世界最大の炭酸ブランドSodaStreamがプラスチック・ファイターズのメッセージを発信するPOP UP拠点「Join the Pre Cycle Revolution 2021」を有楽町にオープン

マイボトルをお持ちの方は出来立て炭酸水を給水できる給水スポットも!2021年10月2日(土)~10月17日(日)までspace Sに出展

世界No.1の炭酸水ブランドであるソーダストリーム株式会社(代表: David Katz(デイビッド・カッツ)、所在地:東京都渋谷区)は、 2021年10月2日(土)から10月17日(日)までの期間、有楽町ビル1階 space S にて、ソーダストリームの環境活動であるプラスチック・ファイターズのメッセージを発信するPOPUP拠点「Join the Pre Cycle Revolution 2021」をオープンいたします。


■環境問題について学べるPOP UP拠点が登場、日本では珍しい「炭酸水の給水スポット」も
 現在、世界では1分に100万本のペットボトルと缶が利用されており、リサイクルはおろか回収すら不可能な数と言われています。「ペットボトルを使わない飲み物習慣」を掲げるソーダストリームは、当社のマシンの普及により、 2025年までに使い捨てペットボトル780億本の削減を目指しています。ペットボトル汚染に関して日本はトップレベルの排出量と言われており、ペットボトルに関してはその殆どがリサイクル不可です。今回のPOP UP拠点は、ソーダストリームの環境活動である「プラスチック・ファイターズ」のメッセージを発信し、プラスチックごみによる環境汚染を始めとする環境問題について学ぶことができる場所となります。

 POP UPでは、ソーダストリームが行う環境保護活動についてのメッセージパネルの展示や、各種商品の展示・説明、試飲体験、VR展示などのコンテンツを用意しています。試飲体験では、厳選された原材料のみを使用し誠実なこだわりで作られたクラフト・シロップ「ソーダプレス オーガニックシロップ」を使用したドリンクもお試しいただけ、コンブチャ、ピンクグレープフルーツ、ジンジャーエール、コーラ、ブルーベリーなどのフレーバーを試飲いただけます。また、会場にはウォーターフィリングステーションを設置しており、期間中にマイボトルを持参した方は出来立て炭酸水を給水いただけます。VR展示では、沖縄県 渡嘉敷島で撮影された海の映像の中に入り、海に潜って散策すると中に展示物が現れます。その後海の上空へと飛び出し、海の俯瞰景色をお楽しみいただく内容になっています。

ソーダストリーム株式会社 代表のデイビット・カッツは、下記のようにコメントしています。
「脱プラスチックの意識が少しずつ高まり、日本でもマイボトルに給水できる給水スポットが増えてきていると感じます。海外では水だけでなく炭酸水の給水スポットもよく見かけますが、日本ではまだあまりありません。今回の拠点は、そんな日本では珍しい炭酸水の給水スポットとして皆様にご活用いただきながら、プラスチックごみを始めとした環境問題について学んでいただける場にできたらと思います。」

■概要
名称   :Join the Pre Cycle Revolution 2021
開催日時 :2021年10月2日(土)~10月17日(日)11:00~17:00
会場   :space S(東京都 千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル 1階)
内容           :ソーダストリームが行う環境保護活動についてのメッセージパネルの展示、各種商品の展示・説明、
試飲体験、VR展示
入場料  :無料
space S 運営団体:「社団法人メイドインサスティナブルプロジェクト」https://madeinsustainable.org/
※新型コロナウイルスの感染予防対策のため、厚生労働省の「新型コロナウイルス関連のQ&A」に基づき対策を実施いたします。

■​ソーダストリームの環境保護活動について
ソーダストリームは、2022年までに世界中で稼働する工場で必要なエネルギーの10%を太陽エネルギーで賄うことを計画しており、これは2020年の2%から5倍増になります。
また、海洋保護の非営利団体であるPangeaSeed Foundationと提携し、同団体の環境教育および啓蒙活動のための寄付を行っています。

【キャンペーンについて】

プラスチックごみと戦う活動を続けているソーダストリームは、毎年ソーダストリームの活動に賛同いただいている世界的なVIPを起用したキャンペーンを行っています。
2020年には、ソーダストリーム史上初となる世界的有名ラッパーのSnoop Dogg氏とのコラボ動画で「小さいけれど意味のあること」として、ソーダストリームで作る炭酸水を飲むことで、プラスチックごみを減らし、地球にサステナブルな選択を提案する内容を提案しています。
また、2021年のアースデイでは、メディアスペシャリストであるRandy Zuckerberg氏とのコラボ動画で「Don’t just share, care」というメッセージのもと、ザッカーバーグ氏がSNS上のバーチャル空間だけでなく、実生活でも環境を守るアクションを起こしてほしい、と呼びかけています。

【プラスチックファイターズジャパンについて】

プラスチックファイターズは、ソーダストリームが運営する環境保全に関して啓蒙を行うメディアです。脱プラ問題などについて、発信を行っています。
プラスチックファイターズ HP: https://plasticfs.jp/

SodaStreamについて

家庭で簡単に炭酸飲料を作ることができる炭酸水メーカーを世界45カ国80,000店で展開するソーダストリームは、米ペプシコ傘下の世界No.1炭酸水ブランドです。
日本国内では、全国5,000店以上のお取扱い店舗で展開しています。ソーダストリームはプラスチックごみを出さない飲み物習慣を推奨しています。

 

お財布にも地球にも優しいソーダストリーム
ソーダストリームはガスシリンダー1本でペットボトル120本分の炭酸水を作ることができます。計算するとなんと1本当たり約18円で、150円の500mlペットボトルを1日1本買う場合と比較しても約35,040円も節約できる計算になります。
公式 HP:https://www.sodastream.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソーダストリーム株式会社 >
  3. 世界最大の炭酸ブランドSodaStreamがプラスチック・ファイターズのメッセージを発信するPOP UP拠点「Join the Pre Cycle Revolution 2021」を有楽町にオープン