株式会社QuickWorkが提供する、組織生産性改善クラウド「Visual(ビジュアル)」が「エンゲージメントサーベイツール 顧客満足度」などの3項目で第1位を獲得しました。

株式会社QuickWork(代表取締役:村岡 功規、本社:東京都渋谷区)は、日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)がおこなったエンゲージメントサーベイツールについての調査において、“企業の労働生産性を底上げする”ことを目的としたエンゲージメント可視化による組織生産性改善クラウド「Visual(ビジュアル)」が「エンゲージメントサーベイツール 顧客満足度」「離職防止ツール 顧客満足度」「エンゲージメントサーベイツール 使いやすさ」の3項目で第1位を獲得しました。

 

 

 


株式会社QuickWorkが提供する“企業の労働生産性を底上げする”ことを目的としたエンゲージメント可視化による組織生産性改善クラウド「Visual(ビジュアル)」が、日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)がおこなったエンゲージメントサーベイツールについての調査において下記3項目で第1位を獲得しました。
 
  • エンゲージメントサーベイツール 顧客満足度(調査1)
  • 離職防止ツール 顧客満足度(調査2)
  • エンゲージメントサーベイツール 使いやすさ(調査3)

【実施概要】
調査方法:サイトのイメージ調査(インターネット調査)
実施期間:2020年9月29日〜10月5日
実施対象:男女
回答者数:1200(調査1)、1200(調査2)、1200(調査3)
対象地域:全国

この内容は、株式会社NEXER社が運営する「日本トレンドリサーチ」内でも公開しております。
https://trend-research.jp/4912/

 

 

 

 
  •  Visual(ビジュアル)とは

組織改善クラウド「Visual(ビジュアル)」(https://visual.inc/?a=k1

組織エンゲージメントの見える化から、改善策の実施までを一気通貫で運用できるクラウドエンゲージメント解析ツール。PCやスマートフォンから簡単に回答でき、極めて負担の少ないUX/UI設計が特徴。​「10の指標」「50の質問」「150の改善策」といった多角的な切り口から組織状態を分析することで、「①組織エンゲージメントの見える化」「②組織エンゲージメントのデータを基にした組織内での施策立案」「③改善策の実施」の3点によってPDCAを回し、生産性と従業員エンゲージメントを向上させていきます。またアンケート結果はリアルタイムで自動集計され、弊社に蓄積されたビッグデータと共に解析しながら組織ごとの特徴や傾向、課題の特定を行い、「組織状態の可視化」「離職率低減」「生産性向上」「管理職育成」「モチベーション改善」「困難な課題でも積極的にチャレンジ」「eNPS」といったエンゲージメントを改善していきます。



■ 会社概要
社名:株式会社QuickWork
本社所在地:東京都渋谷区道玄坂1-10-8 渋谷道玄坂東急ビル plug and play shibuya
代表取締役社長:村岡 功規
事業内容:ITサービスの企画・開発・運営
URL:https://quickwork.jp
公式Twitter:https://twitter.com/QuickWork_info
公式note「オープン社内報」:https://note.com/quickwork
公式会社紹介資料(採用) https://speakerdeck.com/quickwork/quickworkhui-she-shuo-ming-zi-liao


■運営事業
・次世代型企業データベース「ApoKaku」(https://apokaku.com/?a=k1
・AI営業マン「Daniel」(https://apokaku.com/daniel/2/?a=k1
・ビックデータ収集に特化したRPAサービス「TechOrder」(https://techorder.jp
・セールス向けのオウンドメディア「SalesMap」(https://salesmap.jp
・組織改善クラウド「Visual」(https://visual.inc/?a=k1
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社QuickWork >
  3. 株式会社QuickWorkが提供する、組織生産性改善クラウド「Visual(ビジュアル)」が「エンゲージメントサーベイツール 顧客満足度」などの3項目で第1位を獲得しました。