「とらふぐ専門店・玄品」が「テイクイーツ」を導入して、テイクアウトのWEB事前予約を7月1日(金)より開始。

東京・大阪・京都・兵庫・広島など45店舗でテイクアウト予約受付。

株式会社宗國玄品ふぐ(本社:大阪府、代表取締役社長:山口 久美子、以下玄品)が運営する「とらふぐ専門店・玄品」の直営45店舗に、株式会社ランプ(京都府京都市、代表取締役:河野匠)が開発・提供するテイクアウト予約/決済システム「テイクイーツ」が導入されました。東京・大阪・京都・兵庫・広島・北海道・埼玉・千葉・長野の9エリア45店舗でオンラインによるテイクアウトの事前予約がご利用いただけます。

 



■ 三密を回避してお店の味が楽しめる「テイクイーツ」

「テイクイーツ」は、テイクアウトに特化した予約/決済システムです。
お客様はテイクアウトの事前予約・決済ができ、飲食店は受注したテイクアウト予約の一括管理が可能となっています。
また、飲食店がテイクイーツを導入する際の初期費用は無料、さらに月額費用も無料で、実質かかるのは商品購入時の手数料のみです。(※2022年6月現在、手数料8%)
お客様は三密を回避しながらお得に気軽にテイクアウトができ、飲食店では負担を少なくして新しい集客経路を獲得できます。

■ 玄品のテイクアウトサービスの概要

 

テイクイーツを導入した「とらふぐ専門店・玄品」の店舗では、WEBサイトから希望の受け取り日時や商品を選択し、​事前予約注文・決済が可能になります。
お客様は事前予約をすることで、お店で並ぶことなく受け取りが可能です。
お持ち帰りで玄品の味をご家庭でお楽しみください。

・サービス提供開始日
2022年7月1日(金)
・対象店舗
東京・大阪・京都・兵庫・広島・北海道・埼玉・千葉・長野の9エリア45店舗
 
■ 京都から「DXのチカラ」で日本を元気に ~デジタルの力で地域社会を灯す~
 

老舗企業、優良企業が多数ある京都ですが事業のIT化はまだまだ開発の余地があります。
また人材面でも、歴史ある大学も多く、優秀な人材が多数集まっている未開拓の市場と言えます。
現在は「テイクイーツ」事業を主軸に据え、都心部だけなく、地方企業や飲食店との連携などで地方の飲食店業界活性化のために展開を考えており、テイクアウト市場のDXサービスのパイオニアとして飲食店業界の活性化・促進を目指します。
今後も利用者にとっての利便性を追求し、京都を本社に成長を続け、インターン生や関東からの出戻り人材の積極採用、京都で1,000人の雇用創出、地域社会への還元を目指します。
※大阪府主催 ベンチャー企業成長プロジェクト「Booming!5.0」2020年第一位選出。
※スタートアップ企業向けアクセラレータープログラム「G-STARTUP」第3期メイントラック採択企業。

・会社概要
会社名:株式会社ランプ
URL:https://lamp.jp
代表者:代表取締役 河野 匠
所在地:京都府京都市中京区下妙覚寺町195 KMGビル4F
設立:2017年2月
資本金:119,998,765円(資本準備金を含む)
従業員数:20名(アルバイトを含む)
主な事業内容:テイクアウトのDXプラットフォーム「テイクイーツ」の開発・販売
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ランプ >
  3. 「とらふぐ専門店・玄品」が「テイクイーツ」を導入して、テイクアウトのWEB事前予約を7月1日(金)より開始。