理想の年収はいくらか!?1000万円以上を求める人が65%と大多数!理想と現実には大きな乖離があることが判明!年収を上げるために有効な手段とは!?

ベースメントアップス株式会社が「年収についての調査」を実施しました。

【調査概要:仕事に関する意識調査】
■調査日   :2019年10月18日 〜2019年10月25日
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :179名
■調査対象 :社会人 
ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「理想の年収」について調査しました。

「欲しい物を買いたい」「もっと良い暮らしをしたい」「早くローンを返したい」など年収を上げたい理由は人それぞれですが、ほとんどの人が年収を上げたいと思っているでしょう。

一昔前までは、社会人が年収を上げるためには、勤めている会社で収入を上げるか、年収の高い会社に転職するかの2択に制限されている人が多かったです。

しかし、近年では働き方改革の一環として副業が解禁になったり、個人投資家のための税制優遇制度ができたり、会社の給料以外から収入を得ることができるようになりました。そのため、誰にでも年収を増やすチャンスがあります。

それでは、社会人の理想の年収はいくらなのでしょうか?

そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人を対象に「理想の年収は?」とアンケート調査を行いました。まずは、アンケート結果をご覧ください。
 

【退職の前に読むサイトから引用:https://taisyokuagent.com

社会人を対象に、「理想の年収は?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

400万以下:8%
500万:8%
600万:19%
1000万以上:65%

 
  • 1000万以上:65%

1000万円以上と回答した人が最も多く、65%でした。実際に年収1000万円を超えている人は、日本人全体の4%ほどです。これらの人たちは、娯楽や貯金に回すお金を十分に確保する余裕があります。年収1000万円以上欲しいと考えているほとんどの人が達することができていないことから、社会人にとって夢の年収であることがわかります。
 
  • 400万:8%

400万と回答した人は、全体の8%でした。平成30年度の国税庁の民間給与実態調査によると、日本人の平均年収は440万7000円です。この結果から、社会人の8%は日本人の平均年収で満足していることがわかります。
 
  • 500万:8%

年収500万円台の70%の人は収入に満足できていないようです。しかし、500万円台までは、会社内での立場にしても、仕事内容にしても、責任がそれほど重くないです。そのため、仕事内容への満足度は、年収600万円の人と比較して高いです。つまり、年収500万円台の人は生活の満足度は高いですが、理想としてはさらに収入を増やしたいと考えていることがわかります。
 
  • 600万:19%

年収600万円台になれば、70%の人が収入に不満を感じなくなるというデータがあります。また、日本で年収600万円を超えている人は10%未満だと言われています。つまり、多くの人にとっては、年収600万円が現実的な人の理想であることがわかります。

下記記事では、「年収を上げる方法」について詳しく説明しているので参考にしてみてください。
https://taisyokuagent.com/articles/530
 
  • 関連サイト


■ベースメントアップス株式会社:https://basementapps.tokyo
■お問い合わせ:https://basementapps.tokyo/contact
https://taisyokuagent.com
https://kagoshimahighball.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. べースメントアップス株式会社 >
  3. 理想の年収はいくらか!?1000万円以上を求める人が65%と大多数!理想と現実には大きな乖離があることが判明!年収を上げるために有効な手段とは!?