都内自治体の導入初!台東区と「食品ロス・CO2削減に関する協定」を締結しました。

〜食品ロスとCO2を削減し、環境にやさしい社会を目指します〜

食品ロス削減BOX「fuubo(フーボ)」を運営するZERO株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:沖杉 大地、四辻 弘樹、以下「ZERO」)は、台東区と『食品ロス及びCO2排出削減の推進に関する連携協定』を1月17日に締結しました。4月に台東区役所内にfuuboを設置し、台東区内の事業者が取り扱う商品も販売する予定です。

 

〈協定式にて記念撮影〉(左から服部台東区長、ZERO株式会社沖杉代表取締役)



協定内容
食品ロス及びCO2排出削減の推進に関する連携協定

主な協定内容
・食品ロスの有効活用の促進に関すること。
・食品ロス及びCO2排出削減に向けた普及・啓発に関すること。
・環境教育に関すること。

協定での主な取り組み
・食品ロス削減BOX「fuubo(フーボ)」を台東区役所内に4月に設置します。
・賞味期限間近の商品の購入促進により、「もったいない」意識の醸成と行動変容に繋げます。
・食品ロスになりそうな商品をfuuboで販売したい区内事業者を募集いたします。
■締結式の様子
2023年1月17日(火)台東区役所で行った締結式では、服部征夫台東区長から、「食品ロスを削減するためには、一人ひとりが「もったいない」の心を育み、区民・事業者・来街者・区などみんなで取り組むことが必要。区内にあるZERO株式会社さんと一緒に取り組めることを嬉しく思う。」とのあいさつがあり、ZERO株式会社の沖杉代表取締役からは、「台東区の食品ロスとCo2排出を削減するために、これまで培ったノウハウやサービスを提供し、少しでも区民の方々に貢献できるように努めます。」とのあいさつがありました。



■台東区内事業者の募集に関して 
協定での取り組みにも記載の通り、台東区役所内に設置予定のfuubo内で商品販売を行う区内事業者を募集いたします。個別にご相談可能ですので、興味のある事業者様は以下のお問い合わせ先にご連絡ください。
〈買取の条件〉
・個包装されていること
・常温配送が可能であること
・賞味期間が1ヶ月以上残っていること
・指定倉庫への配送が可能であること
​​・業務用や災害備蓄もご相談可能です

 

fuuboの概要
fuubo(フーボ)は、まだ美味しく食べることができるにも関わらず、1/3ルールに起因する納品期限切れや季節限定パッケージなどにより、場合によっては廃棄されてしまう可能性のある食品を、お得に提供している食品ロス削減BOXです。
 食品ロスを買うことに同意して会員登録を行ったユーザーは、専用WEBサイトから受け取りに行けるボックスを選び、その中に入っている商品をオンライン決済にて購入することができます。
2021年6月にサービスを開始し、12月末時点で駅や商業施設、オフィスなど全国に55台を設置してきました。24 年 3 ⽉までに累計で 500 台以上の設置を⾒込んでおります。さらに、食品ロス削減量をCo2排出削減量に変換することで、SDGsの取り組みの見える化が可能となっております。



■会社概要
商号  : ZERO株式会社
代表者 : 代表取締役 沖杉 大地、四辻 弘樹
所在地 : 東京都台東区東上野2-20-6会計センタービル5F
設立  : 2022年3月
URL  : https://www.nofoodloss.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ZERO株式会社 >
  3. 都内自治体の導入初!台東区と「食品ロス・CO2削減に関する協定」を締結しました。