for Startups Acceleratorに採択され、2019年にはB-Dash Camp2019、TechCrunch Tokyoにて優勝し、日本HR大賞や東京都主催世界発信コンペティションなどの様々な大会でも入賞しました。ミーテルは現在約13,500名(2020年11月時点)の皆さまにご利用いただいております。

■会社概要
社名:株式会社RevComm
所在地:東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル7階
代表者:會田武史
URL: http://www.revcomm.co.jp

<お問い合わせ先>
広報担当:藤村
電話番号:03-4405-4621
メールアドレス:pr@revcomm.co.jp
(サービスのお申込みについてはsales@revcomm.co.jpへご連絡ください)
 
  1. プレスリリース >
  2. (株)レブコム/MiiTel >
  3. NTTドコモが提供する、AIが電話応対業務を代行するサービス 「AI電話サービス」とMiiTelとの連携が可能になりました