買い物のお悩みランキング「気になる商品が、手持ちの服と合うかわからない」が浮上 ショッピングにも【サステナビリティ】を求める声が増加

株式会社STANDING OVATION(本社:東京都渋谷区神南1-9-10 番匠ビル4F 代表:荻田 芳宏)が運営するオンライン・クローゼットアプリ「XZ(クローゼット)」は、アプリを利用する女性・男性ユーザー932名を対象に「最近のお買い物」に関する調査を実施しました。
  • 調査概要
調査概要:「最近のお買い物」に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年1月20日〜1月24日
有効回答:XZアプリを利用している女性・男性ユーザー932名
 
  • 調査サマリー
・コロナ1年目の2020年よりも、コロナ2年目の2021年の方が「お買い物をした」と感じた人が41.5%
・お買い物が増えたのは「気に入る商品が多かった」「買い物が楽しみだから」などポジティブな理由
・お買い物が減ったのは「服を増やしたくない」「気に入ったものだけを買いたい」などサステナブルを意識した理由
・最近のお買い物は「店舗派」「ネットショッピング派」ほぼ互角
・店舗でお買い物をする理由は「実物を見たいから・試着をしたいから」92.6%
・ネットショッピングでお買い物をする理由は「購入するかじっくり考えたいから」51.9%
・店舗でもネットショッピングでも「手持ち服と合うかわからない」が共通のお悩みとして浮上
 
  • コロナ1年目の2020年よりも、コロナ2年目の2021年の方が「お買い物をした」と感じた人が41.5%

コロナ2年目の2021年は、度重なる緊急事態宣言により外出自粛期間が多かったものの、「2021年は2020年よりも買った」が41.5%、「2021年と2020年は同じくらい買った」が30.5%となりました。

コロナ1年目の2020年夏に同様のアンケートを行った際は、「2020年は2019年よりも買った」が26%、「2020年は2019年と同じくらい買った」が26.2%だったため、コロナ2年目の2021年は購買欲の低下が下げ止まる結果となりました。
 
  • お買い物が増えたのは「気に入る商品が多かった」「買い物が楽しみだから」などポジティブな理由

ファッションアイテムのお買い物が増えた理由を調査したところ、「気に入る商品が多かったから」「お買い物が楽しみだから」といったポジティブな声が多く目立ちました。次いで「今後お出かけする時のために買っておきたいから」といった理由から、おしゃれをして出かけたい欲求が高まってきていることがわかりました。
 
  • お買い物が減ったのは「服を増やしたくない」「気に入ったものだけを買いたい」などサステナブルを意識した理由

「2021年は2020年よりも買っていない」と回答された約3割の方に、ファッションアイテムのお買い物が減った理由を調査したところ、「外出する機会が減ったから」「人と会う機会が減ったから」といったコロナによる影響が上位を占める中、「服が多い・増やしたくないと感じるから」「本当に気に入ったものだけを買いたいから」「今持っているアイテムで十分だと思ったから」のように、1着1着を大切にし、手持ち服を活かしながらファッションを楽しむ”サステナブル”への意識の高まりがうかがえました。
 
  • 最近のお買い物は「店舗派」「ネットショッピング派」がほぼ互角

コロナ1年目の2020年夏に行った同様のアンケートでは、「ネットショッピング派」が51.5%と若干上回っていましたが、コロナ2年目の2021年も48.3%が「ネットショッピング派」と回答しており、ECサイトでのお買い物が定着しつつあることがわかりました。
 
  • 店舗でお買い物をする理由は「実物を見たいから・試着をしたいから」が92.6%

コロナ禍でありながら店舗でお買い物をする理由は、「実物を見たいから・試着をしたいから」が92.6%となり大半を占めました。コロナ蔓延の影響によりECサイトの利用率は伸びたものの、実物を見ながらお買い物ができる店舗ならではの強みが浮き彫りとなりました。
 
  • ネットショッピングでお買い物をする理由は「購入するかじっくりと考えたいから」が51.9%

ネットショッピングでお買い物する理由は、「家に届くのが楽だから」「外出する機会が減ったから、外出する時間を減らしたいから」といった時短や効率を重視する意見が上位を占める中、「購入するかじっくりと考えたいから」「色々な商品やサイトを比較したいから」のように新たに買い足すアイテムを慎重に選びたいといった意見も目立っていました。
 
  • 店舗でもネットショッピングでも「手持ち服と合うかわからない」が共通のお悩みとして浮上

店舗でのお買い物時に困ることを調査した結果、「手持ちの服と合うかわからない」が約5割を超え過半数を占めました。その他にも「持っているアイテムと似たようなものを買ってしまう」「自分が持っている服を思い出せない」のように、自宅のクローゼットの中身を確認することが難しい外出先ならではのお悩みが浮き彫りとなりました。

一方、ネットショッピングでお買い物をする際に困ることを調査した結果、「体格・サイズが合うか」「生地・素材がイメージ通りか」「身長に合うか」といったサイズ感・商品自体の迷いに次いで、「手持ちの服と合いそうか」といったコーディネートへの迷いを感じる人も多くいることがわかりました。

店舗やECサイトでお買い物をする際に「手持ちの服と合うか」を確認できるようにすることで、お客様一人一人にパーソナライズしたご提案が可能となり、無駄買いを防ぐことにつながります。今ある手持ち服を活かしてお買い物をすることがサステナビリティであると考え、新たなショッピング体験を実現してまいります。
 
  • オンライン・クローゼットをECと店舗で活用し、BtoB向けの【OMO】を実現

XZは、<購入→有効活用→リユース>というファッションにおける「サステナブルな循環型ファッション」を実現し、「サーキュラーエコノミー」によりSDGsに貢献。スマホでクローゼットを持ち歩くライフスタイル・文化を創ります。持ち歩くデジタルクローゼットが架け橋となり、オンライン(EC)とオフライン(店舗)の垣根を超えた融合 (OMO)サービスを展開し、手持ち服+新品の着回しコーデをAIスタイリストが提案してくれる、サステナブルなショッピング体験(コーデ・コマース)を提供していきます。
 ※OMO:Online Merges with Offline

XZ(クローゼット)について

『XZ(クローゼット)』は、手持ちのファッションアイテムをアプリに登録することで、クローゼットの中身をデジタル化できるオンライン・クローゼットアプリです。AIスタイリストが手持ち服から着回しコーデを提案してくれるので、今日明日の服装を決める際やお買い物時に、いつでもどこでも持ち歩けるクローゼットとして支持され、アプリのダウンロード数は168万DLを突破。アプリ内の手持ちアイテム登録数は累計3,450万点にのぼり、世界最大級のオンライン・クローゼットとして成長し続けております。

◆サービス概要
アプリ「XZ(クローゼット)」
iPhone:https://apps.apple.com/jp/app/id909369654
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=fashion.style.coordinate.app.xz&hl=ja
利用料金:無料
対応機種:iOS 11.4以上搭載の機種、Android 4.4.4以上搭載の機種

◆会社概要
・社名:株式会社STANDING OVATION
・代表取締役CEO:荻田 芳宏
・「クローゼットを持ち歩くファッション体験を創る」ミッションの元、「手持ち服を活かすサステナブルな買い物体験をOMOで提供する」ビジョンを達成します。
・経営陣:博報堂⇒ネットベンチャーCOOを経て起業した代表をはじめとしたメンバーが、日本発世界を代表するスタンダードサービスの実現を目指します。
・所在地:東京都渋谷区神南1-9-10 番匠ビル4F
・設立:2014年1月10日
・事業内容:インターネットサービスの企画・開発・運営
URL:https://www.s-ovation.jp/

◆本件に関するお問い合わせ先
・TEL:03-6447-1723
・MAIL:press@s-ovation.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社STANDING OVATION >
  3. 買い物のお悩みランキング「気になる商品が、手持ちの服と合うかわからない」が浮上 ショッピングにも【サステナビリティ】を求める声が増加