イグニション・ポイント、先進技術研究所「INNOCC」を設立

VRST2019にて研究成果第一弾を発表

新規事業創出、企業のイノベーションを支援するイグニション・ポイント株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 青柳 和洋)は、インタラクティブテクノロジーを中心に先進技術研究を行う機関として「INNOCC(イノック)」を設立し、VRST2019(主催: 西シドニー大学、マッコーリー大学、ニューサウスウェールズ大学)にて第一弾となる研究成果、「PanoFlex: Adaptive Panoramic Vision to Accommodate 360° Field-of-View for Humans(人間に適した360°視野パノラマビジョン)」を発表したことをお知らせいたします。

「PanoFlex: Adaptive Panoramic Vision to Accommodate 360° Field-of-View for Humans」は、INNOCC、慶應義塾大学メディアデザイン研究所、オークランド大学生物工学研究所が共同で研究及び発表を行いました。
■INNOCCについて
 イグニション・ポイント株式会社はビジネスやテクノロジーのコラボレーションを通じたイノベーション創出を強みとしています。INNOCCはさらなる先進技術の研究と、研究機関や企業とのコラボレーションを行うための研究機関として設立致しました。


■「PanoFlex:人間に適した360°視野パノラマビジョン」について
INNOCCは「人間の身体機能×テクノロジー」をテーマに研究をしています。INNOCC、慶應義塾大学メディアデザイン研究所、オークランド大学生物工学研究所は、人間の視野拡張技術の研究に取り組み、初期の研究成果として「PanoFlex: Adaptive Panoramic Vision to Accommodate 360° Field-of-View for Humans(人間に適した360°視野パノラマビジョン)」が拡張現実技術の国際学会であるVRSTに採択され、2019年11月12日~11月15日に開催されたVRST2019で発表を行いました。

ACM Digital Library(論文掲載、2019年11月18日更改): https://dl.acm.org/citation.cfm?id=3364767

 

■イグニション・ポイントについて
2014年6月設立。コンサルタントやエンジニア、クリエイター、データサイエンティスト、研究者など多様な専門性を持つエキスパートが集まりコラボレーションすることで、企業の新規事業・サービス創出、ビジネス変革を支援しています。同時に自社でも毎年複数の新規事業を生み出すなどイノベーションを創出しています。また、役員として新規事業の立ち上げに携わることができる独自のCXOチャレンジ制度などの人事制度が評価され、働きがいのある会社としてGrate Place to Work®️に3年連続で選出されています。

■イグニション・ポイント概要
 社名:イグニション・ポイント株式会社
 代表:代表取締役社長 青柳 和洋
 設立:2014年6月4日
 本社:東京都渋谷区東1-32-12 渋谷プロパティータワー8F
 事業内容:経営コンサルティング
  ・コンサルティング事業
   Strategy, Experience Design, Financial Advisory, Digital, Technology, Work Design
  ・エンジニアリング事業
  ・タレントマネジメント事業
  ・イノベーション事業
 URL: http://www.ignitionpoint-inc.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イグニション・ポイントグループ >
  3. イグニション・ポイント、先進技術研究所「INNOCC」を設立