従業員とその家族の新型コロナウイルス 『ワクチン接種特別休暇』 制度を導入

~新型コロナウイルス感染症の早期収束と1日でも早く日常を取り戻すために~

ウイルス感染症対策推進企業のペブルコーポレーション株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:藤方 裕伸、以下ペブルコーポレーション)は、このたび新型コロナウイルス感染拡大防止の観点及び、従業員とその家族が健康で生き生きと働ける環境づくりと豊かな人生を過ごせるよう後押しする『健康経営』の一環として、全従業員とその家族を対象とした「ワクチン接種特別休暇」を導入したことをお知らせいたします。

 
  • 従業員が安心して働ける環境づくりを目指して
ペブルコーポレーションではこれまでも従業員とその家族の健康を第一に掲げた「健康経営」を推進しておりましたが、このたび新たな施策としまして、契約社員、アルバイトを含む全従業員を対象に、新型コロナウイルスワクチン接種を希望する従業員が安心して円滑に接種を受けられるよう「ワクチン接種特別休暇」を制定いたしました。

当制度は家族のワクチン接種の付き添いや副反応発生時も取得可能とし、ウイルス感染症対策推進企業として従業員とその家族の安心安全と新型コロナウイルス感染症の早期収束を目指します。

 
  • 「ワクチン接種特別休暇」 実施概要
【対象者】
全従業員

【実施期間】
2021年6月10日~2022年2月末(予定) ※政府が定める接種期間に準ずる

【実施内容】
(1)対象者本人のワクチン接種について
対象者本人がワクチン接種当日また副反応発生時に接種1回につき最大1日の特別休暇の取得を可能とします。

(2)対象者の家族のワクチン接種について
対象者の家族のワクチン接種当日に付き添いが必要な場合、また副反応発生により看護が必要になった場合、最大1日の特別休暇を取得することを可能とします。

(3)時間単位取得について
当特別休暇は、1時間ごとの時間単位取得も可能とします。

その他、従業員それぞれの状況に応じて柔軟に対応。

ペブルコーポレーションは今後も新型コロナウイルス感染症の早期収束と、従業員やその家族の健康、全ての方々が日常を取り戻すことができるよう、必要な対策と環境整備を迅速に進めてまいります。



■ ペブルコーポレーション株式会社について
事業概要:GPX-N(Global Product Exchange Network)、グローバルEC支援、AI(音声認識、画像認識技術)とDX、既存テクノロジーの融合による高付加価値技術、およびIoT・5G製品の開発
設立: 2018年12月7日
所在地:東京都江東区有明3-6-11 TFTビル 8階 Aバンク
代表者:代表取締役社長 藤方 裕伸
URL:https://pebblecorp.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ペブルコーポレーション株式会社 >
  3. 従業員とその家族の新型コロナウイルス 『ワクチン接種特別休暇』 制度を導入