PwCコンサルティング合同会社と協業。GHG排出量の算定方法の開発にAI技術を提供

実測をベースとした製品単位のCO2排出量の算定を可能に

ビジネスのためのAI活用プラットフォーム「MatrixFlow」を提供する、株式会社MatrixFlow(本社:東京都台東区、代表取締役:田本 芳文)は、PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:大竹 伸明、以下「PwCコンサルティング」)へAI技術を提供することにより、PwCコンサルティング独自の高度なGHG排出量の算定を可能としました。

  • 背景と目的
脱炭素社会の実現に向け、環境などに配慮した投資であるESG投資が、グローバルで広まりつつあります。国は、算定・報告・公表制度を設け、一定規模以上の温室効果ガスを排出している事業者に対して、排出量の公表を義務付けています。排出量の一般的な算定手法は、「活動量」(製品の数量や金額)に「排出原単位」と呼ばれる係数を乗じて計算されますが、排出原単位は製品ごとに定められた固定値を適用することが多く、事業者側の努力が反映されないといった課題が指摘されています。
また、計算が複雑であることから、算定作業を行う現場にも稼働的な負担が発生しています。
 
  • 協業内容
このような状況を受けPwCコンサルティングは、独自に開発した製品単位での排出量算定の方法論に、当社が有するAI技術を活用することで、従来の「排出原単位」の固定値を用いるのではなく、各社の実排出量データを適用することで、効率的かつ高度な製品単位のCO2排出量算定を可能としました。


【今後の方針】
当社は、今回のように企業のESG経営を推進する取り組みにも積極的に協業することを通じ、社会全体としてのAI開発の加速、拡大を促して参ります。誰もがAI技術を活用する社会の実現へ向け、更なるプロダクト開発、サービス開発、市場開拓を行って参ります。

【株式会社MatrixFlow 会社概要】
株式会社MatrixFlowは、「テクノロジーで世界をつくる」をミッションとするAIベンチャーです。大人から子供、ビジネスマンから学生、デザイナーからサイエンティストに至るまで、様々な人々がAIを活用し、素晴らしい着想を得たり、あっと言わせるクールな活動をすることを支援します。その実現に向けた第一歩として、プログラミング不要のクラウド型AI構築プラットフォーム「MatrixFlow」を開発しております。

【会社情報】
設立 :2018年10月
本社 :東京都台東区
URL:https://www.matrixflow.net/

【お問い合わせ先】
https://www.matrixflow.net/contact/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MatrixFlow >
  3. PwCコンサルティング合同会社と協業。GHG排出量の算定方法の開発にAI技術を提供