パブリックDMP市場シェアNo.1のインティメート・マージャー、パブリックDMP市場で4年連続シェア1位を獲得

2019年は導入されたサービスが様々な領域で「成果が出てくる年」に

約4.7億件のオーディエンスデータを提供するDMP専業最大手、データマーケティングカンパニーの株式会社インティメート・マージャー(本社:東京都港区、代表取締役社長:簗島 亮次、略称IM)は、株式会社アイ・ティ・アール(ITR)が発行する市場調査レポート「ITR Market View(※1)」において、弊社が提供するパブリックDMP「IM-DMP」が2014年度、2015年度、2016年度、2017年度の4年度連続でパブリックDMP市場における1位を獲得したことをお知らせ致します。さらに、本調査では2018年度のシェア予測でもパブリックDMP市場で第1位としてランクインしております。

出典:ITR 「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2019」
(※1)…「ITR Market View:マーケティング管理市場2018」および「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2019」

■インティメート・マージャー代表取締役社長 簗島 亮次より
2018年は、パブリックDMP市場全体を振り返ると「DMP活用の可能性が広がった」年でした。パブリックDMPの活用が、アドテクノロジー領域にとどまらず、Fin tech・Sales techなどのX-tech領域へ広がり、同領域へのサービスリリースが多く見られたためです。弊社でも、Sales tech市場へ「Select DMP」、アフィリエイト市場へ「Performance DMP」という商品をリリースした年でした。2019年は、昨年導入されたサービスが様々な領域で成果が出てくる年になると考えております。

■パブリックDMP市場NO.1の「IM-DMP」の特徴
「IM-DMP」は、弊社が保有する国内最大級のオーディエンスデータと、マーケターが使い慣れた様々なツールを簡単に連携することが可能で、クライアント企業の課題解決において広く利用されています。さらに、クライアント企業が保有するデータと「IM-DMP」を併せて利用することで、自社のデータだけでは難しいユーザー行動の可視化と分析を可能とし、この分析結果に基づく多様な施策の立案と実施まで行うことができます。

インティメート・マージャーについて
「世の中のさまざまな領域における、データを使った効率化」をミッションに掲げ、パブリックDMP市場シェアNo.1(※1)のデータ活用プラットフォーム「IM-DMP」を提供するダイナミックデータベース&ソリューション・カンパニー。約4.7億のオーディエンスデータと高度な分析技術により、IM-DMPの提供・構築支援、データ活用コンサルテイングを行っています。今後はダイナミックデータ(※2)を基にしたスコアリングを提供することで、Sales techやFin tech、Health techなどのX-tech領域に事業を展開し、「データビジネスのプロデューサー集団」を目指してまいります。
※1:「ITR Market View:マーケティング管理市場2018」および「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2019」より引用
※2 ダイナミックデータ:端末に紐づいている情報から、対象の興味関心をリアルタイムに収集・解析し、活用するデータ

・代表取締役社長 :簗島 亮次
・HP        :https://corp.intimatemerger.com/
・事業内容    :マーケティングアプリケーション開発・販売事業、データマイニング事業
・所在地     :東京都港区六本木3-5-27 六本木山田ビル4F

■一般の方のお問い合わせ先
株式会社インティメート・マージャー 佐伯
TEL: 03-5797-7997 MAIL:Info(アットマーク)intimatemerger.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Intimate Merger >
  3. パブリックDMP市場シェアNo.1のインティメート・マージャー、パブリックDMP市場で4年連続シェア1位を獲得