【BtoB企業におけるSNS運用の課題とは?】BtoBマーケターの59.1%が「リード獲得」を目的にSNS運用 一方、半数以上が「コンテンツの企画」に課題を実感

〜約9割が「リサーチ結果に基づくSNSコンテンツの発信」に興味あり〜

 株式会社IDEATECH(本社:東京都港区、代表取締役:石川友夫)が運営する国内最速級のリサーチPR「リサピー®️」(https://research-pr.jp/)は、自社でSNS運用を行うBtoB企業のマーケティング担当者110名に、BtoB企業のSNS運用に関する実態調査を実施いたしましたので、お知らせいたします。
  • 調査サマリー

 
  • 調査概要
調査概要:BtoB企業のSNS運用に関する実態調査
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査
調査期間:2022年6月21日〜同年6月23日
有効回答:自社でSNS運用を行うBtoB企業のマーケティング担当者110名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

≪利用条件≫
1 情報の出典元として、リサーチPR「リサピー®️」の名前を明記してください。
2 ウェブサイトで使用する場合は、出典元として、下記リンクを設置してください。
URL:https://research-pr.jp/ 
 
  • BtoBマーケターの59.1%が「リードの獲得」を目的にSNS運用を実施
 「Q1.あなたのお勤め先では、SNS運用をどのような目的で行っていますか。(複数回答)」(n=110)と質問したところ、「リードの獲得」が59.1%、「認知拡大」が58.2%、「コンバージョン獲得」が50.0%という回答となりました。

Q1.あなたのお勤め先では、SNS運用をどのような目的で行っていますか。(複数回答)Q1.あなたのお勤め先では、SNS運用をどのような目的で行っていますか。(複数回答)

 

・リードの獲得:59.1%
・認知拡大:58.2%
・コンバージョン獲得:50.0%

・ユーザーとのコミュニケーション:35.5%
・チャネルの拡大:32.7%
・その他:0.0%
・わからない/答えられない:2.7%
 
  • 88.2%が「自社のSNS運用によるマーケティング効果」を実感
 「Q2.あなたは、自社のSNS運用はマーケティングに効果的だと思いますか。」(n=110)と質問したところ、「非常にそう思う」が37.3%、「ややそう思う」が50.9%という回答となりました。

Q2.あなたは、自社のSNS運用はマーケティングに効果的だと思いますか。Q2.あなたは、自社のSNS運用はマーケティングに効果的だと思いますか。

・非常にそう思う:37.3%
・ややそう思う:50.9%

・あまりそう思わない:9.1%
・全くそう思わない:1.8%
・わからない/答えられない:0.9%
 
  • マーケティングに効果的な理由、「ユーザーに直接的なアプローチが可能だから」が60.8%で最多
 Q2で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した方に、「Q3.自社のSNS運用がマーケティングに効果的だと思う理由を教えてください。(複数回答)」(n=97)と質問したところ、「ユーザーに直接的なアプローチが可能だから」が60.8%、「ユーザー数が多く認知の拡大が可能だから」が53.6%、「潜在顧客にリーチできるから」が40.2%という回答となりました。

Q3.自社のSNS運用がマーケティングに効果的だと思う理由を教えてください。(複数回答)Q3.自社のSNS運用がマーケティングに効果的だと思う理由を教えてください。(複数回答)

・ユーザーに直接的なアプローチが可能だから:60.8%
・ユーザー数が多く認知の拡大が可能だから:53.6%
・潜在顧客にリーチできるから:40.2%

・情報発信が自由なタイミングで行えるから:40.2%
・自社サイトへの誘導が可能だから:35.1%
・広告コストを削減できるから:22.7%
・エンゲージメントを分析できるから:15.5%
・その他:0.0%
・わからない/答えられない:1.0%
 
  • 8割以上が自社のSNS運用に関して課題を実感
 「Q4.あなたは、自社のSNS運用に関して課題を感じていますか。」(n=110)と質問したところ、「非常に感じている」が34.5%、「やや感じている」が47.3%という回答となりました。

Q4.あなたは、自社のSNS運用に関して課題を感じていますか。Q4.あなたは、自社のSNS運用に関して課題を感じていますか。

・非常に感じている:34.5%
・やや感じている:47.3%

・あまり感じていない:15.5%
・全く感じていない:0.0%
・わからない/答えられない:2.7%
 
  • 半数以上が課題として「コンテンツの企画に工数を割けていない」と回答
 Q4で「非常に感じている」「やや感じている」と回答した方に、「Q5.自社のSNS運用に関してどのような課題を感じているかを教えてください。(複数回答)」(n=90)と質問したところ、「コンテンツの企画に工数を割けていない」が54.4%、「投稿ネタの不足」が44.4%、「運用人材の不足」が44.4%という回答となりました。

Q5.自社のSNS運用に関してどのような課題を感じているかを教えてください。(複数回答)Q5.自社のSNS運用に関してどのような課題を感じているかを教えてください。(複数回答)

・コンテンツの企画に工数を割けていない:54.4%
・投稿ネタの不足:44.4%
・運用人材の不足:44.4%

・エンゲージメント率の低迷:38.9%
・リード獲得の質が悪い:30.0%
・運用ノウハウがない:30.0%
・目標設定が難しい:18.9%
・その他:0.0%
・わからない/答えられない:1.1%
 
  • 他にも「更新頻度の低さ」や「フォロワー数がのびない」などの課題も
 Q5で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q6.Q5で回答した以外に、自社のSNS運用に関して感じている課題があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=89)と質問したところ、「更新頻度の低さ」や「フォロワー数がのびない」など36の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・42歳:更新頻度の低さ。
・32歳:フォロワー数がのびない。
・62歳:費用対効果の確認が難しい。
・52歳:会社的な規約をクリアして行くのに一苦労で、多面的な施策が打ちづらい。
・51歳:最終的に受注につながったかどうかよりも、設定目標を達成することに重きを置きすぎていて、変わった手法を試しにくい。
・36歳:運用人材の質が低い。
・41歳:特定の人材に依存してしまう。
 
  • 約9割が「リサーチ結果に基づいたSNSのコンテンツ発信」に興味あり
 「Q7.あなたは、リサーチ結果に基づいたSNSのコンテンツ発信に興味がありますか。」(n=110)と質問したところ、「非常に興味がある」が34.6%、「やや興味がある」が50.9%という回答となりました。

Q7.あなたは、リサーチ結果に基づいたSNSのコンテンツ発信に興味がありますか。Q7.あなたは、リサーチ結果に基づいたSNSのコンテンツ発信に興味がありますか。

・非常に興味がある:34.6%
・やや興味がある:50.9%

・あまり興味がない:9.1%
・全く興味がない:1.8%
・わからない/答えられない:3.6%
 
  • 興味理由として、69.1%が「調査結果に基づくコンテンツをよく見かけるから」と回答、約半数からは「数値が使われていると目を引くから」とリサーチならではの声も。
 Q7で「非常に興味がある」「やや興味がある」と回答した方に、「Q8.リサーチ結果に基づいたSNSのコンテンツ発信に興味がある理由を教えてください。(複数回答)」(n=94)と質問したところ、「調査結果に基づくコンテンツをよく見かけるから」が69.1%、「数値が使われていると目を引くから」が47.9%、「市場醸成が可能だと思うから」が34.0%という回答となりました。

Q8.リサーチ結果に基づいたSNSのコンテンツ発信に興味がある理由を教えてください。(複数回答)Q8.リサーチ結果に基づいたSNSのコンテンツ発信に興味がある理由を教えてください。(複数回答)

・調査結果に基づくコンテンツをよく見かけるから:69.1%
・数値が使われていると目を引くから:47.9%
・市場醸成が可能だと思うから:34.0%

・投稿ネタに困らないと思うから:33.0%
・グラフの活用で視覚的な訴求が可能だと思うから:29.8%
・アカウントの信用を高められると思うから:27.7%
・企業の信用を高められると思うから:19.1%
・その他:0.0%
・わからない/答えられない:0.0%
 
  • 他にも「事業のわかりやすさにつながるから」や「投稿内容に説得力があり、コンテンツの目をひきやすい」などに期待する声も
 Q8で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q9.Q8で回答した以外に、リサーチ結果に基づいたSNSのコンテンツ発信に興味がある理由があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=94)と質問したところ、「事業のわかりやすさにつながるから」や「投稿内容に説得力があり、コンテンツの目をひきやすい」など38の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・41歳:事業のわかりやすさにつながるから。
・53歳:投稿内容に説得力があり、コンテンツの目をひきやすい。
・56歳:より具体的な話しが発信できる。
・40歳:信憑性がある。
・32歳:波及効果が期待できるから。
・52歳:施策の解像度を上げたいので。
・43歳:利用者が多いので、バズらせやすいと思うから。
 
  • まとめ
 今回の調査は、自社でSNS運用を行うBtoB企業のマーケティング担当者110名に、BtoB企業のSNS運用に関する実態調査を実施しました。

 BtoB企業の59.1%が、「リードの獲得」を目的にSNS運用を実施しており、88.2%が「自社のSNS運用によるマーケティング効果」を実感していることが分かりました。マーケティングに効果的な理由として、6割以上が「ユーザーに直接的なアプローチが可能だから」と回答しました。一方で、課題を感じている企業も多く、「コンテンツの企画に工数を割けていない」(54.4%)や「投稿ネタの不足」(44.4%)といった悩みが挙がりました。コンテンツの企画に対し悩みを抱える企業が多い傾向にあることから、約9割が「リサーチ結果に基づいたSNSのコンテンツ発信」に興味を示しました。興味を示す理由として、「調査結果に基づくコンテンツをよく見かけるから」が69.1%、「数値が使われていると目を引くから」が47.9%の結果となりました。

 SNSを活用したマーケティング施策を行う企業が増えており、SNSを活用することでユーザーに直接的なアプローチができると、効果を感じる企業も多い結果となりました。一方で、投稿コンテンツのネタ切れや企画に工数を割く時間がないという課題の声が多く、リサーチ結果の転用をするだけで可能になる「リサーチ結果に基づいたSNSのコンテンツ発信」に約9割もの企業から興味を集めました。リサーチ結果に基づいたコンテンツには説得力があり、数値だと目を引きやすいといった利点があると考えられており、今多くの企業が取り入れていることから私たちが目にする回数も増えました。より具体的な発信ができ、より事業を理解してもらえるコンテンツとして、リサーチ結果をSNSコンテンツに盛り込む方法は、今後BtoB企業のSNS施策として主流になってくるのではないでしょうか。
 
  • 目を引くSNSコンテンツの量産にはファクトベースPRの決定版『リサピー®︎』

 完全依頼型リサーチPR『リサピー®︎』は、クイックに裏付けを取り、リサーチ結果をPRするワンストップサービスです。n=100から調査データを取るため、スピードが早く、値段もお手頃。10営業日(*企画確定後の当社作業日数)からPRが可能です。ユーザーの目を引くSNSコンテンツの量産も『リサピー®︎』で可能に。

 

『リサピー®︎』公式サイト|https://research-pr.jp/
『リサピー®︎』公式Twitter|https://mobile.twitter.com/researchprjp

<マーケター・PR担当者必見の無料ホワイトペーパー>
・Yahoo!ニュース掲載調査事例〜2022年1月-3月期〜
https://research-pr.jp/dl-014
・<プロのPRコンサルが教える>リサーチ結果の活用方法パーフェクトガイド
https://research-pr.jp/posts/dl-006
・<プロのマーケリサーチャーが教える>PR・マーケに活用できる調査パターンパーフェクトガイド
https://research-pr.jp/dl-020
・『業界別戦略媒体集』<BtoB業界編>
https://research-pr.jp/dl-017
・『業界別戦略媒体集』<BtoC業界編>
https://research-pr.jp/dl-018
 
  • 『リサピー®︎』は、おかげさまで2周年

みなさまにご利用いただいて、「リサピー®︎」は2周年を迎えました。
創業当時、「もっと手軽にリサーチPRをできないか」という潜在的ニーズにお応えし、サービス化に至った「リサピー®︎」。100社を越える企業のリサーチPRと携わるなかで、「リサピー®︎」はサービスの精度を高め、より効果のあるPRを目指し、日々研究・実践してまいりました。正直なところ、すべてのPRが実を結ぶほどマーケットは単純ではありません。めまぐるしく変化する社会の中に、瞬発力のある企画と行動が求められる、言い換えれば、極めて効率化の難しい領域です。そんな難しいサービスの運営にあたり、「身体と脳で汗をかこう」というIDEATECH代表の石川の哲学に集う「リサピー®︎」のスタッフたちが、このサービスの水準を押し上げてきました。今後さらに精度の高いサービスをお届けする決意と併せて、これまでに携わってきた数多くの企業様、スタッフの皆様に感謝の気持ちをお伝えします。

「リサピー®︎」2周年記念サイト:https://research-pr.jp/2nd-anniversary
 
  • 会社概要
会社名 :株式会社IDEATECH
代表者 :代表取締役 石川友夫
所在地 :〒107-0061 東京都港区北青山2-7-26 メゾン青山1001
設立  :2010年2月
URL  :https://ideatech.jp/
事業内容:PRコンサルティングサービス、リサーチPR「リサピー®︎」事業、レポートPR「レポピー®︎」事業​​
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社IDEATECH >
  3. 【BtoB企業におけるSNS運用の課題とは?】BtoBマーケターの59.1%が「リード獲得」を目的にSNS運用 一方、半数以上が「コンテンツの企画」に課題を実感